デバイス比較・知識

Xtrfy(エクストリファイ)ゲーミングマウスパッド比較【GP1/GP2/GP3/GP4】

投稿日:2021年6月8日 更新日:

Xtrfy(エクストリファイ)ゲーミングマウスパッド比較

当サイトはFPS向けにゲーミングデバイスのレビューを行っています。

当記事では所持しているXtrfy(エクストリファイ)ゲーミングマウスパッドを比較しています。




Xtrfyゲーミングマウスパッドの種類

Xtrfy(エクストリファイ)のゲーミングマウスパッドの種類は以下。

GP1シリーズ

GP1シリーズ

Xtrfyのマウスパッドの中でスピードタイプに該当するソフトタイプ(布製)マウスパッド。

GP2シリーズ

GP2シリーズ

Xtrfyのマウスパッドの中でコントロールタイプに該当するソフトタイプ(布製)マウスパッド。

GP3シリーズ

GP3シリーズ

ハードタイプ(プラスチック製)マウスパッド。

スピードと精度を重視して設計されており、他社のハードタイプマウスパッドと比べるとコントロールが効きやすい滑りになっています。

GP4シリーズ

GP4シリーズ

Xtrfyのマウスパッドの中でバランスタイプに該当するソフトタイプ(布製)マウスパッド。

デザインに拘られておりスウェーデンの画家、Kim Berkhuizen氏による4種類のデザイン(STREET BLUE、STREET PINK、ABSTRACT RETRO、CLOUD WHITE)+無地(ORIGINAL BLACK)となっています。

 

それぞれの梱包状態

梱包状態-GP1 梱包状態-GP2 梱包状態-GP3 梱包状態-GP4

ARTISANの布系マウスパッド(GP1/GP2/GP4)は丸めた状態で梱包されています。

丸めた状態で梱包されているマウスパッドは、取り出したときにどうしても丸め癖が残ってしまうのが難点。

GP3(ハードタイプ)はもちろん平の状態で梱包されています。

 

サイズ・厚さ

M L XL XXL
GP1 320 x 270 x 2mm 460 x 400 x 4mm 920 x 360 x 3mm
GP2 460 x 400 x 4mm 1200 x 600 x 3mm
GP3 420 x 350 x 2.5mm
GP4 460 x 400 x 4mm

 

滑りやすさ比較

マウスを斜面で滑らせて比較する方法と実際に手で滑らせてみて比較する方法で確認しました。

あくまで個人的な感覚なので、参考程度にお考え下さい。

【Xtrfy GP1/GP2/GP3/GP4の滑りやすさ比較】

滑りやすさはGP3 > GP1 > GP4 > GP2って感じでした。

全ゲーミングマウスパッドの滑りやすさリスト

 

