FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログ(サイト)です

デバイス-周辺機器

FPSでも使える安めのおすすめゲーミングマウス

投稿日:2020年1月13日 更新日:

当記事ではFPSでも使える安めのおすすめゲーミングマウスをまとめています。

私は今までで50種類以上のゲーミングマウスをレビューしてきました。その中で安くて使いやすいコスパに優れるマウスを紹介します。




安い(格安/激安)ゲーミングマウスの問題点

安いゲーミングマウスはちゃんと使えるのか不安に思っている方はたくさんいるかと思います。安いゲーミングマウスでもFPSのようなマウスを激しく操作するゲームでもしっかり使るものもありますが、当然使い物にならないものもあります。

では実際にどのような問題点があるかというと以下のようなことが挙げられます。

  1. リフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)が長い
  2. マウスを速く動かすとカーソルが飛ぶ
  3. 重い
  4. 専用ソフトウェアが無い
  5. クリック応答速度が遅い

また、当記事で紹介するゲーミングマウスこの問題点を確認した上で使いやすかったものを紹介しています。

リフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)が長い

リフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)とは?

リフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)とはマウスを持ち上げたときにセンサーが感知する距離のことで、安いゲーミングマウスはこのリフトオフレンジが長いものが結構あります。

リフトオフレンジが長すぎるとマウスの持ち上げ動作時にセンサーが反応しなくていいタイミングで反応してしまいAIMがぶれてしまう原因になります。

これはFPSにおいてはかなり煩わしいもので相当なハンデになります。もしFPSをするのにゲーミングマウスの購入を考えているのであればリフトオフレンジが長すぎず短すぎないものを選ぶ必要があります。

リフトオフレンジについての詳細は以下にまとめています。

マウスを速く動かすとカーソルが飛ぶ

よく飛ぶマウス

速く動かすとカーソルが飛ぶマウスは滅多にないですが、安いゲーミングマウスにはちょこちょこ見られます。

FPSのようなゲームでこのようなマウスを使うと視点が急に真上に向いたりとあらぬ方向へ視点が行ってしまい、とてもじゃないですがまともにプレイすることはできません。

重い

極端に安いゲーミングマウスはなぜだか重さが重めな傾向にあります。

最近のゲーミングマウスは100gを超える重さのものはあまりありませんが、安いゲーミングマウスでは結構あります。

基本的にゲーミングマウスは軽いほうが操作しやすいので、重すぎるものはあまりメリットがありません。

専用ソフトウェアが無い

感度(DPI)(G Hub)

大抵のゲーミングマウスには専用のソフトウェアが備わっており、そのソフトウェアでDPIやポーリングレートやボタン割り当てなどの設定を行うことができます。

しかし安いゲーミングマウスには専用ソフトウェアが無い場合があり、細かい設定を行いたくてもができないということになることもあります。

クリック応答速度が遅い

左右クリックボタン

今までレビューしてきたゲーミングマウスは全てクリック応答速度を計ってきましたが、極端に安いゲーミングマウスはクリック応答速度が遅い傾向にあると思います。大きな差はないですが僅かに遅いというものが結構ありました。

あまり気にする必要ないことですが、出来れば速いほうがいいですよね。

今までレビューしたゲーミングマウスの応答速度は以下にまとめています。

 

ゲーミングマウスの選び方

ゲーミングマウスによって「形状」「大きさ」「重さ」などが全く違います。

それらが自分に合ったものを選ぶことでよりゲームを快適にプレイすることができます。

この辺全て書くと長くなってしまうので詳しく知りたい方は下の記事にまとめているので是非ご確認ください。

 

安いのに超使いやすいゲーミングマウス

Razer Viper

ボタン 8箇所(左右メイン、左サイド×2、右サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
ケーブルタイプ 布巻き(RazerSpeedflexケーブル)
ケーブル長 約210cm
長さ 126.73mm
66.2mm
高さ 37.81mm
重量 100g(マウスのみ:69g)
DPI 100~16000(50刻み)
ポーリングレート 125/500/1000
最大認識速度 450IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 7000万回
  Razer 5G オプティカルセンサー

