FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

PUBG

【PUBG】撃ち合わずして勝つ!勝負のリスクを減らすコツ

投稿日:2018年6月24日 更新日:

撃ち合わずして勝つ!勝負のリスクを減らすコツ

前回記事にした『勝てない人必見!ドン勝するコツ』で紹介したことが出来ていれば、TOP10には入れるようになっていると思います。

ですが、ドン勝を取るには最後の一人を倒さなければいけないですよね。

なので、撃ち合いになることは避けられないと思います。

といわけで今回は、撃ち合わずして勝つコツを紹介していこうかと思います。

 




撃ち合わずに勝つのが一番

一方的に撃って反撃される前に倒してしまうのが一番安全です。

その辺を踏まえて、いくつか紹介していきます。

 

出来るだけヘッドショット

出来るだけヘッドショット

出来るだけ頭を撃つようにして逃げられる前に倒すようにしましょう。

初弾から胴体を撃ってしまうと、倒しきれず急いで追いかけて逆にやられてしまう。ということもあります。

なので初弾は頭を狙って、2発目以降は胴体を撃つようにした方が逃げられる前に倒せる可能性が高いです。

もちろん理想は全弾頭に入れることですが、無理に狙って外すよりは無難に胴体を狙ったほうが良い気がします

 

きめ撃ち

きめ撃ち

お互いの位置がばれて、敵が顔を出すのを待ち合ってまま膠着状態になってしまうということが良くあると思います。

そういうときに、自分が先に顔をだして敵の頭がでてくるであろうところを予め撃っておくと案外あたったりします。

敵が顔を出すタイミングは大体の場合、自分が顔を出してから1秒~2秒後くらい顔を出してくる気がします。

このへんは経験をつむことで感覚をつかめてくると思うので、頑張ってやりこんでください。

一つのコツとしては、『自分だったらこのタイミングで顔だすな』というのが敵も同じタイミングだったりします。

 

強いポジションを取り続ける

強いポジションを取り続ける

通常どのFPSゲームにおいても、強いポジションを取れれば有利に立ち回れますが、うまい人なら強いポジションも普通に抜いてきますよね。

ですが、PUBGに関してはポジションを取られるとまじで勝てないです。

なにせTPPモードは顔を出さなくても見ることができますから・・・。

敵が走り出すのを待ってから撃てばいいだけなので簡単に倒せてしまいます。

FPPモードだとしても、顔を出さないと確認はできませんが自分のタイミングで勝負を仕掛けられるのはかなり有利です。

強いポジションとは?

遮蔽物(岩、木、壁など)

身を隠せるほどのへこみ

高所

などです。

基本的にこの強いポジションを常に移動し続けることを意識すればかなり有利に立ち回ることが出来ます。

ですが、敵も強いポジションには敵がいる可能性が高いということをわかっているので、ばれていなくてもクリアリングのグレネードを投げ込んでくることがあります。

強いポジションを取れたからといって、必ず勝てるといわけではないので色々な可能性を考えながら戦いましょう。

 

敵がADSの状態のときは顔を出さない

敵がADSの状態のときは顔を出さない1

敵がADSの状態のときは顔を出さない2

自分が遮蔽物の裏にいて敵が何もない場所に居る場合でも、敵がADS状態のときは顔を出さないようにしましょう。

敵がADS状態のときに顔を出すと、最悪頭を抜かれて負けてしまう場合があります

敵がADS状態のときは顔出さずにじっと待ちましょう

その内敵は走り出すのでその瞬間に撃ち始めましょう

 

敵がいる位置を考えながら移動するー自分が行きたい場所=敵がいる場所

敵がいる位置を考えながら移動するー自分が行きたい場所=敵がいる場所

自分が行きたい場所(強いポジションとか)は敵も同じこと考えていること場合が多いです。

一直線にそこに向かうのでなく、先にグレネードを投げてからとか大きく迂回していくとかして、敵がいないことを確認しましょう。

 

敢えて敵を倒さず先にいかせる

敢えて敵を倒さず先にいかせる

自分が安置外で、自分以外に安置内と安置外に敵がいるとします。

安置に向かわないといけないが敵が居て進めない場合、安置外の敵を先に行かせてその後を追いかけると先に行った敵が安置内の敵に倒されて、もう敵はいないと思い込み警戒しなくなる場合があります。

目の前に敵が居るからといってすぐ撃ってしまうのではなく、敢えて倒さないのも手です。

 

