FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

デバイス-周辺機器

全マウスパッドのリフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)比較

投稿日:2020年8月9日 更新日:

全マウスパッドのリフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)比較

当サイトはゲーミングデバイスをFPSに観点を置いてレビューしています。

当記事では所持しているマウスパッド全てのリフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)を比較していきます。




同じマウスでもマウスパッドによってリフトオフレンジが変わる

同じゲーミングマウスでもマウスパッドによってリフトオフレンジが変わります。

その差はマウスによってさまざまで僅かににしかわからないものもあれば、大きく違うものもあります。

当記事ではマウスパッドごとにリフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)を測りますが、すべてのマウスをすべてのマウスパッドごとに測るのはさすがに大変なので人気のゲーミングマウス「Logicool G Pro Wireless」のみで違いを見ます。

 

全マウスパッドのリフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)比較

順位 マウスパッド リフトオフレンジ(mm) 詳細記事
1 SteelSeries QcK+ 0.5 SteelSeries QcK+をレビュー
2 Logicool G440 0.6 Logicool G440をレビュー
3 Logicool G640 0.6 Logicool G640をレビュー
4 Amazonベーシック ゲーミングマウスパッド 0.6 Amazonベーシック ゲーミングマウスパッドをレビュー
5 SteelSeries QcK Heavy 0.7 SteelSeries QCK heavyをレビュー
6 ZOWIE G-SR-SE DEEP BLUE 0.7 ZOWIE G-SR-SE DEEP BLUEをレビュー
7 Razer Gigantus V2 0.8 Razer Gigantus V2をレビュー

マウスパッドのリフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)

 

 

マウスパッドとマウスの組み合わせよってはリフトオフレンジが大きく伸びることがある

マウスパッドとマウスの組み合わせよってはリフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)が大きく伸びることがあります。

下記は「Logicool G Pro Wireless」と「Razer DeathAdder Elite」でそれぞれマウス毎にリフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)を測ってみた結果です。

〇Logicool G Pro Wireless

  • Logicool G440:0.6mm
  • Logicool G640:0.6mm
  • SteelSeries QcK+:0.5mm
  • SteelSeries QCK heavy:0.7mm
  • ZOWIE G-SR-SE DEEP BLUE:0.7mm

〇Razer DeathAdder Elite

  • Logicool G440:1.4mm
  • Logicool G640:0.9mm
  • SteelSeries QcK+:0.8mm
  • SteelSeries QCK heavy:0.8mm
  • ZOWIE G-SR-SE DEEP BLUE:0.9mm

「Logicool G Pro Wireless」のリフトオフレンジは全体的に短めで大きな差はないですが、「Razer DeathAdder Elite」はLogicool G440だけリフトオフレンジが長かったりと相性があるようです。

この辺はもう実際に使ってみるまで分からないのでどうしようもないところですが、まぁ参考程度に・・・。

-デバイス-周辺機器

執筆者:




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ

Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ
【2020年】FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド(300.150)
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS向けおすすめのゲーミングヘッドセット
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう
FPSゲーマーによるおすすめのゲーミングキーボード紹介【2020年】

FPS向けおすすめマウスバンジー-サイドバー

FPS向けおすすめのサウンドカード(USBDAC)

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。