【特徴】

「Razer Viper」は左右対称マウスの長方形で、つかみ持ちとつまみ持ちとの相性がいいです。

「Razer Viper」は安価とは言えないですが、コスパという意味ではかなり高いと思い入れました。

「Razer Viper」はまさにゲーミングマウスの良いところを集めましたと言うようなマウスでとても優秀なマウスです。

特徴を上げれば長文になってしまうのでレビュー記事を見ていただきたいのですが、FPSをガチでやりたいのであれば買って損はない逸品です。

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Razer Basilisk X HyperSpeed

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI切替ボタン)
ケーブルタイプ ワイヤレス
長さ 130mm
60mm
高さ 42mm
重量 83g(電池除く)、107g
DPI 100~16000dpi(50刻み)
ポーリングレート 125/500/1000
最大認識速度 450IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 5000万回
センサー Razer 5G オプティカルセンサー

【特徴】

「Razer Basilisk X HyperSpeed」は左右非対称でかぶせ持ちとの相性がいいです。

「Razer Basilisk」のワイヤレス版に近いです。

「Razer Basilisk」と形状はほぼほぼ同じですが、機能は必要最低限にし低価格になっています。

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Logicool G PRO HERO

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
ケーブルタイプ ビニール被膜
ケーブル長 2.1m
長さ 116.6mm
62.15mm
高さ 38.2mm
重量 109.5(マウスのみ:83g)
DPI 100~25600(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度 400IPS
最大加速度 40G
耐クリック回数 5000万回
センサー HERO 25K

【特徴】

「Logicool G PRO HERO」は左右対称の卵型マウスでつまみ持ちとの相性がいいです。

非常に小さなマウスで手の小さな人にも相性がいいです。

HEROセンサーが採用されており非常に高い性能を持ったセンサーです。

価格も安く、非常に人気のあるマウスです。

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Logicool G203 LIGHTSYNC

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
接続タイプ 有線
ケーブルタイプ ラバー製
ケーブル長 2.1m
長さ 116.6mm
62.15mm
高さ 38.2mm
重量 85g(ケーブルを除く)
DPI 200~8000(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度 200IPS
最大加速度 25G
耐クリック回数
センサー

【特徴】

「Logicool G PRO HERO」と外観、形状は全く同じです。

センサー性能が「Logicool G PRO HERO」より抑えられており価格が安くなっています。

センサー性能が抑えられているとは言え、FPSゲームなどでも十分実力を発揮できるレベルの性能はあります。

つまみやすい形状をしており、つまみ持ちの方や手の小さい方との相性が良いです。

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Logicool G304

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
ケーブルタイプ ワイヤレス
長さ 116.6mm
62.15mm
高さ 38.2mm
重量 95.5g
DPI 200~12000(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度 400IPS
最大加速度 40G
耐クリック回数 1000万回
センサー HERO

【特徴】

「Logicool G304」の形状は「Logicool G PRO HERO」と全く同じで、左右対称の卵型マウスでつまみ持ちとの相性がいいです。

ワイヤレスマウスで非常に低価格なマウスです。

電池が内臓されるため「Logicool G PRO HERO」よりはやや重くなっていますが、それでも軽いほうで非常に扱いやすいです。

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Logicool G703 HERO

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
接続タイプ ワイヤレスまたはケーブル(布巻き)
ケーブル長 1.80m
長さ 124mm
68mm
高さ 43mm
重量 95.5g
DPI 100~25600(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度 400IPS
最大加速度 40G

【特徴】

ロジクール史上最高精度のセンサー(HERO 25K)を搭載するワイヤレスゲーミングマウスです。

G403hととてもよく似ていてG403hのワイヤレス版と思ってもらえれば良いです。

形状はG403hとほぼ同じで左右非対称でエルゴノミクスデザインです。かぶせ持ちとの相性が良いです。

重量はワイヤレスのため、G403hよりも若干重くなっており95gですが比較的軽いマウスです。

性能もよくワイヤレスということなのでどうしても値段少しかさみますがワイヤレスマウスの中では比較的安価です。

【⇓詳細はこちら⇓】

 

