キーボードおすすめ ゲーミングデバイスおすすめ

Corsairのおすすめゲーミングキーボード

投稿日:2021年5月30日 更新日:

Corsairのおすすめゲーミングキーボード

当サイトはFPS向けにゲーミングデバイスのレビューを行っています。

当記事ではCorsair(コルセア)のおすすめゲーミングキーボードを紹介します。




Corsairキーボードのキースイッチの種類

メンブレン式

メンブレン式

キーの下に回路の張り巡らされたシートがあり、そのシートで押下されたキーを読み取る方式のキーボード。

ほかの方式と比べて安価なのが特徴です。

その分耐久性が低く、押し心地の選択ができずグニグニとした感触になっています。

メカニカル式

メカニカル式

1つのキーに1つのスイッチが設けられている方式。

複数のキースイッチがあり、押し心地や打鍵音、反応速度重視など好みに合わせて選択することが出来ます。

Corsairメカニカルキーボードには以下のキースイッチが採用されています。

●CHERRY MXキースイッチ

スイッチ(軸) Blue Brown Red Speed Silent
打鍵感 カチカチと体感できるほどしっかりとしたフィードバックのある押し心地 BlueとRedの中間 スコスコとスムーズな押し心地 スコスコとスムーズな押し心地 スコスコとスムーズな押し心地
打鍵音 カチカチと心地よい打鍵音 BlueとRedの中間 静音 静音 超静音
押下圧 60g 55g 45g 45g 45g
キーストローク 4.0mm 4.0mm 4.0mm 3.4mm 4.0mm
アクチュエーションポイント 2.2mm 2mm 2mm 1.2mm 2mm
耐久性 5000万クリック 5000万クリック 5000万クリック 5000万クリック 5000万クリック

●CORSAIR OPXキースイッチ

スイッチ(軸) CORSAIR OPX
打鍵感 スコスコとスムーズな押し心地
打鍵音 静音
押下圧 45g
キーストローク
アクチュエーションポイント 1mm
耐久性 1億5000万クリック

 

Corsairキーボードの種類

Corsairキーボードの種類は以下があります。

K55シリーズ

※Corsair製品ページより引用

メディア専用キー、専用マクロキー搭載フルサイズメンブレンキーボード。

取り外し可能なパームレスト付き。

K57シリーズ

※Corsair製品ページより引用

K55のワイヤレス版。

K60シリーズ

※Corsair製品ページより引用

Cherry Violaキースイッチ搭載メカニカルキーボード。

スタイリッシュで頑丈なアルミニウムフレーム。

フルサイズのみ。

K63シリーズ

※Corsair製品ページより引用

専用メディアキー搭載でコンパクトなテンキーレスデザイン。

ゲームに最適なCherry MX Redキースイッチ搭載メカニカルキーボード。

K65シリーズ

※Corsair製品ページより引用

テーブルの省スペース、持ち運びに便利なコンパクトデザイン。

Cherry MX(Red/Speed)キースイッチ搭載メカニカルキーボード。

K68シリーズ

※Corsair製品ページより引用

K65のフルサイズデザイン。

最大IP32の防水防塵、アームレスト付き。

Cherry MX Redキースイッチ搭載メカニカルキーボード。

K70シリーズ

※Corsair製品ページより引用

メディア専用キー、音量ローラー搭載のCherry MXキースイッチ搭載メカニカルキーボード。

スタイリッシュで頑丈なアルミニウムフレーム。

フルサイズ/テンキーレス、Cherry MX(Blue/Red/Brown/Speed/Silent)キースイッチ、高さが低いロープロファイルデザインなどラインナップが豊富。

