FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

FPS共通 デバイス-周辺機器

FPSにおいて使いやすいゲーミングマウスを考察

投稿日:

今までたくさんのゲーミングマウスに触れてきたので、FPSにおいて使いやすいゲーミングマウスの特徴などをまとめておこうと思います。




マウスの形状がマウスの持ち方に合っていること

マウスの形状がマウスの持ち方に合っていること

マウスの形状がマウスの持ち方に合っていないとAIMの正確性や安定性が減ってしまいます。

マウスの持ち方には主に3つあります。かぶせ持ち、つかみ持ち、つまみ持ちです。マウスの持ち方の詳しい説明はこちら⇒マウスの持ち方に最強はない!自分に合う持ち方をしよう

この3つの持ち方それぞれに、使いやすいマウスの形状があります。

かぶせ持ちと相性の良いマウスの形状

かぶせ持ちと相性の良いマウスの形状

基本的にIntelliMouse Explorer 3.0(以下 IE3.0)クローンマウスが使いやすい。代表的なのはRazer DeathAdderです。

かぶせ持ちはマウスに覆いかぶせるように持つ持ち方で、手のひらにフィットしやすい形状のマウスと使うと、かぶせ持ちの強みを最大限に引き出すことができます。

また、かぶせ持ちの場合小さすぎるマウスは相性が良くないです。

マウスが小さいと手のひらとマウスの間に空間ができてしまい、かぶせ持ちではなくつかみ持ちのような持ち方になってしまいます。

かぶせ持ちは手のひら全体でマウスにフィットされてグリップすることで安定的にマウスを保持することができるので空間はあまりないほうが良いです。

つかみ持ちと相性の良いマウスの形状

つかみ持ちと相性の良いマウスの形状

つかみ持ちは大抵のマウスは扱えますが、特に左右対称で長方形型のマウスと相性がいいです。Razer ViperLogicool G Pro Wirelessのようなものです。

つかみ持ちは指と手のひら後部でマウスを支えるのでマウスの幅と長さが重要です。幅に関しては好みですが、長さはある程度ないと手のひらの後部が接地せず、つまみ持ちになってしまうことがあります。

また、高さのあるマウスだと手のひらの腹の部分がマウスに当たってしまい指の操作の妨げになることがあるので、高さの低いマウスを選ぶのもポイントです。基本的に左右非対称のマウスやIntelliMouse Explorer 3.0(以下 IE3.0)クローンマウスなどは高さが高めです。

つまみ持ちと相性の良いマウスの形状

つまみ持ちと相性の良いマウスの形状

つまみ持ちは左右対称の長方形型マウスもしくは左右対称の卵型のマウスと相性が良いです。卵型といえばLogicool G304Logicool G PRO HEROのようなマウスです。

つかみ持ち同様、高さのあるマウスだと手のひらにマウスが当たってしまい指での操作の妨げになるため高さの低いマウスが良いです。

また、つまみ持ちの場合できるだけ小さめのマウスが良いです。つまみ持ちの長所は指で細かい操作ができるところにあるので、小さいマウスを使って指の可動域を広くとっておくことでつまみ持ちの長所を最大限生かすことができます。

長方形型マウスの場合はあまり幅の広くないマウスが良いと思います。(これは好みかもしれない)

 

マウスの重量が合っていること

マウスの重量が合っていること

基本的な話としてマウスの持ち方によってグリップの強さが違うので、重量とマウスの持ち方の組み合わせによっては保持しづらくなってしまうこともあります。

かぶせ持ちは手のひら全体でマウスを支えることができるのである程度重いマウスでも無理なく操作することができます。

つかみ持ちも指と手のひら後部で支えることができるのである程度グリップが強いため、少し重いくらいなら十分違和感なく操作できます。

しかしつまみ持ちは指だけでマウスを支えるためグリップが弱く、重いマウスだと疲労や操作のし辛さにつながってしまいます。なのである程度軽めのマウスを使うと良いです。

ゲーミングマウスは軽ければ軽いほどいい?

では、ゲーミングマウスは軽ければ軽いほどいいのかと言われればそうでもありません。

確かに重いマウスは疲労感や操作のし辛さにつながることがありますが、重いことにもメリットがあります。それは安定感です。

軽いマウスの場合、当然軽い分マウスパッドとの摩擦が減るので軽い力でもマウスが動きます。それはつまり少し指に力が入るだけでもマウスが動いてしまうということになり、AIMのブレや小さな的の狙いづらさにつながります。

重いマウスは摩擦が強い分、少し触れた程度ではマウスは動かないためAIMに安定感が増します。当然重すぎても逆効果ですが。

というわけで、現状分かっていることとしては扱える重量はかぶせ持ち>つかみ持ち>つまみ持ちということは間違いないですが、扱いやすい重量は人それぞれだろうということです。

