FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

デバイス-周辺機器

Glorious Model O-をレビュー

投稿日:2020年1月24日 更新日:

Glorious Model O-をレビュー

当サイトはゲーミングデバイスをFPSに観点を置いてレビューしています。

今回はGlorious PC Gaming Race(グロリアス)のゲーミングマウス「Glorious Model O-」をレビューしていきます。




Glorious Model O-の特徴

Glorious Model O-の特徴

Model O-はModel Oのスモールサイズ

Model O-はModel Oより小さいサイズでよりつまみやすいサイズとなっている。

マウスと手のひらの接地面が少なくなるので指での操作がしやすくなる。

軽量化の鍵であるハニカム構造

マウスの上面と底面が穴あきになっており、非常に軽いマウスになっている。

穴あきだとほこりが入ってしまいそうだが、エアー掃除で簡単に綺麗にすることができる。

穴あき部分が手のひらに当たることが少ないので、嫌な気分になることもない。

 

Glorious Model O-のパッケージ内容

Glorious Model O-のパッケージ内容

Glorious Model O-本体、スタートクイックガイド、ラベル等。

 

Glorious Model O-の形状・外観

全体 Gloriousのキャラクター ロゴ

形状は長方形型の左右対称マウスで小さめなマウスです。

全体的に黒一色で光沢は少ないマットタイプ。(光沢があるタイプもあります)

左サイドにはGloriousのキャラクター、右側にロゴが描かれています。

上面と底面に穴が開いており、穴あき部分は手のひらに触れづらいようになっています。

ライティングは両サイドとスクロールホイールが点灯するようになっています。

左サイドの形状

左サイド 左サイド2

水平方向の曲線は浅めです。

垂直方向の曲線は下から上に広がるような形状になっています。

マウスを持ち上げたときに親指に引っかかりやすくなっているので保持がしやすいです。

右サイドの形状

右サイド 右サイド2

左サイドと形状は同じです。

右サイドは薬指と小指を立てるか寝かせるかでかなり持ちやすさが左右します。

指を立てて持つ場合はうまく引っかかって保持しやすいですが、指を寝かせて持つ場合はイマイチフィットしない感覚がしました。

サイドの滑り止め

滑り止めラバーは張られていません。

マウス自体の重量が軽いため滑り止めラバーが無くても十分保持できます。

表面の形状と質感

左サイド 前部 後部

表面の凸のトップは前後左右ともに中央にあります。

マウス後部の高さが低く、手のひらに接地しづらいようになっています。

つまみ持ち的にはプラスですが、かぶせ持ちとつかみ持ち的にはマイナスです。

表面の質感はサラサラしています。指紋が目立たなくて素晴らしい。(マットタイプの場合)

ソールと滑りやすさ

ソール

ソールは4つ角に1枚づつ張られています。

ソールがかなり厚めで底面から飛び出て見えるような感じになっています。

滑りはとても良いですが、若干マウスパッドを擦るような感じなることがあります。

重量

重量

重量は58g前後です。ケーブル分の重さが入るとこれより少し重くなったりします。

左右対称マウスの中でもトップクラスの軽さです。

ケーブル

ケーブル

ケーブルはファイバーケーブルでとても柔らかいです。

癖も付きづらくマウスパッドとの摩擦もかなり少ないと思います。

太さは比較的太めです。

ケーブル自体の重さもかなり軽くマウスを大きく振ってもほとんど抵抗がありません。

 

Glorious Model O-のボタンとクリックについて

左右メインボタン

左右メインボタン

深さ、重さともに標準的。

クリック時は小さめな軽快な音がなります。

高速クリックは少し力がいるイメージ。

サイドボタン

サイドボタン

サイドボタンは左サイドだけあります。

表面からのはみだしもそれなりにあり、とてもおしやすいです。

サイドボタンの位置がやや前部よりになっており、前側のサイドボタンが少し押しづらいです。もう少し中央寄りにあったらもっとよかったようにも感じられました。

スクロールホイール

マウスホイール

スクロールの重さは結構軽めです。1スクロールごとのロックはかなり弱くスーっと回りやすいタイプです。

スクロールボタンの重さはやや重めです。

 

