FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

デバイス-周辺機器

FPS/TPS向けゲーミングヘッドセットおすすめ

投稿日:2019年1月19日 更新日:

FPS/TPS向けゲーミングヘッドセットおすすめ




ヘッドセット選びのポイントは?

FPS/TPSプレイヤーがヘッドセットを買おうと思う理由としては色々あるとは思いますが、大きなところでは装着感に不満があるからだと思います。

どのようなヘッドセットを買えばこの装着感の不満を解消できるのかポイントをまとめました。

 

音の不満を解消するには?

密閉型か開放型か

ヘッドセットには密閉型開放型があります。(細かいところではほかにもあるようです)

密着型はヘッドセットの背面が閉じているものです。

低音の表現に秀でており、音漏れが少なく、外からの音が入りにくいです。その反面、ヘッドセットの背面が密閉しているので音がこもったように聞こえたり、蒸れたりすることがあります。

開放型はヘッドセットの背面に穴が開いており、開放されています。

高音の表現に秀でており、音のこもりが少なく、蒸れづらいです。その反面、低音の迫力が少し弱く、密閉型と比べて音漏れしやすいです。

ここで勘違いしてほしくないのは、密閉型だから高音が凄い弱いとか開放型だから低音が凄い弱いとかではなく、密閉型と開放型で比べると差がでるだけで、どちらもしっかり音を聴くことが出来ます。

 

FPS/TPSする際には密閉型と開放型のどちらがいいのか?

FPSやTPSにおいて僕の調べた限りでは、足音の周波数は低周波数帯(31hz~500hzの低音)に偏っています。銃声も低周波数帯の音が大きいです。なのでFPSやTPSの場合は、低音に強い密閉型のヘッドセットが相性がいいです。

足音が聞こえなくて困っていると言う方は特に密閉型のヘッドセットをおすすめします。

 

2.1ch(ステレオ)、5.1ch、7.1chなどのチャンネル数

○.1chの○は音が聞こえる方向の数、.1は振動を伝えるサブウーファーです。

チャンネル数が多いほど方向が分かりやすくてよさそうですが、実際にはゲーム側の音源がマルチチャンネルに対応していない場合が多く、マルチチャンネル対応ヘッドセットにしてもその性能を活かせないことが多いです。

しかし、中には当然マルチチャンネルに対応しているゲームもありますし、マルチチャンネル対応ヘッドセットだから値段が高いとかも特にないので、とりあえずマルチチャンネル対応のヘッドセットにしておいても損はないと思います。

 

ソフトウェアドライバ

ソフトウェアドライバが充実しているとゲームに合わせて音質を細かく変えることができるのでとても便利です。

例えば「足音をもっとよく聞こえやすくしたい!」と言った場合に、イコライザーで足音の周波数の音を上げて強調するということも可能です。中にはゲームごとのプリセットがすでに組まれているものもあり、それに設定するだけでも銃声や足音が聞こえやすくなったりします。

ソフトウェアドライバの存在はかなり大きいです。購入前にどのような機能があるか知っておくといいと思います。

ソフトウェアドライバの設定を変えるだけでかなり聞こえ方が変わるので別のヘッドセットを購入する前に、今一度確認してみてはどうでしょうか。

 

装着感の不満を解消するには?

密閉型か開放型か

装着感を重視するのであれば開放型のほうが蒸れることが少ないのでいいかもしれません。

汗をかきやすい方は開放型のほうが良いかもしれません。蒸れてると集中力を保てませんからね・・・。

 

重量

意外と重要なのが重量です。重量が重過ぎると疲労感がでたり、首を動かしたときにヘッドセットがズレてその度に直さなければいけないです。そうなると集中力が乱れる原因になるため、できるだけ軽めのものをおすすめします。

 

買いたいものがどうしても決まらない場合は使用者が多いもの選ぶ

使用者が多いものは満足度の高いものの可能性が高いので、迷って決まらない場合は1つの判断材料するのも手だと思います。

 

ゲーミングヘッドセットおすすめ

 

キングストン HyperX Cloud II

ハウジング 密閉型 Ch数 7.1ch
重量 350g マイク 取り外し可能なノイズキャンセリングマイク
コネクタ ステレオミニジャック用プラグ(3.5mm)、USB プロゲーマー(CS:GO)の使用率 87人

 

 

ゼンハイザー GAME ZERO

ハウジング 密閉型 Ch数 2.1ch(ステレオ)
重量 312g マイク ノイズキャンセリングマイク
コネクタ 3.5mm × 2(PC 用)、3.5mm × 1(Mac/iPhone/PS4/Xbox One 用) プロゲーマー(CS:GO)の使用率 39人

 

 

HyperX Cloud Alpha

ハウジング 密閉型 Ch数 2.1ch(ステレオ)
重量 336g マイク 取り外し可能なノイズキャンセリングマイク
コネクタ 3.5mmプラグ (4極) プロゲーマー(CS:GO)の使用率 28人

 

 

SteelSeries Arctis Pro

ハウジング 密閉型 Ch数 7.1ch
重量 344g マイク 格納式ノイズキャンセリングマイク
コネクタ USB、3.5mm プロゲーマー(CS:GO)の使用率 14人

 

 

ロジクール G430

ハウジング 密閉型 Ch数 7.1ch
重量 255g マイク 折りたたみ式ノイズキャンセリングマイク
コネクタ USB、3.5mmステレオミニプラグ プロゲーマー(CS:GO)の使用率 1人

 

以上です

-デバイス-周辺機器

執筆者:

スポンサードリンク


  1. 匿名 より:

    イヤホン知りたいな
    有線と無線で1つずつ
    無線は音質悪くなる+遅延があるって聞いて普段使いも含めたら有線なのかなぁと

    • FPS酒場 より:

      僕はイヤホンは使わないので今すぐは無理ですが、そのうちイヤホンの記事も書こうと思っています。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ
CoD:BO4攻略情報まとめ
Apex Legends攻略情報まとめ

【FPS/TPS向け】マウスの選び方徹底解説!おすすめゲーミングマウス
【FPS/TPS向け】マウスパッドの特徴と違い
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS/TPS向けゲーミングヘッドセットおすすめ
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。