ちなみに僕はつまみ持ちですが、85g(マウスのみ)くらいが好きです。

 

マウスの重心

かぶせ持ちやつかみ持ちはマウスと接地する箇所が多いため割と安定してマウスを支えることができますが、つまみ持ちの場合親指と薬指と小指のみでマウスを支えるので、マウスの前後の重心が合わずに安定しないことがありました。

僕の場合マウスの前側をつまむので前側が少し重めだとしっくりくる感じがしました。つまむ位置はマウスにもよるので一概には言えませんが・・・。

個人的にはRay-PAWNが重心がバランスよく感じられました。

 

センサーの挙動

ゲーミングマウスの中でもセンサーの挙動がおかしなものもあります。例えばマウスを早く動かすとカーソルが飛んでしまったり、マウスの持ち上げ動作時にマウスを下しきる前にセンサーが反応してしまいAIMがブレてしまうなどです。

カーソルの飛びに関してはIPS(マウスを素早く動かしたときにセンサーが正しく認識できる速度)の関係が大きいと思います。IPSが低いマウスは素早いマウス操作に追い付かず、カーソルが飛んでしまったりするのだと思います。低感度(ローセンシ)プレイヤーはマウスを素早く操作することが多いと思うので、注意です。

センサーテストでカーソルの飛びが発生したタイミングのプロット

センサーテストでカーソルの飛びが発生したタイミングのプロット。

 

マウスの持ち上げ動作時のAIMのブレに関してはリフトオフレンジが長すぎることが原因です。リフトオフレンジとはマウスを持ち上げたときにセンサーが反応する距離のことで、これが長いとマウスを持ち上げたり降ろしたりするときにまだAIMが動いてほしくないときに動いてしまったりすることがあります。

逆に短すぎるとマウスの持ち上げ動作からマウスパッドに置くと同時に視点移動をしようとするとセンサーの反応が遅れてしまい、マウスを動かしているのに視点が動かないというタイミングがでてきます。

今まで扱ってきたゲーミングマウスすべてのリフトオフレンジを見た感じだと、0.3mm以下または1.6mm以上のマウスはちょっと違和感を感じるかもということがわかっています。0.4mmから1.5mmだと割と違和感なくプレイできると思います。

マウスごとのリフトオフレンジです

マウスごとのリフトオフレンジです

 

また、リフトオフレンジはマウスパッドによっても多少変わるので目安として考えてください。

 

ケーブルについて

ケーブルについて

当然のことですが、細くて柔らかい癖の付きにくいケーブルが使いやすい。柔らかければケーブルがものに当たってもバネのように跳ね返ることがない。また、細いケーブルはケーブル自体の重量軽く、マウスパッドとの摩擦が少ない。

また、細いケーブルはマウスバンジーにうまく止まらないことがあるので少し工夫が必要なことがある。

 

ボタンについて

ボタンについて

ボタンもゲーミングマウスによってかなり違いがあります。重いもの軽いもの、深いもの浅いものなど様々です。

これらにもそれぞれ一長一短あります。

ボタンの重いものは強く押さないと反応しないため、誤クリックを予防できます。しかし重いとクリックを高速で押せないというデメリットもあります。

その反面軽いものは高速でクリックしやすいですが、誤クリックがでやすいです。

ボタンの深さも誤クリックやクリックのしやすさに多少関わってきますが、大きくは関係ないように感じます。正直深さは好みで決めてしまってもいいと思います。

また、音の高さや大きさもボタンによって結構違いがあります。音が高めで大きいものはマイクが拾いやすいので地味に気になるポイントです。別に入ってもいいという考えであれば好みでも良いと思います。

サイドボタンに関してはマウスサイドから飛び出しているもののほうが押しやすいです。フラットになっているものは結構押し込まないと反応しないので少し煩わしいです。

スクロールホイールに関してはホイールするたびにこりっこりっと一回一回しっかり止まるものからスッっと軽く回ってしまうものがありますが、FPSに関しては一回一回しっかり止まるほうが良いと思います。軽く回ってしまうホイールだとマウスを持ち上げてから下したときに反応してしまうことがあるのでちょっと重いくらいがベストかと思います。

 

補足

上記のことを踏まえてFPSにおすすめなゲーミングマウスを紹介しています。

-FPS共通, デバイス-周辺機器

執筆者:

スポンサードリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ
CoD:BO4攻略情報まとめ
Apex Legends攻略情報まとめ

【FPS/TPS向け】マウスの選び方徹底解説!おすすめゲーミングマウス
【FPS/TPS向け】マウスパッドの特徴と違い
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS/TPS向けゲーミングヘッドセットおすすめ
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。