K95シリーズ

※Corsair製品ページより引用

メディア専用キー、専用マクロキー、音量ローラー、アームレストなどキーボードの機能がフル搭載されているメカニカルキーボード。

Cherry MX(Blue/Brown/Speed)キースイッチ搭載。

フルサイズのみ。

K100シリーズ

※Corsair製品ページより引用

メディア専用キー、専用マクロキー、音量ローラー、アームレストなどキーボードの機能がフル搭載されているメカニカルキーボード。

キースイッチはCherry MX SpeedとCORSAIR OPXが採用されています。

CORSAIR OPXは光学スイッチで超高速かつ1億5000万クリックの高耐久を実現しています。

K100は4000Hzのハイパーポーリングで高速な応答速度を実現しています。

STRAFEシリーズ

※Corsair製品ページより引用

Cherry MX(Blue/Brown/Speed/Silent)キースイッチ搭載メカニカルキーボード。

ライティング機能が豊富でダイナミックな演出が可能。

フルサイズのみ。

人気なシリーズ

K63、K65、K70が特に人気で中でもCherry MX(Red/Speed)キースイッチを搭載しているモデルが人気です。

RedとSpeedキーは打鍵音が静かで、Speedキーはアクチュエーションポイントが短いため反応速度が速くゲームに適しています。

 

ゲーミングキーボードの選び方

ゲーミングキーボードは自分に合ったものを選択することで、より気持ちよくゲームや作業をすることが出来る様になります。

細かい部分での選び方はこちら

 

Corsairのおすすめゲーミングキーボード

Corsair K63

キースイッチ メカニカル式|CHERRY MX REDスイッチ アクチュエーションポイント 2.0mm
奥行 171mm キーストローク 4.0mm
356mm 押下圧 45g
高さ 41mm レポートレート 1000hz
接続方法 ゴム製USBケーブル 同時押し
フォームファクター テンキーレス 配列 日本語配列

【特徴】

  1. CHERRY MX REDスイッチ搭載
  2. コンパクトなテンキーレスデザイン
  3. 赤色LEDバックライト
  4. 日本語配列
  5. 専用メディアキー搭載

【⇓レビュー記事⇓】

 

Corsair K65 RAPIDFIRE

キースイッチ メカニカル式|CHERRY MX SPEEDスイッチ(銀軸) アクチュエーションポイント 1.2mm
奥行 166mm キーストローク 3.4mm
356mm 押下圧 45g
高さ 37mm レポートレート 1000hz
接続方法 USBキーボードプラグ、USBパススループラグ 同時押し
フォームファクター テンキーレス 配列 日本語配列、英語配列

【特徴】

  1. アクチュエーションポイントが1.2mmと短くキー反応が高速
  2. 打鍵時のカチカチ音がなく静音で押下圧が軽く滑らかなクリック感
  3. 取り外し可能なパームレスト付き

【⇓レビュー記事⇓】

 

Corsair K70 RGB MK.2 RAPIDFIRE

キースイッチ メカニカル式|CHERRY MX スイッチ(Blue、Brown、Red、Speed、Silent) アクチュエーションポイント Blue:2.2mm|Brown:2.0mm|Red:2.0mm|Speed:1.2mm|Silent:1.9mm
奥行 165mm キーストローク Blue:4.0mm|Brown:4.0mm|Red:4.0mm|Speed:3.4mm|Silent:3.7mm
436mm 押下圧 Blue:60g|Brown:55g|Red:45g|Speed:45g|Silent:45g
高さ 38mm レポートレート 1000hz
接続方法 布製USBケーブル 同時押し
フォームファクター フルサイズ 配列 日本語配列

【特徴】

  1. CHERRY MX スイッチ(Blue、Brown、Red、Speed、Silent)搭載
  2. 作業に向いているフルサイズデザイン
  3. 日本語配列
  4. 専用メディアキー搭載

【⇓レビュー記事⇓】

 

補足

Amazonプライムを利用するといろいろお得

Amazonでよく買い物をする方はAmazonプライムを利用するとお得です。

プライム会員だと「注文金額が2000円未満」「お急ぎ便」「日時指定」でも配送料が無料だったり、TwitchPrime限定のゲームアイテムを貰えたりといろいろな特典があります。

下の記事でAmazonプライムのゲーマー向けの特典情報をまとめているので、よければ参考にしてみてください。

-キーボードおすすめ, ゲーミングデバイスおすすめ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ

Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ(300.150)

FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド

FPS向けおすすめのゲーミングヘッドセット

【FPS向け】おすすめのゲーミングキーボード

【FPS向け】おすすめのゲーミングモニター

FPS向けおすすめマウスバンジー

FPS向けおすすめのサウンドカード(USBDAC)

おすすめのゲーミングイヤホン【FPS向け】

【FPS向け】おすすめのゲーミングチェア

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。