FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

デバイス-周辺機器

つまみ持ち向けワイヤレスマウスLogicool G304レビュー

投稿日:

LoogicoolG304

ワイヤレスゲーミングマウスで超コスパのいいLogicool G304をレビューします。なんとamazonで4000円台で買えてしまいます。

安くて心配になる方もおられるかと思いますが、気になる方はぜひ続きを読んで検討してみてほしいです。とても良いマウスですよ。

【PUBG JAPAN SERIES 2019推奨ギア】 ロジクール G304 LIGHTSPEED ワイヤレスゲーミングマウス
created by Rinker




Logicool G304の中身

中身

Logicool G304本体、LIGHTSPEED USBナノレシーバー、レシーバー延長ケーブル、単三乾電池1本、クイックスタートガイド、保証規定、保証書。

 

形状・外見

形状

左右対称でかなり小さめのマウスです。左右対称のマウスの中でも小さいほうと言えます。

G304は長さがかなり短めで幅が少し広い感じになっています。

左右対称マウスの横幅はオーソドックスなものでは前部と後部の幅が広く中央部が狭くなっているのですが、G304はその逆で前部と後部が狭く中央部が広くなっています。そのおかげでよりコンパクトに見えます。どちらが持ちやすいかは好みになると思います。

高さも高くなく手のひらにはほとんど触れることはありません。ゆえにかぶせ持ちユーザーには向いていないかもしれないです。

底面のソールは4隅に小さいソールが張られています。滑りは凄く良いといったほどではないです。ソールは面積よりも枚数が多いほうが抵抗が強いような気がします。それでも全然滑ります。

重量

重量は95.5gとケーブルマウスと比べると若干重いですが、決して重すぎる重量ではないので、つまみ持ちユーザーが使うにしてもまったく問題はないです。この重量は電池込みの重量です。

電池

使用の際は単三乾電池を入れる必要があります。

上蓋を外してマウス本体に組み込みます。

レシーバー

LIGHTSPEED USBナノレシーバーをレシーバー延長ケーブルに接続しPCにUSB端子を接続すれば使用可能です。

 

ボタンとクリックについて

クリックの重さは全てのボタン標準的です。重すぎず軽すぎずちょうどいいです。押し込みの深さも深すぎず浅すぎずちょうどいいです。

クリック音は少し大きいように感じます。強く押すとマイクに入ってしまうことがあるかもしれません。

サイドボタンはしっかり飛び出ていて押しやすいです。親指が誤って触れてしまうこともありません。

 

ソフトウェア

割り当て

割りあて

それぞれのボタンにそれぞれの機能を割り当てることができます。

感度(DPI)

感度(DPI)

感度(DPI)とレポートレート(ポーリングレート)を設定できます。

感度(DPI)は200~12000の間を50刻みで設定することができます。

プリセットを4個作ることができ、設定されたDPIをDPI変更ボタンで切り替えることができます。

パワーモードは高(パフォーマンス)と低(エンデュランス)から選択できます。

高(パフォーマンス)はレポートレートは125/250/500/1000の全て選択することができ、低(エンデュランス)はレポートレートを125hz固定にして電力消費を抑えることができます。

レポートレート(ポーリングレート)は125/250/500/1000の中から選択できます。

 

Logicool G304の性能(スペック)

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
ケーブルタイプ ワイヤレス
長さ 116.6mm
62.15mm
高さ 38.2mm
重量 95.5g
DPI 200~12000(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度 400IPS
最大加速度 40G
耐クリック回数 1000万回

ゲーミングマウスに良く使われる用語集

【PUBG JAPAN SERIES 2019推奨ギア】 ロジクール G304 LIGHTSPEED ワイヤレスゲーミングマウス
created by Rinker

 

使用感

実際にゲームをプレイしてみたところ、センサーの挙動に違和感などは一切ありませんでした。変な飛びもないし横に真っすぐ動かせば横に真っすぐ動くし縦も同様です。

次はマウスの持ち方ごとの使用感です。

かぶせ持ちでの使用感

かぶせ持ち

かぶせ持ちをしようとすると手のひらがほとんど当たらないのでつかみ持ちに近い持ち方になってしまいます。手の小さい方ならある程度フィットするかもしれませんが手のひら全体で持つといった持ち方は難しいです。

