FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

デバイス-周辺機器

左右対称ゲーミングマウスのメリットとおすすめ

投稿日:2020年8月23日 更新日:

左右対称ゲーミングマウスのメリットとおすすめ

当記事では左右対称ゲーミングマウスのメリットとおすすめを紹介します。

私はFPS歴10年以上、ゲーミングマウス40種類以上所持しています。その中で本当に使いやすかったゲーミングマウスを紹介します。




左右対称ゲーミングマウスのメリット

つかみ持ちとつまみ持ちとの相性が良い

つかみ持ち つまみ持ち

左右対称ゲーミングマウスは指が引っかかりやすく指に力を入れやすい形状をしているため、指でマウスを保持しやすくつかみ持ちとつまみ持ちとの相性が良いです。

また、非対称と比べて左右対称マウスは高さが低い傾向にあります。高さが高いと指でマウスを操作する際に手のひらにマウスが干渉していまい操作性を悪くすることがあります。左右対称マウスの場合手のひらに触れることが少ないのでとても操作がしやすいです。

両手で使える

両手で使える 両手で使える2

左右対称ゲーミングマウスは右手左手どちらでも使うことができます。

左手用非対称マウスは非常に少なく選ぶということがほとんどできません。

しかし左右対称ゲーミングマウスの数はとても多く、両側にサイドボタンが付いているものも多くあるので選択には困らないでしょう。

 

左右対称ゲーミングマウスの特徴・非対称との違い

非対称との違い

非対称との違い 非対称との違い2

左右対称ゲーミングマウスは非対称と比べると幅が短い傾向にあります。

そのためマウスを持った時に指の開き具合が左右対称は狭め、非対称は広めという感じになります。

かぶせ持ちの場合広めであろうが狭めであろうが大きな影響はありませんが、つかみ持ちやつまみ持ちは指で操作することが多いので幅は狭めでつまみやすいほうが指に力が入りやすく相性がいいです。

また、左右対称ゲーミングマウスは非対称と比べて高さが低めで手のひらに干渉しないため、指の操作性を落としません。

左右対称ゲーミングマウスは大きく2種類

左右対称ゲーミングマウスは大きく長方形型と卵型の2種類があります。

左右対称ゲーミングマウスは大きく2種類

長方形型マウスは横幅が短く長さが長めなので、指でつかみやすく手のひら後部に当てやすいのでつかみ持ち、つまみ持ちとの相性がいいです。代表的なマウスは「Razer Viper Ultimate」「Logicool G Pro Wireless」などです。

左右対称ゲーミングマウスは大きく2種類2

卵型はその名の通り卵のような形をしています。横幅、長さともに短めでつまみやすく手のひらに干渉しづらいのでつまみ持ちとの相性がいいです。代表的なマウスは「Logicool G PRO HERO」「Logicool G304」などです。

 

使いやすいゲーミングマウスの選び方

ゲーミングマウスによって「形状」「大きさ」「重さ」などが全く違います。

それらが自分に合ったものを選ぶことでよりゲームを快適にプレイすることができます。

この辺全て書くと長くなってしまうので詳しく知りたい方は下の記事にまとめているので是非ご確認ください。

 

おすすめの左右対称ゲーミングマウス

Razer Viper

相性の良い持ち方 つかみ持ち、つまみ持ち
ボタン 8箇所(左右メイン、左サイド×2、右サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
接続タイプ 有線
ケーブルタイプ 布巻き(RazerSpeedflexケーブル)
ケーブル長 約210cm
長さ 126.73mm
66.2mm
高さ 37.81mm
重量 100g(マウスのみ:69g)
DPI 100~16000(50刻み)
ポーリングレート 125/500/1000
最大認識速度 450IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 7000万回

【特徴】

  1. 左右対称形状で大きさは標準的、つまみ持ち、かぶせ持ちと相性が良い
  2. 69g(ケーブル除く)と超軽量
  3. 従来のスイッチと比べ応答時間より高速、クリックの誤操作の防止や耐クリック回数の向上を実現したRazerオプティカルマウススイッチを採用
  4. とても柔らかく低摩擦なRazerSpeedflexケーブル
  5. マウスパッドなどの表面に合わせてセンサーの較正をしてくれる機能やリフトオフレンジ(マウスを持ち上げた時にセンサーが感知する距離)を調整できる機能有り

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Razer Viper Ultimate

相性の良い持ち方 つかみ持ち、つまみ持ち
ボタン 8箇所(左右メイン、左サイド×2、右サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
接続タイプ ワイヤレスまたはケーブル接続(Speedflex ケーブル)
ケーブル長 約180cm
長さ 126.7mm
66.2mm
高さ 37.8mm
重量 74g
DPI 100~20000(50刻み)
ポーリングレート 125/500/1000
最大認識速度 650IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 7000万回
バッテリー接続時間 約70時間 (ライティング不使用時) (バッテリー持続時間は設定により異なります)

