FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

デバイス-周辺機器

SteelSeries Rival3をレビュー

投稿日:

SteelSeries Rival3をレビュー

当サイトはゲーミングデバイスをFPSに観点を置いてレビューしています。

今回はSteelSeries(スティールシリーズ)のゲーミングマウス「SteelSeries Rival3(62513)」をレビューしていきます。




SteelSeries Rival3の特徴

SteelSeries Rival3の特徴

TrueMove Coreセンサー

Rival 3向けに特別にデザインされた軽量センサー。

CPI(DPI)が100~8500、IPSは300とゲームをするには十分な性能。

高耐久

SteelSeries最高級ゲーミングマウスと同じ耐クリック回数6000万回のメカニカルスイッチを採用。

推奨グリップスタイル

つかみ持ち、つまみ持ちに適したデザインがなされている。

 

SteelSeries Rival3の性能(スペック)

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI切替ボタン)
ケーブルタイプ ラバー製
ケーブル長 1.8m
長さ 120.6mm
58.3mm(前部)、67mm(後部)
高さ 21.5mm(前部)、37.9mm(後部)
重量 77g(ケーブルを除く)
DPI 100~8500cpi(100刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000hz
最大認識速度 300IPS
最大加速度 35G
耐クリック回数 6000万回
センサー TrueMove Coreセンサー

ゲーミングマウスに良く使われる用語集

 

SteelSeries Rival3のパッケージ内容

SteelSeries Rival3のパッケージ内容

SteelSeries Rival3本体、製品情報ガイド。

 

SteelSeries Rival3の形状・外観(Rival110と比較)

SteelSeries Rival3の形状・外観(Rival110と比較)1 SteelSeries Rival3の形状・外観(Rival110と比較)2 SteelSeries Rival3の形状・外観(Rival110と比較)3
SteelSeries Rival3の形状・外観(Rival110と比較)4 SteelSeries Rival3の形状・外観(Rival110と比較)5 SteelSeries Rival3の形状・外観(Rival110と比較)6

形状はRival110とほぼ同じ、サイズも大体一緒です。左右対称マウスで高さが低くペタっとした見た目をしています。

左サイドの形状

左サイドの形状

形状はRival110とほぼ同じです。

後方に行くほど幅が広がり前方にいくほど狭くなっています。

親指がぴったり収まるような窪みにはなっておらず、中央部から前方にかけては大体フラットな感じです。なので親指の位置が割と自由に決めやすい形状をしています。

右サイドの形状

右サイドの形状

左側の形状と同じです。

小指と薬指は立てて持っても寝かせて持ってもしっくりくる感じです。

サイドの滑り止め

サイドの滑り止め

マウスサイドには滑り止めは張られていません。Rival110も滑り止めラバーは張られていなかったものの、滑りにくくする工夫はされていました。

なのでグリップ力はRival110よりは落ちるような感じはしましたが、重量がRival3のほうが軽いためそこまで差を感じることはありませんでした。

滑り止めが無くてもしっかりマウスを保持することができるので、まぁ問題はないかと思います。

表面の形状と質感

表面の形状と質感1 表面の形状と質感2 表面の形状と質感3

表面の形状もRival110とほぼ同じです。

Rival110は表面の凸のトップの位置がやや後ろ側にあります。この位置は後ろ側にあるほうが手のひらへのフィット感が強くなります。まぁ手のひらのフィット感はかぶせ持ち以外はさして重要ではないので、つかみ持ち、つまみ持ち向けのRival3にはあまり関係ないことかもしれないですね。

質感はRival110とあまり変わりません。ザラザラとサラサラの中間といった感じです。

光沢はなく、指紋が付きにくい感じですね。

ソールと滑りやすさ

ソールと滑りやすさ

ソールがあまり見ない張り方をしています。

上部に小さいソールが2枚、下部に半円状のソールが張られています。(なんか笑ってるみたい)

滑りはかなりいい感じですが、上下で滑りやすさが少し違う感じがしました。上側が滑りづらく下側が滑りやすいといった感じ。

重量

重量

公称値は77g(ケーブルを除く)でしたが、実測値は82gでした。計測時はどうしてもケーブル分が加算されてしまうので公称値よりは少し重くでるのですが、それでも77gはちょっと違う気がします。

まぁでも82gはかなり軽いほうなので問題ないかなと思います。

Rival110の重量は87.5g(ケーブル抜き)なので5gくらいは軽くなっていますね。

ケーブル

ケーブル ケーブル2

ケーブルはラバー製で、色がRival110がグレーでしたがRival3はブラックになっています。

Rival110のケーブルと比べると柔らかくなっていますが、はやりラバー製のケーブルは梱包時の癖がなかなか取れないですね。引っ張って馴染ませようとしても結構癖が残ってしまいます。

