デバイス比較・知識

ゲーミングマウスパッドの選び方

投稿日:2021年4月10日 更新日:

ゲーミングマウスパッドの選び方

当サイトはFPS向けにゲーミングデバイスのレビューを行っています。

当記事ではゲーミングマウスパッドの選び方について解説します。




表面の滑りやすさで選ぶ

ゲーミングマウスパッドの一番の違いは表面の滑りやすさです。

ゲーミングマウスパッドの滑りやすさには大きくスピードタイプとコントロールタイプとバランスタイプで分かれます。

スピードタイプの特徴

スピードタイプのマウスパッドは軽い力でマウスを操作することができスムーズな操作が可能です。

軽い力でマウスを操作できる分、敵を追い続けるようなAIMがしやすいです。

初動が軽く素早くマウスを操作することが出来、軽快なマウス操作が好きと言う人に向いています。

その反面でマウスを素早く動かしたときに狙った位置より行き過ぎたり、遠くに敵を狙いときやミリ単位の操作がしにくい場合があります。

コントロールタイプの特徴

コントロールタイプのマウスパッドはある程度力を入れないとマウスが動かないので、狙った位置より行き過ぎたり遠くの敵を狙い時や頭を狙う時のような細かい操作がしやすいです。

指や手に力が入っていても摩擦が手ブレを抑えてくれて安定します。

その反面マウスを一定方向に動かし続けるときに摩擦が強すぎてカクついてしまうという場合があります。

また初動が重く操作時の引っかかりが常に強く、軽快な操作がしにくいことがあります。

バランスタイプの特徴

バランスタイプはスピードタイプとコントロールタイプの中間的な立ち位置のものです。

程よく滑りやすく程よく止めやすいため癖が少なく、滑りにこだわりのない人や初心者向けのタイプかと思います。

ゲーミングマウスパッドの滑りやすさリスト

下の記事で今までレビューしたゲーミングマウスパッドを滑りやすい順にリスト化しています。是非ご参考に。

 

ソフトタイプ(布)とハードタイプ(プラスチック)

ソフトタイプ(布)かハードタイプ(プラスチック)か

ゲーミングマウスパッドには大きくソフトタイプ(布)とハードタイプ(プラスチック)があります。

ソフトタイプ(布)の特徴

ソフトタイプは布製なので手触りが優しく、手首がマウスパッドに擦れても痛くなりにくいです。

ソフトタイプは中間層が柔らかくクッションのように使うことが出来ます。テーブルの角に垂らしてクッション代わりにしたりすることが出来ます。

その反面湿気を吸うので湿気が多い時期だと滑りが悪くなったりすることがあります。

湿気を吸うことは自体は悪いことだけではなく、手汗を吸ってくれるのでペタ付きにくいです。

また表面の滑りやすさのバリエーションも豊富でスピードタイプからコントロールタイプまで選ぶことが出来ます。

ハードタイプ(プラスチック)の特徴

ハードタイプはプラスチック製なので湿気を吸うことが無く、年中を通して滑りを保つことが出来ます。

しかし手汗などは吸ってくれないので、マウスパッドと手のひらがペタ付きやすいです。

また表面がザラザラしているものが多く、手首が擦れると痛くなる場合があります。

クッション性も全くないので、クッション代わりに使うこともできません。

また基本的にハードタイプはスピード特化の表面になっているので、滑りやすさの選びやすさと言う点で劣っています。

 

布タイプマウスパッドの肌触りと湿気の強さ

サラサラとした表面 ザラザラとした表面

同じ布製マウスパッドでも素材(ナイロン・ポリエステル)や織り方/編み方、糸の太さ、密度などに違いがあり、滑走面の質感は大きく異なります。

凹凸が少なくシンプルな編み方しているマウスパッドはサラサラとした表面で肌触りが優しく、手のひらが擦れても痛くなりづらいです。その分湿気の影響を受けやすく肌に張り付きやすいです。コントロール系マウスパッドに多いです。

凹凸が激しく複雑な編み方をしているマウスパッドはザラザラとした表面で通気性に優れ、湿気の影響を受けづらく肌に張り付きにくいです。その分肌触りはあまりよくありません。スピード系マウスパッドに多いです。

