FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

デバイス-周辺機器

FPSゲーマーによるおすすめのゲーミングキーボード紹介【2020年】

投稿日:

FPSゲーマーによるおすすめのゲーミングキーボード紹介【2020年】

当サイトは主にFPSを観点にゲーミングデバイスのレビューを行っています。

当記事ではおすすめのゲーミングキーボードを紹介します。




普通のキーボードとゲーミングキーボードとの違い

普通のキーボードとゲーミングキーボードとの違い

普通のキーボードとゲーミングキーボードには様々な違いがあります。

1つはキースイッチに違いがあります。FPSのようなコンマ数秒で勝敗が決まるゲームではゲーミングデバイスは高速な応答速度が求められます。ゲーミングキーボードも同様に応答速度を速くするため、キースイッチに様々な工夫がされています。また、クリック感やクリック音が違うキースイッチがあり自分の好みに合わせて選ぶことができます。

もう1つは同時押し(Nキーロールオーバー、アンチゴースト)に対応していることです。ゲーム中はキーを同時押しすることが多いため、同時押しに対応していないと操作性が落ちます。

もう1つはソフトウェアによるキーボード設定を行うことができることです。ショートカットやマクロなどのキー割り当てができるのでゲームの操作がよりやりやすくなります。

もう1つはライティングです。ゲーミングキーボードのライティングは色、明るさ、エフェクトなど細かく設定することができるため自分好みのライティングを作ることができます。キーボードによってはよく使うキー、補助系操作のキーなどでライティングを分けて視覚で判断したりすることもできます。

 

ゲーミングキーボードの種類

ゲーミングキーボードの構造にはいくつか種類があります。基本的には3種類あり特徴は以下のようになります。

メンブレン方式

メンブレン方式

キーの下に回路の張り巡らされたシートがあり、そのシートで押下されたキーを読み取る。

1シートで全てのキーの読み取りを行っており、ほかの方式と比べると安価。

キーを押し戻す機構としてラバードームを採用しているので、打ち心地が良くない。

耐久性が低め。

メカニカル方式

メカニカル方式

1つのキーに1つのスイッチが設けられているため、メンブレン方式と比べると値段が高い。

スイッチはいくつか種類があり、青軸、赤軸、茶軸のように軸の種類が別れる。

青軸:打鍵時にカチッと音がなり、しっかりとした打鍵感がある。

赤軸:打鍵時の音がなく、スコスコした打鍵感。

茶軸:青軸と赤軸の中間。

耐久性が高い。

静電容量無接点方式

物理的な接触がないため、耐久性がとても高い。

非常に高価。

どれがおすすめ?

「初めてゲーミングキーボードを買うからお試しで安めのものが良い」という方はメンブレン方式のキーボードがおすすめです。とにかく値段が控えめなので手を出しやすいです。押し心地、応答速度、同時押しなどがあまり良いものではないのでその点は注意です。

「ゲームをガチでやりたい」という方はメカニカル方式がおすすめです。現状ゲーミングキーボードの主流になっているのはメカニカル方式で、一番種類が豊富です。自分好みのキーボードを選びやすく押し心地、応答速度、同時押しなども良いものが多いです。

静電容量無接点方式は非常に高価で種類も少ないので拘りがないのであればメカニカルキーボードで良いと思います。

 

ゲーミングキーボードの選び方

配置のしやすさ(省スペース性)

Apex Pro-ニュートラル Cynosa Lite-ニュートラル

キーボードにはテンキーがあるものとないものがあります。基本的にゲーム目的でキーボードを買う場合はテンキーレスのものをおすすめします。

テンキーがあるものは横幅が長いので、マウスを激しく動かしたときにキーボードにぶつかってしまうことがあります。テンキーレスであれば横幅もかなり短くなるのでマウスの可動域をしっかり確保でき、テーブルの上もスッキリします。

なので文字入力などの作業等でよくテンキーを使うという方以外はテンキーレスをおすすめします。

打鍵感(クリック感)

キーボードのクリック感は様々なものがあります。

打鍵時にカチッとしっかりとしたクリック感あるものからスコスコとしたまったく返しがないものもあります。

また、クリックの重さ(押下圧)が軽いものから重いものまで様々です。

人それぞれに好きな打鍵感があると思いますので、しっかり確認しておいたほうがいいです。

打鍵音(クリック音)