ですがケーブルに引っ張られるような感覚やバネのように跳ね返されるような感覚はあまりなかったので悪くはないです。

 

SteelSeries Rival3のボタンとクリックについて

左右メインボタン

左右メインボタン

クリックボタンはRival110は一体型でしたが、Rival3では独立になっています。

そのおかげか若干クリックが軽くなっているように感じます。

クリックボタンの重さと深さは標準的です。

音は比較的低めの音が鳴ります。

サイドボタン

サイドボタン

サイドボタンは左側のみあります。

飛び出しはあまりないですが、押しづらいほどではなく親指をずらすだけで押し込むことができます。

位置も親指の部分に来る当たりなのでとても押しやすいです。

押下時以外でも親指が干渉することがないです。

スクロールホイール

スクロールホイール

スクロールホイールの見た目はRival110とほぼ一緒です。色が違うくらい。

スクロールホイールの重さは重すぎず軽すぎずちょうど良い感じで、1スクロールごとにしっかりロックされます。

スクロールボタンの重さも標準的です。

 

SteelSeries Rival3のソフトウェア

設定

設定

ボタン設定、感度(CPI)、ポーリングレート、加速/減速度、アングルスナップの設定を行うことができます。

ボタン設定

各ボタンの役割をカスタマイズすることができます。

感度(CPI)、ポーリングレート

感度(CPI)は100~8500dpiを100刻みで設定することができます。

また感度LEVELは5個まで設定することができ、DPI変更ボタンを押すことでLEVELを変更することができます。

ポーリングレートは125/250/500/1000の中から選択できます。

ポーリングレートとは1秒間にマウスの操作情報を送信する回数です。

特にこだわりがないのであれば、1000にしておけば良いです。

加速/減速度

加速度を上げるとマウスを早く動かすとその分カーソルが通常より速く移動します。

減速度を上げるとマウスを遅く動かくとその分カーソルが通常より遅く移動します。

FPSでは一番左推奨。

アングルスナップ

アングルスナップとは直線補正のことを言い、カーソル移動の際に上下左右の直線的な移動をするとき僅かなブレを補正してくれるという機能です。かなり癖のある動きをするのでFPSにおいては不要かと思います。

FPSでは一番左推奨。

イルミネーション

イルミネーション

ライティング

ロゴマーク、マウス下部の色や効果を設定できます。

  • ステディ:選択した色を点灯し続ける
  • ColorShift:徐々に色を変化させながら点灯する
  • 多色ブリーズ:選択した色でフェードイン/フェードアウトする
  • イルミネーション無効化:点灯無し

 

SteelSeries Rival3の使用感

実際にゲームをプレイしてみたところ、センサーの挙動に違和感などは一切ありませんでした。変な飛びもないし横に真っすぐ動かせば横に真っすぐ動くし縦も同様です。

次はマウスの持ち方ごとの使用感です。ちなみに僕の手のサイズは中指の先端から手首までで約18.5cmです。

かぶせ持ちでの使用感

かぶせ持ちでの使用感

それなりに扱えますがフィット感があまりないです。

高さが低く手のひらに当たりにくいため、ほぼ指でマウスを支える形になってしまいます。

指の部分はしっかりフィットしているので保持しづらいということはありません。

かぶせ持ちで使うならもう少し高さが欲しいですね。

つかみ持ちでの使用感

つかみ持ちでの使用感

思ったより保持しづらいです。

手のひら後部の当たりが弱く、指で手のひら後部に押し付ける様に持たないと固定されません。高さが低い分手のひら後部に当たりづらく保持しづらさを感じることがあります。

手の小さい人であれば保持しやすいかもしれませんが僕の手の大きさだと高さか長さがもう少し欲しいと感じました。

つまみ持ちでの使用感

つまみ持ちでの使用感

かなり扱いやすいです。

左右対称なので指を立てていてもしっかり保持することができます。

高さも低いので指での操作時に手のひらに干渉することがなく、とても操作がしやすいです。

重量が軽くなっているので指だけでも十分に保持、操作ができます。

 

センサーテスト

『MouseTester』というソフトを使ってテストを行いました。

  1. 波線が綺麗に続いているほど、カーソルが飛んでしまうなどのおかしな挙動がない。
  2. ラインの動きドットの動きが一致しているほど、マウスの移動距離に対してのカーソルの移動距離が正確。