素材に関してはポリエステルのほうが吸水性が低く速乾性に優れると言われていますが、素材を明記している製品は少なく、触っても判断付かないのであまり気にする必要はないかと思います。

 

サイズ

サイズ

ゲーミングマウスパッドには同じ種類でも環境に合わせて多種のサイズに分けられているものが多くあります。

「テーブルが小さいから小さめのサイズ」「マウス感度が低いから大きいサイズ」など用途に合わせてサイズを選ぶことができます。

ですが出来れば大きめのサイズを買うことをお勧めします。

小さいサイズを買って後悔することはあっても大きいサイズを買って後悔することはそうそうないと思います。

「大きいサイズだとモニターとかキーボードと重なる」とか「テーブルからはみ出す」とかあるとは思いますがモニターやキーボードはマウスパッドに重ねればいいし、テーブルからはみ出ても垂らしておけばいいので大した問題はないと思います。

マウス感度が高いからあまりマウスを動かさないという場合でも、高いからと言って絶対大振りしないということはないので大きいサイズを買っておくことをおすすめします。

 

厚み

厚み

ゲーミングマウスパッドはものによって厚みが全然違います。

おおよそ2~6mmくらいの幅があり、マウスパッドの使い方によって厚みをどうするか考えればいいです。

ゲームをしていて手首が良く痛くなるという場合やテーブルの角に手を置いてマウス操作をする場合などには厚めのものを選んでおけば、クッション代わりになるので負担を減らすことができます。

 

デザインで選ぶ

デザインで選ぶ

マウスパッドには無地のものからロゴマークや模様が入ったものまで様々なものがあります。

そこで気になるのが「模様が入っているものはセンサー精度に影響はないのか?」ということです。

ということで検証してみました。

ゲーミングマウスRazer DeathAdder EliteLogicool G Pro Wirelessを使ってセンサーテストを行いました。

この2つのマウスを使って、無地マウスパッドLogicool G640と模様ありマウスパッド「ZOWIE G-SR-SE DEEP BLUE」とで比べてみます。

Razer DeathAdder Elite

ZOWIE G-SR-SE DEEP BLUE Logicool G640
G-SR-SE(DeathAdder Elite)(800dpi) DAE400dpi DAE800dpi
G-SR-SE(DeathAdder Elite)(1600dpi) G-SR-SE(DeathAdder Elite)(3200dpi) DAE1600dpi DAE3200dpi

Logicool G Pro Wireless

ZOWIE G-SR-SE DEEP BLUE Logicool G640
G-SR-SE(PRO WIRELESS)(400dpi) G-SR-SE(PRO WIRELESS)(800dpi) PRO WIRELESS400dpi PRO WIRELESS800dpi
G-SR-SE(PRO WIRELESS)(1600dpi) G-SR-SE(PRO WIRELESS)(3200dpi) PRO WIRELESS1600dpi PRO WIRELESS3200dpi

結果はまったく違いはありませんでした。

無地だろうが模様が入ってようが大きな影響はないので、特に気にする必要はないです。

 

ゲームタイトルとの相性

Apex Legends Valorantの場合

同じFPSゲームでもエイムの仕方に違いがあります。

例えばApex Legendsのような敵の体力が多いゲームでは、敵を狙い続けるようなAIMや一定方向に動き続ける敵を狙い続けるAIMをすることが多いので、滑りやすいマウスパッドのほうがスムーズに動かすことができ狙いやすい場合があります。

VALORANTでは、マウスをパッと動かしてパッと止めるフリックショットや小さな頭を狙う場合など、止めやすいマウスパッドでコントロール重視のほうが狙いやすいという場合があります。

もちろんどちらのゲームでも滑りやすさが欲しいときと止めやすさが欲しいときがあるので一概には言えませんが、そういった選び方もあるという話です。

 

おすすめのゲーミングマウスパッド

-デバイス比較・知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ

Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ(300.150)

FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド

FPS向けおすすめのゲーミングヘッドセット

【FPS向け】おすすめのゲーミングキーボード

【FPS向け】おすすめのゲーミングモニター

FPS向けおすすめマウスバンジー

FPS向けおすすめのサウンドカード(USBDAC)

おすすめのゲーミングイヤホン【FPS向け】

【FPS向け】おすすめのゲーミングチェア

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。