【特徴】

  1. 「Razer Viper」シリーズ最上位マウスで、Razer Viperのワイヤレスマウス版
  2. 左右対称形状で大きさは標準的、つまみ持ち、かぶせ持ちと相性が良い
  3. Razer Viperからセンサーがさらにパワーアップしており、DPIが20000まで設定可能で最大認識速度が650IPSまで向上
  4. RAZER HYPERSPEED ワイヤレス技術によりほかのワイヤレスゲーミング技術よりも25%高速になり、遅延の軽減を実現
  5. 重量は74gと非常に軽く、ワイヤレスマウスの中でトップクラスの軽さ
  6. マウスパッドなどの表面に合わせてセンサーの較正をしてくれる機能やリフトオフレンジ(マウスを持ち上げた時にセンサーが感知する距離)を調整できる機能有り
  7. 充電ドックに乗せるだけ充電できる

【⇓詳細はこちら⇓】

【少しだけ安い充電ドック無し版】

 

Logicool G Pro Wireless

相性の良い持ち方 つかみ持ち、つまみ持ち
ボタン 8箇所(左右メイン、左サイド×2、右サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
接続タイプ ワイヤレスまたはケーブル(ラバー製)
ケーブル長 1.80m
長さ 125mm
63.5mm
高さ 40mm
重量 80.5g
DPI 100~16000(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度 400IPS
最大加速度 40G
耐クリック回数 5000万回

【特徴】

  1. ロジクール最高峰のワイヤレスゲーミングマウスでesportsプロのために究極を目指して開発されたマウス
  2. ロジクール史上最高精度のゲーミングセンサー「HERO 16K」を搭載
  3. ラグのない安定した接続の「LIGHTSPEEDワイヤレス技術」
  4. 左右対称でつまみ持ちとつかみ持ちとの相性がいい
  5. 両サイドにサイドボタンが備わっており両手対応
  6. 80.5gとワイヤレスマウスながらも軽量級

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Logicool G PRO HERO(G-PPD-001r)

相性の良い持ち方 つまみ持ち
ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
接続タイプ 有線
ケーブルタイプ ラバー製
ケーブル長 2.1m
長さ 116.6mm
62.15mm
高さ 38.2mm
重量 109.5(マウスのみ:83g)
DPI 100~16000(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度 400IPS
最大加速度 40G
耐クリック回数 5000万回
センサー HERO 16K
オンボードメモリ プロファイル×5

【特徴】

  1. 超小型マウス。卵のような形状をしており、つまみ持ちとの相性が良い
  2. ロジクール史上最高精度のゲーミングセンサー「HERO 16K」を搭載
  3. 83g(ケーブル除く)と軽量級

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Logicool G203 LIGHTSYNC

相性の良い持ち方 つまみ持ち
ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
接続タイプ 有線
ケーブルタイプ ラバー製
ケーブル長 2.1m
長さ 116.6mm
62.15mm
高さ 38.2mm
重量 85g(ケーブルを除く)
DPI 200~8000(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度 200IPS
最大加速度 25G
耐クリック回数
センサー

【特徴】

  1. 超小型マウス。卵のような形状をしており、つまみ持ちとの相性が良い
  2. エントリーモデルでコスパの高いマウス
  3. Logicool G PRO HEROとまったく同じ形状をしているが、センサー性能が抑えられておりその分安い。FPSに使用するにしても十分な性能な持つ

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Logicool G304

相性の良い持ち方 つまみ持ち
ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
接続タイプ ワイヤレス
長さ 116.6mm
62.15mm
高さ 38.2mm
重量 95.5g
DPI 200~12000(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度 400IPS
最大加速度 40G
耐クリック回数 1000万回

【特徴】

  1. 高コスパワイヤレスマウス
  2. 超小型マウス。卵のような形状をしており、つまみ持ちとの相性が良い
  3. 電池交換タイプ

【⇓詳細はこちら⇓】

 

SteelSeries Sensei Ten

相性の良い持ち方
つかみ持ち
ボタン 8箇所(左右メイン、左サイド×2、右サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
接続タイプ 有線
ケーブルタイプ ラバー製
ケーブル長 約200cm
長さ 126mm
63mm (前部)、68mm (後部)
高さ 21mm (前部)、39mm (後部)
重量 92g(マウスのみ)
DPI 50~18000(50刻み)
ポーリングレート 125/500/500/1000
最大認識速度 450IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 6000万回

【特徴】

  1. SteelSeries Senseiの形状を継承したマウス。左右対称マウスでつかみ持ちとの相性が良い
  2. TRUEMOVE PROセンサー採用しており、DPIも最大18000DPIまで設定可能
  3. チルトトラッキングにより、マウスが傾いた状態でも追跡機能は一貫性を失うことなく正確にトラッキングすることができる

【⇓詳細はこちら⇓】

 