表面の質感比較

マウスパッドの表面は素材(ナイロン・ポリエステル)や織り方/編み方、糸の太さ、密度などによって質感が変わります。

GP1

表面の質感比較 - GP1 表面の質感比較 - GP1-2

GP1の表面は糸が細く高密度で、規則的な織り方をされている印象。

横方向の糸が浮いて見える織り方がされており、横方向の滑りが良く縦方向の滑りが悪いです。

サラサラとしていて触り心地が優しく、手のひらに擦れても痛くない表面をしています。

糸が高密度ですが、手のひらの汗でペタ付く感じはありません。

GP2

表面の質感比較 - GP2 表面の質感比較 - GP2-2

GP2の表面は糸が細いですがGP1より密度が薄く、規則的な織り方をされている印象。

縦方向の糸が浮いて見える織り方がされており、縦方向の滑りが良く横方向の滑りが悪いです。

サラサラとしていますがGP1よりも少しザラザラ感がある触り心地、手のひらに擦れても痛くない表面をしています。

糸が高密度ですが、手のひらの汗でペタ付く感じはありません。

GP3

表面の質感比較 - GP3 表面の質感比較 - GP3-2

GP3はハードタイプ(プラスチック製)マウスパッドです。

GP3は他社のハードタイプマウスパッドと比べて、ザラザラ感の強い表面になっています。

そのため、ハードタイプマウスパッドの中ではコントロール寄りのマウスパッドになっています。

ザラザラ感が強いため、手のひらが擦れると痛くなることがあるかもしれません。

GP4

表面の質感比較 - GP4 表面の質感比較 - GP4-2

GP4の表面は糸が太く高密度で、規則的な織り方をされている印象。

横方向の糸が浮いて見える織り方がされており、横方向と縦方向では僅かに横方向の滑りが良いです。

サラサラとしていて触り心地が優しく、手のひらに擦れても痛くない表面をしています。

糸が高密度で、少しですが手のひらの汗でペタ付く感じがあります。

 

裏面のグリップ性

GP1

裏面のグリップ性-GP1

縦と横に切り込みが入ったようなラバーベースで、グリップ性の強い裏面になっています。

マウス操作で動いてしまう心配はありません。

GP2

裏面のグリップ性-GP2

GP1と同様。

GP3

裏面のグリップ性-GP3

丸い突起がポコポコあるラバーベースで、そこそこなグリップ性の裏面になっています。

マウス操作で動いてしまう心配はありません。

GP4

裏面のグリップ性-GP4

スポンジのようなラバーベースで、やや弱めなグリップ性の裏面になっています。

マウス操作で動いてしまう心配はありません。

 

センサーテスト

●GP1

Xtrfy GP1 - 400dpi Xtrfy GP1 - 800dpi
Xtrfy GP1 - 1600dpi Xtrfy GP1 - 3200dpi

●GP2

GP2 - Logicool G PRO X SUPERLIGHT - 400dpi GP2 - Logicool G PRO X SUPERLIGHT - 800dpi
GP2 - Logicool G PRO X SUPERLIGHT - 1600dpi GP2 - Logicool G PRO X SUPERLIGHT - 3200dpi

●GP3

Xtrfy GP3 - 400dpi Xtrfy GP3 - 800dpi
Xtrfy GP3 - 1600dpi Xtrfy GP3 - 3200dpi

●GP4

Xtrfy GP4 - 400dpi Xtrfy GP4 - 800dpi
Xtrfy GP4 - 1600dpi Xtrfy GP4 - 3200dpi

どれも大きな乱れや差はなく、激しいマウス操作でも問題なく反応していました。

 

リフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)

リフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)

GP1 GP2 GP3 GP4
Razer DeathAdder V2 Pro 0.8/1.4/1.8 1.3/1.4/2.0以上 0.8/1.2/1.6 0.8/1.2/1.8
Razer Viper Ultimate 0.6/1.8/1.8 0.6/0.6/1.5 0.6/1.8/1.8 0.6/1.7/1.7
Razer Basilisk Ultimate 0.6/1.2/1.8 0.6/1.4/1.8 0.6/1.4/1.6 0.6/1.4/1.6
Logicool G502WL 0.5 0.6 0.6 0.6
Logicool G703 HERO 0.6 0.6 0.6 0.6
Logicool G PRO X SUPERLIGHT 0.6 0.6 0.6 0.6

全て問題ない長さで、大きな差もないので問題ないかと思います。

リフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)の詳細はこちら

 

関連記事

Xtrfy(エクストリファイ)のおすすめゲーミングマウスパッド

Xtrfy(エクストリファイ)以外含むおすすめゲーミングマウスパッド

ゲーミングマウスパッドの選び方

【それぞれのレビュー記事】

Xtrfy GP1をレビュー

Xtrfy GP2をレビュー

Xtrfy GP3をレビュー

Xtrfy GP4をレビュー

-デバイス比較・知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ

Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ(300.150)

FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド

FPS向けおすすめのゲーミングヘッドセット

【FPS向け】おすすめのゲーミングキーボード

【FPS向け】おすすめのゲーミングモニター

FPS向けおすすめマウスバンジー

FPS向けおすすめのサウンドカード(USBDAC)

おすすめのゲーミングイヤホン【FPS向け】

【FPS向け】おすすめのゲーミングチェア

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。