SteelSeries Rival3

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI切替ボタン)
ケーブルタイプ ラバー製
ケーブル長 1.8m
長さ 120.6mm
58.3mm(前部)、67mm(後部)
高さ 21.5mm(前部)、37.9mm(後部)
重量 77g(ケーブルを除く)
DPI 100~8500cpi(100刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000hz
最大認識速度 300IPS
最大加速度 35G
耐クリック回数 6000万回
センサー TrueMove Coreセンサー

【特徴】

左右対称マウスでつかみ持ちとの相性が良いマウスです。

重量が77g(ケーブル除く)と軽量でマウス操作がしやすいです。

非常にコスパが良く、初めてのゲーミングマウスにも最適。

【⇓詳細はこちら⇓】

 

SteelSeries RIVAL310

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、CPIトグルボタン)
ケーブルタイプ ラバー製
ケーブル長 2m
長さ 127.6mm
57.2mm(前部)、62mm(中央)、70.1mm(後部)
高さ 41.98mm
重量 88.3g
DPI 100~12000dpi(100刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度 350IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 5000万回
センサー SteelSeries TrueMove3

【特徴】

「SteelSeries RIVAL310」の形状は左右非対称でかぶせ持ちとの相性がいいです。

個人的にかぶせ持ちで最も扱いやすい形状をしているマウスだと思います。

手のひらにフィットしやすい形状をしており、かぶせ持ちの長所であるグリップの強さによる安定感をもっとも引き立ててくれるマウスと思います。

【⇓詳細はこちら⇓】

created by Rinker
SteelSeries
¥6,591 (2020/11/23 10:14:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

Endgame Gear XM1

 

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPIとポーリングレート切替ボタン)
ケーブルタイプ パラコードケーブル
ケーブル長 1.8m
長さ 122.14mm
65.81mm
高さ 38.26mm
重量 70g(ケーブルを除く)
DPI 50~16000dpi(50刻み)
ポーリングレート 250/500/1000hz
最大認識速度 450IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 5000万回
センサー PixArtPMW3389

【特徴】

  1. 左右対称の形状でつまみ持ちとつかみ持ちとの相性が良い
  2. 70g(ケーブル除く)と超軽量級
  3. 柔らかい、低摩擦なパラコードケーブル
  4. リフトオフレンジの調節可能

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Cooler Master MM710

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI切替ボタン)
接続タイプ 有線
ケーブルタイプ ファイバーケーブル
ケーブル長 2m
長さ 116.6mm
62.6mm
高さ 38.3mm
重量 53g(ケーブルを除く)
DPI 400-800-1200(デフォルト値)-1600-3200-6400-16000
ポーリングレート 125/250/500/1000hz
最大認識速度 400IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 2000万回
センサー PixArt PMW 3389

【特徴】

  1. 形状は長方形型の左右対称、つまみ持ちとの相性良い
  2. 全体が穴あきになっているハニカム構造マウス、重さが53g(ケーブル除く)と超軽量
  3. 非常に柔らかくクセが付きづらい「ウルトラ ライト ウィーブ ケーブル」

【⇓詳細はこちら⇓】

 

G-wolves Skoll Sk-l

相性の良い持ち方 かぶせ持ち、つかみ持ち
ボタン 7箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI切替ボタン、ライティング効果変更ボタン)
接続タイプ 有線
ケーブルタイプ パラコードケーブル
ケーブル長
長さ 125mm
68mm
高さ 42mm
重量 65g(ケーブルを除く)
DPI 100~12000dpi(100刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000hz
最大認識速度 250IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 5000万回
センサー PixArt PMW 3360

【特徴】

全体が穴あきになっているハニカム構造マウスで重さが65g(ケーブル除く)と超軽量となっています。

左右非対称のマウスでかぶせ持ちとつかみ持ちとの相性が良いです。

ケーブルはパラコードケーブル軽い、柔らかい、低摩擦で超軽量となっています。

【⇓詳細はこちら⇓】

 