SteelSeries Rival3

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI切替ボタン)
ケーブルタイプ ラバー製
ケーブル長 1.8m
長さ 120.6mm
58.3mm(前部)、67mm(後部)
高さ 21.5mm(前部)、37.9mm(後部)
重量 77g(ケーブルを除く)
DPI 100~8500cpi(100刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000hz
最大認識速度 300IPS
最大加速度 35G
耐クリック回数 6000万回
センサー TrueMove Coreセンサー

【特徴】

  1. 左右対称マウスでつかみ持ちとの相性が良い
  2. 77g(ケーブル除く)と軽量級
  3. 価格が安く、高コスパ

【⇓詳細はこちら⇓】

 

BenQ ZOWIE S2

相性の良い持ち方 つかみ持ち、つまみ持ち
ボタン 7箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI切替ボタン、レポートレート切替ボタン)
ケーブルタイプ ラバー製
ケーブル長 2m
長さ 122mm
60mm (前部)、59mm(中間)、64mm (後部)
高さ 29mm (前部)、38mm (後部)
重量 ケーブル込み:131.5g、マウスのみ:82g
DPI 400/800/1600/3200dpi
ポーリングレート 125/500/1000

【特徴】

  1. 左右対称の形状でつまみ持ちとつかみ持ちとの相性が良い
  2. ケーブルコネクタの位置が改良されており、ケーブルがマウスパッドに触れ辛いようになっているのでストレスなくマウス操作を行うことができる

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Endgame Gear XM1

 

相性の良い持ち方 つかみ持ち、つまみ持ち
ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPIとポーリングレート切替ボタン)
ケーブルタイプ パラコードケーブル
ケーブル長 1.8m
長さ 122.14mm
65.81mm
高さ 38.26mm
重量 70g(ケーブルを除く)
DPI 50~16000dpi(50刻み)
ポーリングレート 250/500/1000hz
最大認識速度 450IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 5000万回
センサー PixArtPMW3389

【特徴】

  1. 左右対称の形状でつまみ持ちとつかみ持ちとの相性が良い
  2. 70g(ケーブル除く)と超軽量級
  3. 柔らかい、低摩擦なパラコードケーブル
  4. リフトオフレンジの調節可能

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Cooler Master MM710

相性の良い持ち方 つかみ持ち
ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI切替ボタン)
接続タイプ 有線
ケーブルタイプ ファイバーケーブル
ケーブル長 2m
長さ 116.6mm
62.6mm
高さ 38.3mm
重量 53g(ケーブルを除く)
DPI 400-800-1200(デフォルト値)-1600-3200-6400-16000
ポーリングレート 125/250/500/1000hz
最大認識速度 400IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 2000万回
センサー PixArt PMW 3389

【特徴】

  1. 形状は長方形型の左右対称、つまみ持ちとの相性良い
  2. 全体が穴あきになっているハニカム構造マウス、重さが53g(ケーブル除く)と超軽量
  3. 非常に柔らかくクセが付きづらい「ウルトラ ライト ウィーブ ケーブル」

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Glorious Model O-

相性の良い持ち方 つまみ持ち
ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI切替ボタン)
接続タイプ 有線
ケーブルタイプ ファイバーケーブル
ケーブル長 2m
長さ 120mm
上部:58mm、中間:58mm、下部:63
高さ 36mm
重量 58g(ケーブルを除く)
DPI 400~12000dpi(100刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000hz
最大認識速度 250IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 2000万回
センサー Pixart PMW-3360 Sensor

【特徴】

  1. 形状は長方形型の左右対称マウスで非常に小さめなマウス、つまみ持ちとの相性良い
  2. マウス上面と底面が穴あきになっているハニカム構造、重さが58g(ケーブル除く)と超軽量

【⇓詳細はこちら⇓】

 

ゲーミングマウスと普通のマウスの違い

そもそもゲーミングマウスとは何ぞやという方は下の記事でまとめているので気になる方は是非ご覧ください。

 

マウスの滑りやすさはマウスパッドで調節したほうが良い

マウスによって滑りやすさがかなり違います。

ですがマウスの持ちやすさを犠牲にしてまで、滑りやすさを重視して選ぶのはもったいないです。

マウスパッドにも滑りやすいタイプ~滑りづらいタイプまでたくさんあるので、滑りやすさはマウスパッドで調節するようにすると良いです。

 

邪魔なケーブルはマウスバンジーで解消

FPSのようなマウスを激しく動かすゲームではケーブルが邪魔になり、マウス操作の妨げになることが良くあります。

マウスバンジーというケーブルを固定するアイテムを使うことでケーブルの煩わしさはかなり解消されるので、有線マウスを使用する場合は検討してみてはどうでしょうか。

-デバイス-周辺機器

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ

Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ
【2020年】FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド(300.150)
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS向けおすすめのゲーミングヘッドセット
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう
FPSゲーマーによるおすすめのゲーミングキーボード紹介【2020年】

FPS向けおすすめマウスバンジー-サイドバー

FPS向けおすすめのサウンドカード(USBDAC)

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。