FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

レビュー

【レビュー】つまみ持ち、つかみ持ち向け「steelseries – RIVAL110」

投稿日:2018年12月15日 更新日:

つまみ持ち、つかみ持ち向け「steelseries - RIVAL110」

今回はsteelseriesの「RIVAL110」をレビューしていきます。

左右対称マウスは使ったことが無かったので、実はすごい使いやすいのではないか?と期待をこめて買いました。




外観と形状

上部

形状はサイドボタンが左に付いていることを除けば左右対称のマウスです。

前後ろ

全体的に小ぶりのサイズになっており、高さも低いためペタンとした感じになっています。

手触りは全体的にザラザラとした手触り。

左サイド-グリップ右サイド-グリップ

 

サイドグリップはゴム製のグリップ等は付いておらず、丸い小さな点々が規則的に並んでいてしっかりグリップすることができます。

 

底面-ソール

底面のソールは上部に横長のソール1枚、下部に小さなソールが2枚両端に付いています。すべり具合はまぁまぁといったところで滑りすぎず滑らな過ぎずほどよい感じです。

ボタンは全部で6箇所ありメインボタン、サイドボタン×2、ホイールボタン、CPI変更ボタンです。

重量は118.5g(マウスのみ:87.5g)とかなり軽めとなっています。

ケーブルはビニール皮膜タイプで少しクセが付きやすい気もしますが、そこまで固くもないのであまり気にならない程度です。

 

ボタンとクリックについて

クリック感は結構重めです。しっかり押し込んでクリックする感じなので、高速タップとかは若干やりづらいかなとも感じられました。

その代わり誤クリックはゼッタイにありません。

音は『カチッ』とした重い感じの音です。

 

CPIとポーリングレートについて

感度1(CPI1)感度2(CPI2)

CPIは200~7200を100刻みで設定することができます。

CPIのプリセットは2つまで設定することができ、CPI変更ボタンを押すことで簡単で切り替えることができます。

ポーリングレート

ポーリングレートは125,250,500,1000から選択することができます。

 

イルミネーション効果

イルミネーション効果は全部で4パターンあります。それぞれ色を細かく設定することができるので自分好みのイルミネーションを設定できます。

ステディ:1色を点灯し続けます。

ColorShift:徐々に色を変化させながら点灯させます。

多色ブリーズ:設定された複数の色を点滅させながら変化させます。

単色ブリーズ:1色を点滅させます。

 

使用感

もうめちゃくちゃ使いやすかったです。「IntelliMouse Explorer 3.0」(以下IE3.0)クローンしか使ってこなかった僕には左右対称のマウスは論外だったので使いづらいと勝手に思い込んでいました。

しかし実際に使ってみるとそんなことはなかったです。

僕の場合つまみ持ちをするので指だけでマウスを支えるのですが、左右対称なので左右どちらも指を引っ掛けるように持つことができます。

そして「RIVAL 110」は小さめのマウスなので手のひらとマウスに隙間が大きくできるので、マウスが手につっかかるような感じがないのでとても良いです。

今までIE3.0クローンに執着してきたのがあほらしく感じられます。

 

しかし残念ながら良いとこばかりではありませんでした。

気になった点が2つあり、1つはリフトオフディスタンスです。

リフトオフディスタンスとは”マウスを持ち上げた際にセンサーが認識できる空間の距離”のことなのですが、「RIVAL 110」はこれが結構長いです。

マウスを持ち上げたとき、マウスを降ろすときにカーソルが少しぶれてしまいます。これはリフトオフディスタンスが長いとよく起きる現象です。

もう1つはかぶせ持ちには向いてなさそうということです。

左右対称なので手のひらにフィットする感じが少ないというのと、マウス自体が小さいので手のひらとマウスの間がガバガバになってしまいます。

それが気にならない人はいいのですが、「RIVAL 110」はつまみ持ちもしくはつかみ持ちをする人向けかなと思います。

 

RIVAL 110のスペック

形状 エルゴノミクス&ユニバーサルデザイン
ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
ケーブル長 ビニール皮膜、2m
長さ 120.6mm
58mm(前部)、57mm(中央)、68mm(後部)
高さ 38.1mm
実測重量 118.5g(マウスのみ:87.5g)
CPI 200~7200(100刻み)
ポーリングレート 125,250,500,1000
最大認識速度 240IPS
最大加速度 30G
耐クリック回数 3000万クリック
OS Windows、Mac、Linux

 

センサーテスト

『MouseTester』というソフトを使ってテストを行いました。

  1. 波線が綺麗に続いているほど、カーソルが飛んでしまうなどのおかしな挙動がない。
  2. ラインの動きドットの動きが一致しているほどセンサーの精度が高い。

悪い例

FPSをプレイ中よくAIMが飛んでしまうマウスでのテストです。

○テスト環境

DPI:400

ポーリングレート:1000

よく飛ぶマウス

波線の途中、飛び出したりしている部分があると思います。その部分がAIMが飛んでしまうタイミングのもの。

 

RIVAL 110のセンサーテスト

○テスト環境

DPI:400/800/1600/3200

ポーリングレート:1000

 

cpi400cpi800

cpi1600cpi3200

全てのマウスに言える事ですが、折り返し地点が若干乱れています。

折り返し地点以外は綺麗にまとまっていて、全体的に見れば悪くない性能のような気もします。

実際に使っていても違和感はまったくありません。

 

まとめ

想像以上に使いやすくて驚きました。しかも5000円以下と安い!

これからは左右対称のマウスも使ってみようと思います。

 

以上です

 

※アマゾンで購入予定の方でお急ぎ便を使う方はAmazonプライムに加入すると無料になるのでお得です。
30日間の無料体験を試す

-レビュー

執筆者:

スポンサードリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ
CoD:BO4攻略情報まとめ
Apex Legends攻略情報まとめ

【FPS/TPS向け】マウスの選び方徹底解説!おすすめゲーミングマウス
【FPS/TPS向け】マウスパッドの特徴と違い
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS/TPS向けゲーミングヘッドセットおすすめ
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。