マウスが小さいため手のひら後部がマウスパッドに当たってしまい非常に持ちづらいです。手のひら後部はマウスパッドにおいて起きたいという人にはいいかもしれないですが、当然その分マウスパッドのとの摩擦は大きくなります。

つかみ持ちでの使用感

つかみ持ち

指と手のひら後部でマウスを支えますが手のひら後部には触れている程度になってしまいがちでほぼ指で支えている形になってしまいます。

また、G304は滑り止め用のラバーは張られていないので滑りやすく少し安定感に難があるようにも感じました。

つまみ持ちでの使用感

つまみ持ち

公式でも謳っているようにG304マウスは圧倒的につまみ持ち向けマウスです。大きさが小さいのでまさにつまむように持つことができます。

手のひらに当たることがないので指の可動域を広くとることができ、広い範囲で細かい操作が可能です。

重量は軽いとは言えませんが決して重くもないので指だけでも十分に支えることができました。

 

センサーテスト

『MouseTester』というソフトを使ってテストを行いました。

  1. 波線が綺麗に続いているほど、カーソルが飛んでしまうなどのおかしな挙動がない。
  2. ラインの動きドットの動きが一致しているほどセンサーの精度が高い。

悪い例

FPSをプレイ中よくAIMが飛んでしまうマウスでのテストです。

○テスト環境

DPI:400

ポーリングレート:1000

よく飛ぶマウス

波線の途中、飛び出したりしている部分があると思います。その部分がAIMが飛んでしまうタイミングのもの。

Logicool G304のセンサーテスト

○テスト環境

DPI:400,800,1600,3200

ポーリングレート:1000

400dpi800dpi

1600dpi3200dpi

センサーテストも問題なしです。明らかな飛びや崩れがないので安心です。

折り返し地点の乱れは全てのマウスのある現象なので気にする必要はないです。

 

リフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)

リフトオフレンジとは?

マウスを持ち上げたときにセンサーが感知する距離のことです。

このリフトオフレンジが長すぎると、マウスの持ち上げ動作時にセンサーが反応しなくていいタイミングで反応してしまいAIMがぶれてしまいます。

逆に短すぎるとマウスの持ち上げ動作からマウスパッドに置くと同時に視点移動をしようとするとセンサーの反応が遅れてしまい、マウスを動かしているのに視点が動かないタイミングがでてきます。

なのでリフトオフレンジは長すぎても短すぎてもダメということです。

リフトオフレンジの許容範囲

リフトオフレンジ

画像の緑色の部分が違和感なくゲームプレイできた長さ、黄色い部分がセンサーの挙動に違和感を感じた長さです。

今のところ分かっていることはリフトオフレンジが0.3mm以下または1.6mm以上のマウスはちょっと違和感を感じるかもということです。

ちなみにマウスパッドはSteelSeries QcKです。

Logicool G304のリフトオフレンジ

Logicool G304のリフトオフレンジは0.7mmでした。

十分許容範囲内なので違和感等はないと思います。

 

まとめ

つまみ持ちには最高のマウスです。しかも安い!

つまみ持ちの方でマウス選びに悩んでいる場合にはとりあえず使ってみるという感覚で使ってみてもいいかもしれません。

【PUBG JAPAN SERIES 2019推奨ギア】 ロジクール G304 LIGHTSPEED ワイヤレスゲーミングマウス
created by Rinker

-デバイス-周辺機器

執筆者:

スポンサードリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ
CoD:BO4攻略情報まとめ
Apex Legends攻略情報まとめ

【FPS/TPS向け】マウスの選び方徹底解説!おすすめゲーミングマウス
【FPS/TPS向け】マウスパッドの特徴と違い
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS/TPS向けゲーミングヘッドセットおすすめ
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。