悪い例

FPSをプレイ中よくAIMが飛んでしまうマウスでのテストです。

○テスト環境

DPI:400

ポーリングレート:1000

よく飛ぶマウス

波線が途中で乱れているのは実際にカーソルが飛んでしまっている部分です。こういった波の乱れがあるものは良好なセンサーとは言えないです。

SteelSeries Rival3のセンサーテスト

SteelSeries Rival3(400dpi) SteelSeries Rival3(800dpi)
SteelSeries Rival3(1600dpi) SteelSeries Rival3(3200dpi)

ドットが結構乱れています。明らかドットが飛んでいる部分も見られるのであまりいい結果だとは言えないです。

他のゲーミングマウスと比べてもドットのまとまりは悪いほうかと思います。

ただ実際のゲームプレイ中には変なカーソル飛びなどはありませんでした。しかし感度がほかのマウスと比べて明らか遅かったです。まぁその辺は調整すればどうとでもなるので特に問題はなさそうです。

 

リフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)

リフトオフレンジとは?

マウスを持ち上げたときにセンサーが感知する距離のことです。

このリフトオフレンジが長すぎると、マウスの持ち上げ動作時にセンサーが反応しなくていいタイミングで反応してしまいAIMがぶれてしまいます。

逆に短すぎるとマウスの持ち上げ動作からマウスパッドに置くと同時に視点移動をしようとするとセンサーの反応が遅れてしまい、マウスを動かしているのに視点が動かないタイミングがでてきます。

なのでリフトオフレンジは長すぎても短すぎてもダメということです。

リフトオフレンジの許容範囲

SteelSeries Rival3のリフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)

画像の緑色の部分が違和感なくゲームプレイできた長さ、黄色い部分がセンサーの挙動に違和感を感じた長さです。

今のところ分かっていることはリフトオフレンジが0.3mm以下または1.6mm以上のマウスはちょっと違和感を感じるかもということです。

また、許容範囲内でもできるだけ短めのほうが違和感は少ないと言えると思います。これは個人的な意見ですが。

ちなみに比較時に使ったマウスパッドはSteelSeries QcK+です。

SteelSeries Rival3のリフトオフレンジ

SteelSeries Rival3のリフトオフレンジは1.9mmでした。

非常に長いです。ここまで長いと違和感を感じそうなのですが、意外と普通にプレイできました。

なんか測ったときとゲームプレイ時でリフトオフレンジが違う気がしたんですけど自動で調整してくれる機能なんか付いてないよな・・・。

 

SteelSeries Rival3の滑りやすさ

滑りやすさ比較のやり方は、マウスパッドに角度をつけてその上の滑り方を比較するやり方を行いました。

比較対象:SteelSeries Rival3SteelSeries Rival110

滑りはSteelSeries Rival3のほうが良いです。

軽さもSteelSeries Rival3のほうが軽いのでより滑りやすく感じられます。

ただ上でも書いたように、上下で滑りやすさが若干違う感じがして何とも言えない感じ。そこまで気にならないですが。

 

応答速度(反応速度)

応答速度 応答速度2

次はマウスのクリックしたときの応答速度を計っていきます

応答速度の計測は「反応速度測定-改」を使わせていただきました。

やり方は反応速度測定を使って100回分のタイムの平均を出し、比較します。

この反応速度測定とは、画面上の黄色い〇が出てきたらクリックするという反応速度の時間を計るものなので正確性には欠けますが、100回もやればマウスの応答速度に差があったりクリックボタンの押しやすさに差があった場合タイムにも差が出ると思うので比較にはなると思います。

FPSなどでは応答速度が速ければ速いほど有利だし遅ければ遅いほど不利になりますね。

SteelSeries Rival3の応答速度(反応速度)

100回やった結果はこのようになりました。

  • 最速:0.153秒
  • 最遅:0.223秒
  • 平均:0.18725秒

平均タイム0.18725秒となりました。

全ゲーミングマウス平均タイムが0.19393秒なのでかなり早いタイムを出すことができました。

Rival110のクリックボタンと比べると軽くなっており、とても押しやすかったです。

咄嗟のクリックもタイムラグを感じさせず、すぐに反応してくれました。

〇ゲーミングマウスの応答速度(反応速度)データまとめ

SteelSeries Rival3の応答速度(反応速度)

 

まとめ

良かった点

  • 安い
  • つまみ持ちとの相性が良い

悪かった点

  • 高さが低くてかぶせ持ち、つかみ持ちが少し扱いにくい
  • リフトオフレンジが長すぎる

-デバイス-周辺機器

執筆者:

スポンサードリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ
CoD:BO4攻略情報まとめ
Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ
【2020年】FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド(300.150)
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS/TPS向けゲーミングヘッドセットおすすめ
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう
FPSゲーマーによるおすすめのゲーミングキーボード紹介【2020年】

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。