FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

FPS共通

FPSで勝つときの共通点や状況(身体と精神面)

投稿日:2019年3月14日 更新日:

FPSで勝つときの共通点や状況(身体と精神面)

僕が思うFPSで勝てるときの共通点や状況を解説します。

 




集中力が極限になっている、アドレナリンがでている

集中力が極限になっているときやアドレナリンが出ているときはほぼ勝てる気がします。

集中力が極限になったり、アドレナリンがでることはどのような状態のときになるかというと、ゲーム内の状況以外気になることが一切無く、良い意味で周りが見えていない状態で完全にゲームにのめり込んでいる状態・・・表現が難しいですがそんな感じだと思います。

この状態を作り出すのに重要なことは、ゲーム内の状況以外に気になることが無い状態にしておくことです。

例えばマウスが自分のマウスの持ち方に合っていなかったり、手のサイズに合っていなかったらマウスがうまく握れず、気になってしまいゲームに集中できないことがあります。

 

他には姿勢です。

椅子に座る位置や上体を前傾させたり後傾にしたりなど、姿勢が変わると顔とモニターの高さや距離、マウスを持つ手と体との距離や肘の角度などが変わるため、いつもと違う感覚になり違和感を感じて集中できないこともあります。

 

アドレナリンを出すためには集中力を極限にする必要があるので、集中できない要因をなくすことが大切です。

ゲームのみに集中できる環境づくりに努めましょう。

集中力を高める方法はいろいろあります。

 

 

なぜか負ける気がしない

「今撃ちあえばなんか勝てそうだなぁ」と感じるときに撃ちあうと勝てることが多いです。歴が長い方はなら経験したことがあると思います。なにか根拠があるわけでもないのに勝てそうと感じことがあると思います。

僕が思うにコレは過去に似たような場面を見た、経験したことがあるためにそのような感覚になるのではないかと思います。

つまり、経験を増やしていけば特に意識しなくても「なんか勝てそう」という場面が増えていき、勝てる数も増えていくのではないかと思います。そうすることで自信も付くようになり、より確実なものになって行くと思います。

 

 

今の状況が以前に見たことがある場面である

一度経験した場面に遭遇すると考えなくても次の展開を感じ取れるようになります。そうすると事前に心の準備ができたり行動に余裕が生まれるため、敵より一歩秀でた行動が取れるようになるので勝てることが多いです。

 

 

周りが見えている

見えているというのは目視できているということではなく、頭の中で想像できていることや理解している状態のことです。

例えば、味方の位置が理解できていると敵の位置が絞られるし、味方の状況が想像できていると今詰めるべきか周るべきかとかの判断にも役立ちます。

このような周りの状況を想像、理解できているとかなり強気にでれるし、有利に動けるので勝てることが多いです。

 

 

まとめ

FPSにおいて考えうことは戦況を有利に進めるには重要なことですが、時には直感で動くことが必要な部分もあるので、勝てたときにはそのときの状況や状態を頭にインプットしておくといいかもしれません。

 

以上です

 

-FPS共通

執筆者:

スポンサードリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ
CoD:BO4攻略情報まとめ
Apex Legends攻略情報まとめ

【FPS/TPS向け】マウスの選び方徹底解説!おすすめゲーミングマウス
【FPS/TPS向け】マウスパッドの特徴と違い
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS/TPS向けゲーミングヘッドセットおすすめ
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。