FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

デバイス-周辺機器

【最新】おすすめのゲーミングマウス【FPS/MMO/両用】

投稿日:

おすすめのゲーミングマウス

私はFPS歴10年以上プレイしており、ゲーミングマウス40種類以上レビューしてきました。

その中で使いやすかったゲーミングマウスを選び方と合わせて紹介します。




ゲーミングマウスの選び方

FPSとMMOのどちらで使用するか

ボタンの数

ゲーミングマウスには大きく、FPS用とMMO用の2つに分けられます。

FPSゲームは正確かつ高速なマウス操作が求められます。FPS用ゲーミングマウスはセンサー性能、クリック応答速度、握りやすさ、軽さなどが優秀でFPSに特化したマウスになっています。

MMOゲームでは基本操作やスキルなど割り当てが必要なボタン数が多くすべての操作をキーボード1つで行うことはなかなか大変です。MMOゲーミングマウスは割り当て可能なボタン数が多くキーボード側の操作の負担を減らせるようになっています。

なのでまずは自分がFPSかMMOのどちらのゲームをするかで大きく分ける様にしましょう。また、ゲーミングマウスにはFPS/MMOの両方に対応したタイプもあります。

FPS用ゲーミングマウスの選び方

小さいゲーミングマウスはどんな人に向いていない?

FPS用にゲーミングマウスを選ぶ際の重要な要素は以下になります。

  1. マウスの持ち方に合ったものを選ぶ
  2. 大きさ(サイズ)
  3. 有線か無線(ワイヤレス)か
  4. 重さ
  5. ボタンの数

これらの要素はFPSをする際ではとても重要なものなのでしっかりと確認しておいたほうが良いです。

これら1つ1つに選び方がありすべてを解説していると長くなってしまうので別記事に選び方をまとめました。

そちらでしっかりと選び方を確認してからゲーミングマウスを選ぶようにしたほうが良いです。

MMO用ゲーミングマウスの選び方

多ボタンマウスの利点

MMO用にゲーミングマウスを選ぶ際の重要な要素は以下になります。

  1. 割り当て可能なボタン数
  2. ボタンの位置
  3. ボタンの大きさ

ボタンは多ければ多いほどいいというわけではありません。

ボタンが多いほどマウスの重さは重くなり、ボタンの大きさは小さく、マウスの握る位置のボタンの占有率も高くなります。

ボタンが必要以上に多いとマウス操作がし辛かったり、誤ってボタンを押してしまって誤操作の原因になってしまったりすることになります。

なので自分が使用している場面をしっかりイメージしながら選ぶ必要があります。

基本的にMMO用ゲーミングマウスは左サイドにボタンが集中しているものが多く、やや操作がしづらい印象があります。ゲーミングマウスの中にはFPS/MMOの両方で使える指にボタンが干渉しづらい位置にボタンがあるタイプもあるのでそちらを検討してみるのも良いかと思います。

 

FPS向けゲーミングマウス

FPS向け最強のゲーミングマウス「Razer Viper Ultimate」

相性の良い持ち方 つかみ持ち、つまみ持ち
ボタン 8箇所(左右メイン、左サイド×2、右サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
接続タイプ ワイヤレスまたはケーブル接続(Speedflex ケーブル)
ケーブル長 約180cm
長さ 126.7mm
66.2mm
高さ 37.8mm
重量 74g
DPI 100~20000(50刻み)
ポーリングレート 125/500/1000
最大認識速度 650IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 7000万回
バッテリー接続時間 約70時間 (ライティング不使用時) (バッテリー持続時間は設定により異なります)

【イチオシポイント】

  1. 現状ワイヤレスゲーミングマウスの中で最も軽量
  2. 20000DPI、650IPSで最強クラスの性能
  3. 充電ドックに乗せるだけ充電できるのでケーブルの付け外しが必要なく楽

【⇓詳細はこちら⇓】

【少しだけ安い充電ドック無し版】

 

大人気ゲーミングマウス「Logicool G Pro Wireless」

相性の良い持ち方 つかみ持ち、つまみ持ち
ボタン 8箇所(左右メイン、左サイド×2、右サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
接続タイプ ワイヤレスまたはケーブル(ラバー製)
ケーブル長 1.80m
長さ 125mm
63.5mm
高さ 40mm
重量 80.5g
DPI 100~16000(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度 400IPS
最大加速度 40G
耐クリック回数 5000万回