Glorious Model O-のソフトウェア

DPISetting

DPI

DPIの設定を行うことができます。

DPIは400~12000の間を100刻みで設定できます。

感度ステージは6個まで設定でき、それぞれステージごとに色を割り振ることでどのステージが選択されているか判断できます。

Lighting

ライティング

ライティング設定を行うことができます。

ライティングパターンや色、点滅速度や光の流れる速度など細かく設定することができます。

〇ライティングパターン

  • Glorious Mode:様々な色が滑らかにウェーブする
  • Seamless Breathing:様々な色が全体的に滑らかに変化する
  • Breathing:選択されている色がフェードイン/フェードアウトする
  • Single Color:1つの色が点灯する
  • Breathing(Single Color):1つの色がフェードイン/フェードアウトする
  • Tail:様々な色が流れるように点灯する
  • Rave:2色の色が点滅する
  • Wave:様々な色が断片的に流れる
  • LED OFF:点灯なし

Mouse Parameter

リフトオフレンジ

リフトオフディスタンスを調整することができます。

リフトオフディスタンスとはマウスを持ち上げたときにセンサーが反応する距離のことです。

2~3mmのみ調整できます。

詳細は下記の『Glorious Model O-のリフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)』を参照ください。

Polling Rate

ポーリングレート

ポーリングレートの設定を行うことができます。

1秒間にマウスの操作情報を送信する回数です。

FPS的には高い数値のほうが有利になります。

125/250/500/1000hzの中から選択できます。

Debounce Time

Debounce Time

クリック連打速度を調整するもののようです。

数値をいじってみましたが特に変化はなかったです。

 

Glorious Model O-の性能(スペック)

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI切替ボタン)
ケーブルタイプ ファイバーケーブル
ケーブル長 2m
長さ 120mm
上部:58mm、中間:58mm、下部:63
高さ 36mm
重量 58g(ケーブルを除く)
DPI 400~12000dpi(100刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000hz
最大認識速度 250IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 2000万回
センサー Pixart PMW-3360 Sensor

ゲーミングマウスに良く使われる用語集

 

Glorious Model O-の使用感

実際にゲームをプレイしてみたところ、センサーの挙動に違和感などは一切ありませんでした。変な飛びもないし横に真っすぐ動かせば横に真っすぐ動くし縦も同様です。

次はマウスの持ち方ごとの使用感です。ちなみに僕の手のサイズは中指の先端から手首までで約18.5cmです。

かぶせ持ちでの使用感

かぶせ持ちでの使用感

使いやすさ:✖

保持しにくいです。

マウスサイド部分に当たるところでしかマウスを保持できません。手のひらにほとんど接地せずとても不安定でした。

無理にかぶせるように保持すると手のひらがマウスパッドに触れる範囲が広くなってしまい、抵抗を強く感じるようになってしまいました。

かぶせ持ちをする場合には小さすぎるマウスだと思います。

つかみ持ちでの使用感

つかみ持ちでの使用感

使いやすさ:✖

つかみ持ちができません。

手のサイズにもよるところはあるとは思いますが、小さめのマウスかつマウス後部の高さも低いので手のひら後部がほぼ接地しないため、指のみでマウスを支えるようになってしまいます。

無理に手のひら後部を接地させようとすれば、手のひらがマウスパッドに当たってしまい非常に扱いにくくなっていまいました。

手の小さな方なら扱いやすいこともあるかもしれませんが、普通サイズの人がつかみ持ちをする場合には向いていないと思います。

つまみ持ちでの使用感

つまみ持ちでの使用感

使いやすさ:〇

とても保持しやすく、操作もしやすいです。

マウスが小さいので指での操作を妨げることがなく、垂直方向のAIMやリコイルコントロールがとてもやりやすいです。

重量が軽いという点でも指の疲れを感じさせないので長時間のプレイにも向いています。

 

センサーテスト

『MouseTester』というソフトを使ってテストを行いました。

  1. 波線が綺麗に続いているほど、カーソルが飛んでしまうなどのおかしな挙動がない。
  2. ラインの動きドットの動きが一致しているほど、マウスの移動距離に対してのカーソルの移動距離が正確。

