デバイス比較・知識

SteelSeriesゲーミングマウス比較

投稿日:2021年6月10日 更新日:

SteelSeriesゲーミングマウス比較

当サイトはFPS向けにゲーミングデバイスのレビューを行っています。

当記事では所持しているSteelSeries(スティールシリーズ)ゲーミングマウスパッドを比較しています。




SteelSeriesゲーミングマウスの種類や特徴

SteelSeriesゲーミングマウスの種類は以下があります。

Rivalシリーズ

Rivalシリーズ

右利き用ゲーミングマウス。

かぶせ持ち向けの左右非対称形状、つかみ持ち/つまみ持ち向けの左右対称形状、軽量、多ボタンとラインナップが豊富。

Senseiシリーズ

Senseiシリーズ

両利き対応のゲーミングマウス。サイドボタンが左右両方に搭載されています。

形状は左右対称形状のみ。

Aeroxシリーズ

Aeroxシリーズ

超軽量デザインゲーミングマウス。シリーズ中で最も軽量。

形状はRival3とほぼ同じで、穴あき構造になっています。

Primeシリーズ

プロゲーマーと共同開発された、競技シーン向けゲーミングマウス。

まだ国内販売されていませんが、販売されたらレビュー予定。

 

性能(スペック)

センサー DPI ポーリングレート 最大認識速度(IPS) 最大加速度(G) スイッチ 耐クリック回数
Rival 110 SteelSeries TrueMove1 200~7200(100刻み) 125/250/500/1000 240 30 SteelSeriesメカニカルスイッチ 3000万クリック
Rival 310 SteelSeries TrueMove3 100~12000(100刻み) 125/250/500/1000 350 50 Omronメカニカルスイッチ 5000万クリック
Rival 3 SteelSeries TrueMove Core 100~8500(100刻み) 125/250/500/1000 300 35 SteelSeriesメカニカルスイッチ 6000万クリック
Rival 3 Wireless SteelSeries TrueMove Air 100~18000(100刻み) 125/250/500/1000 400 40 SteelSeriesメカニカルスイッチ 6000万クリック
Sensei Ten SteelSeries TrueMove Pro 50~18000(50刻み) 125/250/500/1000 450 50 SteelSeriesメカニカルスイッチ 6000万クリック
Aerox 3 Wireless SteelSeries TrueMove Air 100~18000(100刻み) 125/250/500/1000 400 40 SteelSeriesメカニカルスイッチ 8000万クリック

 

形状

Rival 110/Rival 3/Rival 3 Wireless/Aerox 3 Wireless

形状-Rival 110など 形状-Rival 110など-2 形状-Rival 110など-3

Rival 110/Rival 3/Rival 3 Wireless/Aerox 3 Wirelessはほぼ同じ形状をしています。

他のシリーズと比べ、やや小さめの左右対称型マウス。

Aerox 3 Wirelessは穴あきですが、形状自体はほぼ同じ。

両サイドの形状は、前側はフラットで後部にいくほど膨らむ形状をしています。

上面の形状は、一番高い位置が後ろ側にあり手のひら後部に当たりやすい形状をしています。

Sensei Ten

形状-Sensei Ten 形状-Sensei Ten-2 形状-Sensei Ten-3

Rival 110などと同じ左右対称型ですが、少し大きめとなっています。

両サイドの形状は、前側から中央、後部から中央に向かって窪んでいく形状をしています。後部の膨らみが大きめ。

上面の形状はRival 110などと同様に、一番高い位置が後ろ側にあり手のひら後部に当たりやすい形状をしています。

Rival 310

形状-Rival 310 形状-Rival 310-2 形状-Rival 310-3

Rival 310は手のひら全体フィットしやすい左右非対称形状となっています。

 

大きさ(サイズ)

大きさ(サイズ)

Rival 310 > Sensei Ten > Rival 110 = Rival 3 = Rival 3 Wireless = Aerox 3 Wireless

 

重量

マウス 重量
軽い Aerox 3 Wireless 66g
Rival 3 77g(ケーブル除く)
| Rival 110 87.5g(ケーブル除く)
| Rival 310 88.3g(ケーブル除く)
Sensei Ten 92g(ケーブル除く)
重い Rival 3 Wireless 106g(バッテリー×2)、96g(1つのバッテリー×1)

 

サイドのグリップ

Rival 110

サイドのグリップ-Rival 110 サイドのグリップ-Rival 110-2

プラスチック製の小さな〇の突起があり、グリップが掛かるようになっています。

Rival 3/Rival 3 Wireless/Aerox 3 Wireless

サイドのグリップ-Rival 3 サイドのグリップ-Rival 3-2
サイドのグリップ-Rival 3 Wireless サイドのグリップ-Rival 3 Wireless-2
サイドのグリップ-Aerox 3 Wireless サイドのグリップ-Aerox 3 Wireless-2