ROCCAT Kain 200 AIMO

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
ケーブルタイプ ワイヤレス、ファイバーケーブル
ケーブル長 1.8m
長さ 124mm
65mm
高さ 43mm
重量 105g
DPI 100~16000dpi(100刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000hz
最大認識速度 400IPS
最大加速度 40G
耐クリック回数
センサー ROCCAT Owl-Eyeオプティカルセンサー

【特徴】

ROCCAT(ロキャット)のワイヤレスゲーミングマウス。ワイヤレスマウスの中ではなかなかコスパの良いゲーミングマウスです。

手のひらにフィットしやすいエルゴノミクスデザインで、かぶせ持ちとの相性が良いです。

リフトオフディスタンス調整可能なROCCAT Owl-Eyeオプティカルセンサーを搭載し、ROCCAT Owl-Eyeワイヤレスは50時間稼働が可能。

表面にはグリップ性、耐久性、防汚性に優れたハイブリッド耐摩耗コーティングがなされています。

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Ray – PAWN

ボタン 7箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン×2)
ケーブルタイプ 布巻き
ケーブル長 1.8m
寸法 123mm(長さ)×66mm(幅)×38mm(高さ)
実測重量 約129.5g(マウスのみ:85g)
DPI 400-レッド / 800-ブルー / 1600-イエロー / 2400-オレンジ / 3200-グリーン / 12000-パープル
ポーリングレート 125/500/1000
センサー PMW3360

【特徴】

「Ray – PAWN」の形状は左右対称の長方形型マウスでつかみ持ち、つまみ持ちと相性がいいです。

個人的につまみ持ちで最も扱いやすい形状をしているマウスだと思います。

つまみ持ちは指のみでマウスを支えるため少し不安定になりがちなのですが、このマウスの場合前後の重心のバランスがいいのか非常に安定しました。

マウスサイドの形状もとても保持しやすくなっており、指での操作がとてもしやすいです。

【⇓詳細はこちら⇓】

created by Rinker
レイ(Ray)
¥3,591 (2020/11/23 13:25:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

Microsoft Pro IntelliMouse

ボタン 5箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン)
ケーブルタイプ 布巻き
ケーブル実測長 1.8m
寸法 132mm(長さ)×69mm(幅)×43mm(高さ)
実測重量 131.5g(コード抜き105g)
DPI 200~16000(50刻み)
ポーリングレート 125Hz、500Hz、1000Hz
トラッキング速度 400IPS

【特徴】

「Microsoft Pro IntelliMouse」の形状は左右非対称でかぶせ持ちとの相性がいいです。

伝説と謳われる「IntelliMouse Explorer 3.0」(IE3.0)の形状をそのままにセンサー性能が上がったマウスです。

FPS古参の方々はIE3.0を愛用していた方は多いのではないでしょうか。

IE3.0の形状に馴染のある方には最高の品物です。

【⇓詳細はこちら⇓】

created by Rinker
マイクロソフト
¥5,564 (2020/11/23 17:46:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

ゲーミングマウスと普通のマウスの違い

そもそもゲーミングマウスとは何ぞやという方は下の記事でまとめているので気になる方は是非ご覧ください。

 

マウスの滑りやすさはマウスパッドで調節したほうが良い

マウスによって滑りやすさがかなり違います。

ですがマウスの持ちやすさを犠牲にしてまで、滑りやすさを重視して選ぶのはもったいないです。

マウスパッドにも滑りやすいタイプ~滑りづらいタイプまでたくさんあるので、滑りやすさはマウスパッドで調節するようにすると良いです。

 

FPSを上手くなるには

FPSで強くなるには結局練習することが最大の近道です。

最低限ゲーミングデバイスを揃える必要はありますが、努力に勝るものはありません。

下の記事にFPS上達のためのコツなどをまとめているので興味があれば是非ご覧ください。

-デバイス-周辺機器

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ

Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ(300.150)

FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド

FPS向けおすすめのゲーミングヘッドセット

FPS向けおすすめのゲーミングキーボード

FPS向けおすすめマウスバンジー

FPS向けおすすめのサウンドカード(USBDAC)

おすすめのゲーミングイヤホン【FPS向け】

【FPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう

安さと性能で厳選!FPS向けおすすめゲーミングモニター

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。