【イチオシポイント】

  1. プロゲーマーも多く使用する信頼の厚い大人気ゲーミングマウス
  2. ロジクール史上最高精度のゲーミングセンサー「HERO 16K」を搭載
  3. 80.5gとワイヤレスマウスながらも軽量級

【⇓詳細はこちら⇓】

 

コスパ最強ワイヤレスゲーミングマウス「Logicool G703 HERO(G703h)」

相性の良い持ち方 かぶせ持ち
ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
接続タイプ ワイヤレスまたはケーブル(布巻き)
ケーブル長 1.80m
長さ 124mm
68mm
高さ 43mm
重量 95.5g
DPI 100~16000(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度 400IPS
最大加速度 40G

【イチオシポイント】

  1. 「Logicool G Pro Wireless」と同等の性能で安めの価格
  2. ロジクール史上最高精度のゲーミングセンサー「HERO 16K」を搭載
  3. 手のひらにフィットしやすいエルゴノミクスデザイン

【⇓詳細はこちら⇓】

 

かぶせ持ち向けゲーミングマウス「Xtrfy M4」

相性の良い持ち方 かぶせ持ち
ボタン 7箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI切替ボタン、ライティングエフェクト変更ボタン)+ポーリングレート切替スイッチ
ケーブルタイプ ファイバーケーブル
ケーブル長 1.8m
長さ 120mm
上部:56mm、中間:60mm、下部:68
高さ 39mm
重量 71g(ケーブル除く)
DPI 400、800、1200、1600、3200、4000、7200、16000dpi
ポーリングレート 125/500/1000hz
最大認識速度 400IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 2000万回
センサー Optical Pixart 3389

【イチオシポイント】

  1. かぶせ持ち向けゲーミングマウスの中でトップクラスの軽さ
  2. 柔らかくて軽く、摩擦抵抗の少ないXtrfy EZコード
  3. ドライバーレスでPCに繋ぐだけで使用可能
  4. 手のひらにフィットしやすいエルゴノミクスデザイン

【⇓詳細はこちら⇓】

 

つかみ持ち、つまみ持ち向けゲーミングマウス「Razer Viper」

相性の良い持ち方 つかみ持ち、つまみ持ち
ボタン 8箇所(左右メイン、左サイド×2、右サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
接続タイプ 有線
ケーブルタイプ 布巻き(RazerSpeedflexケーブル)
ケーブル長 約210cm
長さ 126.73mm
66.2mm
高さ 37.81mm
重量 100g(マウスのみ:69g)
DPI 100~16000(50刻み)
ポーリングレート 125/500/1000
最大認識速度 450IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 7000万回

【イチオシポイント】

  1. 穴が空いていないのに超軽量
  2. とても柔らかく低摩擦なRazerSpeedflexケーブル
  3. 従来のスイッチと比べ応答時間より高速で高耐久なRazerオプティカルマウススイッチ

【⇓詳細はこちら⇓】

 

安くて使いやすいゲーミングマウス「Logicool G203 LIGHTSYNC」

相性の良い持ち方 つまみ持ち
ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
接続タイプ 有線
ケーブルタイプ ラバー製
ケーブル長 2.1m
長さ 116.6mm
62.15mm
高さ 38.2mm
重量 85g(ケーブルを除く)
DPI 200~8000(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度 200IPS
最大加速度 25G
耐クリック回数
センサー

【イチオシポイント】

  1. 卵のような形状で超小型ゲーミングマウス
  2. エントリーモデルでコスパの高いマウス
  3. 安いがFPSでも十分使える性能を持つ

【⇓詳細はこちら⇓】

 

MMO向けゲーミングマウス

サイドプレートがカスタマイズ可能な「Razer Naga Trinity」

ボタン 19箇所(左右メイン、左サイド×最大12、DPIボタン×2、ホイールボタン、上下スクロール)
ケーブルタイプ 布巻き
ケーブル長 2.1m
長さ 119mm
74mm
高さ 43mm
重量 120g(ケーブル除く)
DPI 100~16000dpi(50刻み)
ポーリングレート 125/500/1000hz
最大認識速度 450IPS
最大加速度 50G

【イチオシポイント】

  1. サイドプレートが付け替え可能でFPS向けの2ボタン、MMO向けの12ボタンなど使い分けが可能
  2. ボタン数19個ととてもボタン数が多い

 