打鍵時にカチッと音がするものやまったく音がしないものがあります。

打鍵音はゲーム中のボイスチャットなどで相手に迷惑かけてしまう原因になることもあるため、気になる方は音が控えめなタイプを選ぶのもありです。

応答速度

アクチュエーションポイント

キーボードは応答速度(押下してから画面に反映されるまでの時間)が異なります。

単純にキースイッチの性能差で応答速度に差がでてしまうということもありますが、それは大した影響にはなりません。

応答速度に差が出る要因で一番大きいのは「アクチュエーションポイント」です。

アクチュエーションポイントとはキーの押下時にスイッチがOFFからONに切り替わる距離のことです。ストロークとは違い、ストロークはキーの押し始めから押し切るまでの距離です。

アクチュエーションポイントが長いとその分押し始めてからスイッチが切り替わる位置にたどり着くまでの時間が長くなるのでその分応答速度が遅くなります。逆に短ければ短いほどスイッチが切り替わる位置にたどり着くのが速くなるのでその分速くなります。なので応答速度が速いものが良い場合にはアクチュエーションポイントが短いものを選べば良いのです。

しかしアクチュエーションポイントが短いとキーに触れるだけで反応してしまうことがありミスタイプや誤操作につながることもあります。なので短すぎてもそれはそれで問題になります。

なのでゲームしかしないからゲーム用に応答速度重視でアクチュエーションポイントが短いものを買うとか、作業もしたいからミスタイプしないように短すぎない物を買うなどしっかり考える必要があります。

ちなみに個人的な感覚ですが1.5mm以下だとミスタイプや誤操作が頻繁に出るイメージでした。それ以上であれば問題なく扱えます。

ゲーミングキーボードの中にはこのアクチュエーションポイントと調節できるものもありますがかなり高額です。

ライティング(バックライト)

ライティング(バックライト)

ライティングはキーボードによってカスタマイズできる幅がかなり違います。

安いキーボードになるとカスタマイズの幅もクオリティも悪くなります。

ライティングにこだわりたいのであれば高めのキーボードを買う必要があります。※ライティングの参考動画も張っているので是非参考にしてください。

キー配列

日本語配列 英字配列

キー配列は日本語配列のものと英字配列のものがあります。

英字配列の違いは一部のキーの形状やサイズの違い、「全角/半角」「変換」「無変換」がない、キーの配置が違うなどがあります。

普段から英字配列を使っていて慣れているという人以外は日本語配列のキーボードを選んだほうが無難かと思いますが、中には英字配列しかないものもあります。

そのキーボードが日本語配列なのか英字配列なのかしっかり確認しておかないと後で後悔することになるので注意です。

同時押しが可能か

同時押しが可能か

ゲーム中は同時押しをすることが多いためキーボードは同時押しがいくつまで同時押し可能なのか確認しておく必要があります。

大抵のゲーミングキーボードはAmazonの場合は製品概要欄、商品ページなら仕様欄書いているとは思いますが、「10キーロールオーバー」とか書いていると思います。

しかしこの「10キーロールオーバー」とかの数値は案外あてになりません。「10キーロールオーバー」と書いてある商品でも実際に使ってみるとキーの組み合わせによっては3つ以上ボタンを押すと反応しないor別のキーが反応してしまうということがありました。

当記事で紹介するゲーミングキーボードはその辺も全て確認済みなのでその点も合わせて確認しておいていただければと思います。

 

おすすめのゲーミングキーボード

Logicool G Pro Xキーボード

キースイッチ メカニカル式、GX BLUEクリッキー(青軸) アクチュエーションポイント 2.0mm
奥行 153mm キーストローク 3.7mm
361mm 押下圧 50g
高さ 34mm レポートレート 1000Hz
接続方法 着脱式ケーブル 1,8 m 同時押し
テンキー クリック感 カチッとしっかりとした跳ね返りのあるクリック感
配列 日本語配列 クリック音 カチカチっとしっかりとした音

プロゲーマーの使用率が高いゲーミングキーボードです。

このキーボードはキースイッチを交換できることが特徴です。

キースイッチはGX BLUEクリッキー(青軸)、GX REDリニア(赤軸)、GX BROWNタクタイル(茶軸)」の3種類があり特徴は以下になります。

GX BLUEクリッキー(青軸) GX BROWNタクタイル(茶軸) GX REDリニア(赤軸)
フィードバックタイプ 耳に心地よいクリック音 確かなフィードバック なめらかでスムーズ
アクチュエーション ポイント 2.0mm 2.0mm 1.9 mm
キーストローク 3.7mm 3.7mm 4.0mm
平均押下圧 50g 50g 50g
タクタイル圧 60g 60g なし