投げ物を投げるフリ

投げ物を投げるフリ

敵が家の中に篭城している場合、グレネードを投げて対応するのもいいのですが、グレネードのピンを抜いて音を立てると敵が出てくる場合があります

グレネードの数が少ないときに、結構有効です。

 

足音を聞く

足音を聞く1

足音を聞く2

PUBGは移動系の動作は全て足音が鳴ります

聞き慣れてくると、方向や距離もある程度わかるようになってきます。

見えていなくとも敵がいることが分かるので、早く迎え撃つことできます。

足音に関しては、イコライザで聞こえやすくすることが出来ます。

デフォルトのままでもある程度は聞こえるのですが、やはりイコライザで設定しておいたほうがかなり聞こえやすいです。

なので、できれば設定しておきましょう。

詳しいイコライザ設定のやり方はこちらをご覧ください⇒【PUBG】足音が聞こえない人必見!壁越しに敵が見えるイコライザ設定!

サウンドカードがない方でもイコライザ設定できます⇒イコライザ設定 – サウンドカード無い人向け設定方法

 

足音を立てない

足音を立てない

敵が近くに居るとき、足音を立ててしまうと警戒されたりグレネードを投げ込まれたりするので出来るだけ動かないか、歩くなどして足音を立てないようにしましょう。

敵にばれていなければ不意をつけるのでかなり楽に倒せるでしょう。

 

マップ形状を覚える

意外と皆していないのがこれです。

マップ形状と言っているのは、街の構造、家の構造、地形などです。

これを出来るだけ細かく覚えておいたほうがいいです。

覚えると言っても、何度もプレイして体にしみこませる感じですが。

覚えているのと覚えていないのではAIM運びにかなり違いが出てきます。

どう違うかというと、こんな感じです。

【覚えていない場合】

常に壁や柵に沿うようにAIMしていって・・・

マップ形状を覚える1

敵がいる場所ににAIMを合わせる

マップ形状を覚える2

【覚えている場合】

敵がいる可能性がある場所に予めAIMを置いておきマップ形状を覚える3

敵が見えるときにはAIMが合っているといった感じ

マップ形状を覚える4

このへんはTPPモードだとあまり重要ではなかったりするのですが、FPPモードでは意識しておくとより早く反応できたりします。

 

車を止めるときはブレーキではなくドリフト

車を止めるときはブレーキではなくドリフト

車を止める際、ブレーキで止めるのではなくドリフトさせるとより早く止めることができます。

ブレーキで止めているとなかなか失速しなくて、事故死や敵に殺されてしまったりするのでドリフトで止めることをおすすめします。

〇ドリフトのやり方

左に曲がるキーor右に曲がるキー + ブーストキー + ハンドブレーキキー

 

その他の敵に撃ち勝てない理由

撃ち合いに勝てない理由としてはプレイの上手い下手だけではありません。

例えば、純粋にPCスペックが足りておらずフレームレートが全然出ていない状態では、撃ち合いもままならないと思います。

一番の解決法はPCを買い換えるかパーツを組み替えるとかするのが良いと思うのですが、ゲーム内設定などを変えることでかなり改善されたりもするので先にその辺も見て貰いたいです。

PUBGを軽量化する方法をまとめています⇒【PUBG】PUBGが重い!軽くしたいという人向け 軽量化方法

 

その他には、敵が見えていなく撃ち合う前に負けてしまう、ということもあると思います。

敵を見やすくする設定をまとめています⇒【PUBG】敵が見えない人必見!見やすくする設定

 

 

こんな感じでしょうか。

今回紹介したものは「なるほど。さっそくやってみよう!」とすぐにできるものではなく何度もプレイして徐々にできるようになっていくものです。

ですが意識してプレイすることで、出来るようになるのも早くなると思うので一つずつでもやってみてもらえるといいかなと思っています。

次回はテクニック的なことを書いてみようと思っています!

追記)2018.7.3

書きました!⇒目指せ自己最多キル!キルを稼ぐコツ

 

以上です

 

 

-PUBG

執筆者:

スポンサードリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ
CoD:BO4攻略情報まとめ
Apex Legends攻略情報まとめ

【FPS/TPS向け】マウスの選び方徹底解説!おすすめゲーミングマウス
【FPS/TPS向け】マウスパッドの特徴と違い
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS/TPS向けゲーミングヘッドセットおすすめ
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。