グリップ対策無し。

Sensei Ten

サイドのグリップ-Sensei Ten サイドのグリップ-Sensei Ten-2

ラバーのような質感のグリップ性の高いマット仕上げ。

Rival 310

サイドのグリップ-Rival 310 サイドのグリップ-Rival 310-2

純シリコン製サイドグリップ。

 

ボタンの数

Rival 110

ボタンの数-Rival 110 ボタンの数-Rival 110-2 ボタンの数-Rival 110-3 ボタンの数-Rival 110-4

ボタンの数は6箇所(左右クリックボタン、左サイド×2、ホイールボタン、ホイール下×1)。

Rival 310

ボタンの数-Rival 310 ボタンの数-Rival 310-2 ボタンの数-Rival 310-3 ボタンの数-Rival 310-4

ボタンの数は6箇所(左右クリックボタン、左サイド×2、ホイールボタン、ホイール下×1)。

Rival 3

ボタンの数-Rival 3 ボタンの数-Rival 3-2 ボタンの数-Rival 3-3 ボタンの数-Rival 3-4

ボタンの数は6箇所(左右クリックボタン、左サイド×2、ホイールボタン、ホイール下×1)。

Rival 3 Wireless

左右クリックボタン サイドボタン スクロールホイール ホイール下 ワイヤレス接続切替スイッチ

ボタンの数は6箇所(左右クリックボタン、左サイド×2、ホイールボタン、ホイール下×1)+ワイヤレス接続切替スイッチ

Sensei Ten

ボタンの数-Sensei Ten ボタンの数-Sensei Ten-2 ボタンの数-Sensei Ten-3 ボタンの数-Sensei Ten-4

ボタンの数は8箇所(左右クリックボタン、左サイド×2、右サイド×2、ホイールボタン、ホイール下×1)。

Aerox 3 Wireless

左右クリックボタン サイドボタン スクロールホイール ホイール下 ワイヤレス接続切替スイッチ

ボタンの数は6箇所(左右クリックボタン、左サイド×2、ホイールボタン、ホイール下×1)+ワイヤレス接続切替スイッチ。

 

ケーブル

Rival 110

ケーブル-Rival 110 ケーブル-Rival 110-2

ビニール製ケーブル、やや硬め。

接合部は高い位置にあり、水平。

Rival 310

ケーブル-Rival 310 ケーブル-Rival 310-2

ビニール製ケーブル、柔らかめ。

接合部は高い位置にあり、水平。

Rival 3

ケーブル-Rival 3 ケーブル-Rival 3-2

ビニール製ケーブル、柔らかめ。

接合部は高い位置にあり、水平。

Rival 3 Wireless

ワイヤレスのみ。

Sensei Ten

ケーブル-Sensei Ten ケーブル-Sensei Ten-2

ビニール製ケーブル、やや硬め。

接合部は高い位置にあり、水平。

Aerox 3 Wireless

充電ケーブル ケーブル-Aerox 3 Wireless-2

ワイヤレスor布製スーパーメッシュUSB-Cケーブル。

 

リフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)

リフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)

※測定マウスパッド:SteelSeries QcK+

リフトオフレンジ(mm)
Rival 110 1.2~1.6
Rival 310 0.8
Rival 3 1.1~1.8
Rival 3 Wireless 1.1~1.2
Sensei Ten 0.8
Aerox 3 Wireless 0.8

全て問題ない長さで、FPSでも違和感なく使用できます。

 

関連記事

SteelSeriesのおすすめゲーミングマウスパッド

SteelSeries以外含むおすすめゲーミングマウスパッド

ゲーミングマウスの選び方

【それぞれのレビュー記事】

SteelSeries RIVAL110をレビュー

SteelSeries RIVAL310をレビュー

SteelSeries Rival3をレビュー

SteelSeries Rival 3 Wirelessをレビュー

SteelSeries Sensei Tenをレビュー

SteelSeries Aerox 3 Wirelessをレビュー

created by Rinker
SteelSeries
¥10,591 (2021/09/25 20:52:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
SteelSeries
¥6,591 (2021/09/25 16:16:04時点 Amazon調べ-詳細)

-デバイス比較・知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ

Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ(300.150)

FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド

FPS向けおすすめのゲーミングヘッドセット

【FPS向け】おすすめのゲーミングキーボード

【FPS向け】おすすめのゲーミングモニター

FPS向けおすすめマウスバンジー

FPS向けおすすめのサウンドカード(USBDAC)

おすすめのゲーミングイヤホン【FPS向け】

【FPS向け】おすすめのゲーミングチェア

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。