GX BLUEクリッキー(青軸)が標準搭載されており、GX REDリニア(赤軸)、GX BROWNタクタイル(茶軸)に変えたい場合は別途購入する必要があります。なのでGX BLUEクリッキー(青軸)以外を使いたい場合は少し値段がかさみます。

テンキーレスで省スペースなので配置がとても楽なのもポイントが高いです。

詳しくは以下をご覧ください。⇓レビュー記事⇓

【Logicool G Pro Xキーボードのライティング】

【Logicool G Pro Xキーボードの打鍵音】

 

Logicool G213 Prodigy

キースイッチ メンブレン式、MECH DOME(ラバードーム) アクチュエーションポイント
奥行 218mm キーストローク
452mm 押下圧
高さ 33mm レポートレート
接続方法 ファイバーケーブル(1.8m) 同時押し 3か所以上同時押しの場合、一部反応しないキーあり
テンキー クリック感 やや軽めで、グニグニとしたクリック感
配列 日本語配列 クリック音 とても静かでスコスコといった感じ

Amazon売れ筋ランキングでトップのゲーミングキーボードです。

メンブレンキーボードなので打鍵感は少しグニグニとした感じがあります。打鍵音が静かでマイクで拾いづらくボイスチャットなどで相手に迷惑を掛けません。

安めなキーボードで良いのですが、かなり大きめなゲーミングキーボードなので配置することを考えて購入したほうがいいです。

また、同時押しが3つ以上できないキーがあるのでその点も注意が必要です。

詳しくは以下をご覧ください。⇓レビュー記事⇓

【Logicool G213 Prodigyのライティング】

【Logicool G213 Prodigyの打鍵音】

 

Razer BlackWidow Lite JP

キースイッチ メカニカル式、RAZER オレンジスイッチ アクチュエーションポイント 1.9mm
奥行 133mm キーストローク 4.0mm
361mm 押下圧 45g
高さ 36mm レポートレート 1000hz
接続方法 マイクロUSB(ストラップ付き、取り外し可能な編組ファイバー被膜ケーブル) 同時押し
テンキー クリック感 控えめなクリック感、僅かな返し
配列 日本語配列 クリック音 静か目で控えめなクリック音

Razer BlackWidow Liteの日本語配列版ゲーミングキーボードです。

Razer BlackWidow Lite JPはRAZER オレンジスイッチを搭載しています。そのほかのRazerのキースイッチの特徴は以下になります。

RAZER グリーンスイッチ RAZER オレンジスイッチ RAZER イエロースイッチ
アクチュエーション ポイント 1.9mm 1.9mm 1.2mm
キーストローク 4.0mm 4.0mm 3.5mm
平均押下圧 50g 45g 45g
特徴 しっかりとしたクリック感とクリック音がなる。 僅かなクリック感と静かなクリック音。 速い反応速度と静かなクリック感。クリック感はない。

RAZER オレンジスイッチは中間的にはクリック感を持つスイッチで、控えめなクリック感としっかりとした静音性が特徴です。

付属に静音性を高める「O-リング」が備わっており、これを付けることでさらに静かな打鍵音にすることができます。

また、ライティングは白のみとなっているので注意。

詳しくは以下をご覧ください。⇓レビュー記事⇓

【Razer BlackWidow Lite JPのライティング】

【Razer BlackWidow Lite JPの打鍵音】

 

Razer Cynosa Lite

キースイッチ メンブレン式 アクチュエーションポイント
奥行 174mm キーストローク
457mm 押下圧
高さ 33mm レポートレート 1000hz
接続方法 USB(取り外し不可) 同時押し 3か所以上同時押しの場合、一部反応しないキーあり
テンキー クリック感 やや重めで、グニグニとしたクリック感
配列 日本語配列 クリック音 とても静かで底打ち音もあまりない

