FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

デバイス-周辺機器

Razer Mouse Bungee V2をレビュー

投稿日:2020年7月26日 更新日:

Razer Mouse Bungee V2をレビュー

当サイトはゲーミングデバイスをFPSに観点を置いてレビューしています。

今回はRazer(レーザー)のマウスバンジー「Mouse Bungee V2」をレビューしていきます。




Razer Mouse Bungee V2のパッケージ内容

梱包状態

梱包状態 梱包状態2

パッケージ内容

パッケージ内容

Razer Mouse Bungee V2本体、ステッカー。

 

Razer Mouse Bungee V2の形状・外観

外観

外観は全体的に黒一色で艶の少ない派手さが抑えられたデザイン。Razerの商品はゲーミング感満載のド派手な商品が多いので個人的にはこういうタイプが好き。

ロゴ

正面にはレザーロゴマークが描かれています。

アーム

アームはスプリング式でバネになっているためケーブルが引っ張られるとアームが曲がり、ケーブルを戻すとバネが戻るので常にケーブルが垂れないようになっています。

爪 爪2

アーム先端のケーブルを止める部分ラバー製でケーブルが滑りづらくなっています。またラバー製のため固定部分を広げることができるため太目のケーブルでも簡単に取り付けることができます。

土台

土台部分にもケーブルを沿わせられるように工夫されています。この部分は必要に応じて使用すればよさそう。

底面

底面は滑り止めラバーが張られておりかなりしっかりとしたグリップ感をしています。マウス操作によってケーブルが引っ張られたくらいでは動かないほど。

重さ

実測重量は220.5gと重めなので、ケーブルが引っ張られても簡単には動かずしっかりしています。

 

対応しているケーブルの太さ

マウスのケーブルには太さや素材が様々です。それらケーブルの対応について検証してみます。

太めのケーブル(Razer DeathAdder V2 Mini)

太めのケーブル(Razer DeathAdder V2 Mini)

Razer DeathAdder V2 Miniのケーブルはかなり太目で現状私が持っているゲーミングマウスの中でも一番太いです。

Razer Mouse Bungee V2のケーブルを止める部分はラバー製で固定する爪が広げられるようになっているため容易に止めることができました。

かなりしっかり固定され、かなり無理やりに引っ張っても外れたりズレたりすることはありませんでした。

太いケーブルで心配なのは外すときに爪が引っかかってケーブルの布がほつれてしまうことですが、固定部分はゴムなのでその心配もありません。

標準サイズのケーブル(Razer DeathAdder V2)

標準サイズのケーブル(Razer DeathAdder V2)

標準サイズが一番しっくりくるサイズ感だなと感じました。

取り付ける際も無理なく付けられ、ケーブルを引っ張っても外れたりズレたりすることもありませんでした。

問題なく取り付けられます。取り外し時も無理なく外せます。

細めでビニールタイプのケーブル(Logicool G PRO HERO)

細めでビニールタイプのケーブル(Logicool G PRO HERO)

ケーブルが細い分取り付けはかなり楽です。

固定も意外としっかりしたもんでケーブルが引っ張られても外れたりズレたりすることがありませんでした。

ただどうしても標準サイズ以上と比べるとかなり強い力で引っ張られると少しずれてしまいます。ですが普通にゲームプレイではあり得ないような力で引っ張られてないとズレないので全く問題なく使用できると思います。

取り外しも当然楽ちん。

 

Razer Mouse Bungee V2の使用感

マウスケーブルがあることで煩わしことは「ケーブルがマウスパッドなどに引っかかって引っ張られる感覚がする」「ケーブルがバネのように跳ね返してくる」「マウスを素早く動かしたときにケーブルに引っ張られる」「マウスを動かすたびにケーブルの位置がズレて邪魔」などだと思います。

これらがいかに解消されているかがマウスバンジーを使うことの意味なのでこれらを観点をおいてみていきます。

ケーブルがマウスパッドなどに引っかかって引っ張られる感覚がする

この感覚を解消するにはケーブルがマウスパッドに触れないように空中にある状態にする必要があります。

Razer Mouse Bungee V2を使うことでケーブルが浮くのである程度は解消されますが完全には解消されません。

どうしてもマウス直近のケーブルはある程度触れてしまうのでその分はどうしても摩擦は生じます。

それでも使わないよりはかなりましなので使うメリットはあります。

ケーブルがバネのように跳ね返してくる

この現象はケーブルが硬さによる影響が大きいですが、ある程度解消することができます。

バネのように跳ね返されるタイミングは主に「ケーブルが何か物に当たってケーブルが曲がるタイミング」「ケーブルの余った部分がとぐろを巻いてそこに押されるタイミング」です。

これらは適切な長さが保たれていればある程度解消されるのでマウスバンジーとマウス間のケーブルの長さを調節すればいい感じになります。

Razer Mouse Bungee V2は当然ケーブルを固定できるし、マウスとマウスバンジーとの距離が遠くなってもバネが曲がってある程度無理が効くので長さを調節しやすいです。

Razer Mouse Bungee V2を使うことでバネのように跳ね返ってくる現象はある程度解消できます。

マウスを素早く動かしたときにケーブルに引っ張られる

これはマウスを大きく高速に動かしたときに余ったケーブルが鞭のように引っ張られるのと同時にマウスも引っ張られてしまうことでこのようなことが起きます。

つまりケーブルの余った長さをできるだめ短くすればいいのでRazer Mouse Bungee V2で長さと調節しておけば解消されます。

マウスを動かすたびにケーブルの位置がズレて邪魔

これもケーブルの余った分がマウスを手前側に引いた際にケーブルが寄ってしまうことで起きることなのでRazer Mouse Bungee V2で長さと調節しておけば解消されます。

使用感まとめ

Razer Mouse Bungee V2を使うことでケーブルの煩わしさは概ね解消できました。

マウスを大きく動かした際にマウスバンジー本体が引っ張られても本体の重さがしっかりしており、底面の滑り止めラバーも強いのでびくともしませんでした。

ケーブルの固定も強いので文句ない感じでした。

 

まとめ

メリット

  • マウスバンジー本体の重さがしっかりしており、ケーブルが引っ張られても動かない
  • アームがバネになっているのでケーブルが引っ張られても戻る
  • どんな太さのケーブルにも対応している

デメリット

  • 特になし

 

⇓その他のマウスバンジーのレビュー記事は以下で確認できます⇓

⇓おすすめのマウスバンジーと選び方を以下で解説しています⇓

-デバイス-周辺機器

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ

Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ
【2020年】FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド(300.150)
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS向けおすすめのゲーミングヘッドセット
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう
FPSゲーマーによるおすすめのゲーミングキーボード紹介【2020年】

FPS向けおすすめマウスバンジー-サイドバー

FPS向けおすすめのサウンドカード(USBDAC)

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。