悪い例

FPSをプレイ中よくAIMが飛んでしまうマウスでのテストです。

○テスト環境

DPI:400

ポーリングレート:1000

よく飛ぶマウス

波線が途中で乱れているのは実際にカーソルが飛んでしまっている部分です。こういった波の乱れがあるものは良好なセンサーとは言えないです。

Glorious Model O-のセンサーテスト

400dpi 800dpi
1600dpi 3200dpi

おおむねラインとドットが沿っているので良い結果だったと言えると思います。

今までレビューしてきたマウスでもここまで綺麗なものはなかなかないので、優秀なセンサーだと思います。

 

Glorious Model O-のリフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)

リフトオフレンジとは?

マウスを持ち上げたときにセンサーが感知する距離のことです。

このリフトオフレンジが長すぎると、マウスの持ち上げ動作時にセンサーが反応しなくていいタイミングで反応してしまいAIMがぶれてしまいます。

逆に短すぎるとマウスの持ち上げ動作からマウスパッドに置くと同時に視点移動をしようとするとセンサーの反応が遅れてしまい、マウスを動かしているのに視点が動かないタイミングがでてきます。

なのでリフトオフレンジは長すぎても短すぎてもダメということです。

リフトオフレンジの許容範囲

Glorious Model O-のリフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)

画像の緑色の部分が違和感なくゲームプレイできた長さ、黄色い部分がセンサーの挙動に違和感を感じた長さです。

今のところ分かっていることはリフトオフレンジが0.3mm以下または1.6mm以上のマウスはちょっと違和感を感じるかもということです。

また、許容範囲内でもできるだけ短めのほうが違和感は少ないと言えると思います。これは個人的な意見ですが。

ちなみに比較時に使ったマウスパッドはSteelSeries QcK+です。

Glorious Model O-のリフトオフレンジ

リフトオフレンジ

MouseParameterのLODの設定によってリフトオフレンジが変わります。

  • LOD2mm:0.4mm
  • LOD3mm:1.3mm

LODの設定によってかなりリフトオフレンジが変わりますね。どちらも許容範囲内ですがLOD2mmのほうがやりやすいと思います。

 

Glorious Model O-の滑りやすさ

滑りやすさ比較のやり方は、マウスパッドに角度をつけてその上の滑り方を比較するやり方を行いました。

比較対象:Cooler Master MM710Xtrfy M4Glorious Model O-

結果はCooler Master MM710が一番滑りやすいという結果でした。

Cooler Master MM710とXtrfy M4は大差なかったですが、Glorious Model O-は押さないと滑らない感じでした。

 

応答速度(反応速度)

応答速度 応答速度2

次はマウスのクリックしたときの応答速度を計っていきます

応答速度の計測は「反応速度測定-改」を使わせていただきました。

やり方は反応速度測定を使って100回分のタイムの平均を出し、比較します。

この反応速度測定とは、画面上の黄色い〇が出てきたらクリックするという反応速度の時間を計るものなので正確性には欠けますが、100回もやればマウスの応答速度に差があった場合タイムにも差が出ると思うので比較にはなると思います。

FPSなどでは応答速度が速ければ速いほど有利だし遅ければ遅いほど不利になりますね。

〇ゲーミングマウスの応答速度(反応速度)データまとめ

応答速度(反応速度)

Glorious Model O-の応答速度(反応速度)

100回やった結果はこのようになりました。

  • 最速:0.17秒
  • 最遅:0.226秒
  • 平均:0.19946秒

平均タイム0.19946秒となりました。

ボタンの反発が以外と強く、押しづらいと感じる場面がありました。

ボタンの位置が低いので、力を入れて押さないといけないことが多かったように思います。

 

まとめ

僕はつまみ持ちユーザなのでこのマウスとの相性がとてもよかったです。

つまみ持ちユーザにはぜひ使ってみてほしいです。

標準サイズもあります。

-デバイス-周辺機器

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ

Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ
【2020年】FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド(300.150)
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS向けおすすめのゲーミングヘッドセット
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう
FPSゲーマーによるおすすめのゲーミングキーボード紹介【2020年】

FPS向けおすすめマウスバンジー-サイドバー

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。