安めで多ボタン「Logicool G600t」

割り当て可能なボタン 20箇所(左右メイン、左サイド×12、右サイド×1、DPIボタン×2、ホイールボタン、チルトホイールボタン左右)
ケーブルタイプ 布巻き
ケーブル長 2.10m
長さ 118mm
75mm
高さ 41mm
重量 133g(ケーブル除く)
DPI 200~8200dpi
ポーリングレート 125/250/500/1000hz
最大認識速度 160IPS
最大加速度 30G

【イチオシポイント】

  1. 良心価格で多ボタンマウス
  2. ボタン数20個ととてもボタン数が多い
created by Rinker
Logicool G(ロジクール G)
¥7,382 (2020/10/01 11:17:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

ワイヤレス多ボタンマウス「Logicool G604」

割り当て可能なボタン 15箇所(左右メイン、左サイド×6、左クリックサイド×2、ホイールボタン、上下スクロール、チルトホイールボタン左右)
ケーブルタイプ ワイヤレス
ケーブル長
長さ 130mm
80mm
高さ 45mm
重量 135g
DPI 100~16000dpi(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000hz
最大認識速度 400IPS
最大加速度 40G

【イチオシポイント】

  1. ワイヤレスの多ボタンマウス
  2. ロジクール史上最高精度のゲーミングセンサー「HERO 16K」を搭載

 

FPS・MMO両用ゲーミングマウス

ワイヤレス+多ボタン+操作しやすい「Razer Basilisk Ultimate」

割り当て可能なボタン 13箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、上下スクロール、チルトボタン×2、DPI変更ボタン×2、マルチファンクションパドル、プロファイルボタン)
ケーブルタイプ ワイヤレス、Razer Speedflex ケーブル
ケーブル長 2.1m
長さ 130mm
60mm
高さ 42mm
重量 107g
DPI 100~20000dpi(50刻み)
ポーリングレート 125/500/1000hz
最大認識速度 650IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 7000万回
センサー Razer Focus+ オプティカルセンサー

【イチオシポイント】

  1. 割り当て可能なボタン数が多く、左サイドにボタンが集中していなく指とボタンが干渉しないため操作性も高い
  2. スクロールホイールの重さを調整できる機能付き
  3. 20000DPI、650IPSで最強クラスの性能
  4. 充電ドックに乗せるだけ充電できるのでケーブルの付け外しが必要なく楽

【⇓詳細はこちら⇓】

【少しだけ安い充電ドック無し版】

 

サイドにボタンを集中させず指に干渉しづらい「Logicool G502 HERO(G502h)」

割り当て可能なボタン 11箇所(左右メイン、左サイド×2、左クリックサイド×2、DPIシフトボタン、プロファイルサイクルボタン、ホイールボタン、チルトホイールボタン左右)
ケーブルタイプ 布巻き
ケーブル長 2.10m
長さ 132mm
75mm
高さ 40mm
重量 126.5g(マウスのみ)、154.5(3.6gウェイト×5搭載)
DPI 100~16000dpi(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000hz
最大認識速度 400IPS
最大加速度 40G

【イチオシポイント】

  1. 割り当て可能なボタン数が多く、左サイドにボタンが集中していなく指とボタンが干渉しないため操作性も高い
  2. ロジクール史上最高精度のゲーミングセンサー「HERO 16K」を搭載
  3. ホイールをノッチあり(コリコリ感)とスピンで切替可能

【⇓詳細はこちら⇓】

 

ゲーミングマウスと普通のマウスの違い

そもそもゲーミングマウスとは何ぞやという方は下の記事でまとめているので気になる方は是非ご覧ください。

 

マウスの滑りやすさはマウスパッドで調節したほうが良い

マウスによって滑りやすさがかなり違います。

ですがマウスの持ちやすさを犠牲にしてまで、滑りやすさを重視して選ぶのはもったいないです。

マウスパッドにも滑りやすいタイプ~滑りづらいタイプまでたくさんあるので、滑りやすさはマウスパッドで調節するようにすると良いです。

 

邪魔なケーブルはマウスバンジーで解消

FPSのようなマウスを激しく動かすゲームではケーブルが邪魔になり、マウス操作の妨げになることが良くあります。

マウスバンジーというケーブルを固定するアイテムを使うことでケーブルの煩わしさはかなり解消されるので、有線マウスを使用する場合は検討してみてはどうでしょうか。

-デバイス-周辺機器

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ

Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ
【2020年】FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド(300.150)
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS向けおすすめのゲーミングヘッドセット
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう
FPSゲーマーによるおすすめのゲーミングキーボード紹介【2020年】

FPS向けおすすめマウスバンジー-サイドバー

FPS向けおすすめのサウンドカード(USBDAC)

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。