Cynosa Chromaのライト版?ライティングや2段階調節スタンドなどの一部機能が少なくなっています。

メンブレンキーボードなので打鍵感は少しグニグニとした感じがあります。打鍵音が静かでマイクで拾いづらくボイスチャットなどで相手に迷惑を掛けません。

テンキーがあるタイプでかなり大きめのキーボードなので配置のことを考慮して購入する必要があります。

また、同時押しが3つ以上できないキーがあるのでその点も注意が必要です。

詳しくは以下をご覧ください。⇓レビュー記事⇓

【Razer Cynosa Liteのライティング】

【Razer Cynosa Liteの打鍵音】

 

Razer Huntsman TE

キースイッチ メカニカル式、RAZERリニアオプティカルスイッチ アクチュエーションポイント 1.0mm
奥行 140mm キーストローク
362mm 押下圧 40g
高さ 37mm レポートレート 1000hz
接続方法 取り外し可能な USB-C 編みファイバーケーブル 同時押し
テンキー クリック感 とても軽く、タクタイルの全くないスコスコとしたクリック感
配列 英字配列 クリック音 押下中の音は静か、底打ち音がやや強め

究極の速度を求めたゲーミングキーボード。

Razer Huntsman TEはRAZERリニアオプティカルスイッチを搭載しています。

RAZERリニアオプティカルスイッチはアクチュエーションポイントが短いため、高速な応答速度を可能にしています。打鍵から画面へ反映される時間が速いのでコンマ数秒で争うゲームでは強みになります。

しかしアクチュエーションポイントが短い分、文字入力などの作業ではミスタイプが出やすいため、ゲーム特化のゲーミングキーボードといった感じです。

詳しくは以下をご覧ください。⇓レビュー記事⇓

【Razer Huntsman TEのライティング】

【Razer Huntsman TEの打鍵音】

 

SteelSeries Apex Pro

キースイッチ メカニカル式、OmniPointスイッチ アクチュエーションポイント 0.4~3.6mm
奥行 139.26mm キーストローク 3.6mm
355.44mm 押下圧 45g
高さ 40.44mm レポートレート 1000hz
接続方法 USBキーボードプラグ、USBパススループラグ 同時押し
テンキー クリック感 タクタイルの全くないスコスコとしたクリック感
配列 日本語配列 クリック音 とても静か、底打ち音が少し強め

おそらく現状最強であろうゲーミングキーボードです。

機能が多すぎてここには書ききれないですが一番の強みはアクチュエーションポイントを調節できることです。

0.4~3.6mmまでのアクチュエーションポイントを調節することができ、ゲームや作業等目的に合わせてアクチュエーションを使い分けることができます。

そのためゲーム用、作業用とキーボードを別途購入する必要がなくこれ1つあればすべてこなせる素晴らしいキーボードです。

その他機能も豊富でゲーミングキーボードのできる機能は全て備わっているともいえますが、その代償として超高額になっています。公式ページで見た「人生で最後に購入する究極のキーボード」にふさわしいゲーミングキーボードです。

詳しくは以下をご覧ください。⇓レビュー記事⇓

【SteelSeries Apex Proのライティング】

【SteelSeries Apex Proの打鍵音】

 

NPET K10

 

キースイッチ メンブレン式 アクチュエーションポイント
奥行 134mm キーストローク 3.6mm
439mm 押下圧 55±7g
高さ 35mm レポートレート
接続方法 USB(ファイバーケーブル) 同時押し 3か所以上同時押しの場合、一部反応しないキーあり
テンキー クリック感 やや重めで、グニグニとしたクリック感
配列 日本語配列 クリック音 とても静か、一部のキーは押下時に金属音がなる

Amazon売れ筋ランキングで上位のゲーミングキーボードです。

中国製激安キーボードなのでお遊び程度に購入したものですが、意外と普通に使えました。

使い心地は有名メーカーのメカニカルキーボードと比べると劣りますが、お試し用という見方をすれば全然ありなキーボードです。

気になる点としては3つ以上の同時押しは反応しないキーがあるという点で、ガチでゲームをやりたいという方には向いていないので注意です。

詳しくは以下をご覧ください。⇓レビュー記事⇓

【NPET K10のライティング】

【NPET K10の打鍵音】

-デバイス-周辺機器

執筆者:

スポンサードリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ
CoD:BO4攻略情報まとめ
Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ
【2020年】FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド(300.150)
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS/TPS向けゲーミングヘッドセットおすすめ
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう
FPSゲーマーによるおすすめのゲーミングキーボード紹介【2020年】

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。