キーボードおすすめ ゲーミングデバイスおすすめ

FPSにおすすめなゲーミングキーボード【同時押し確認済み】

投稿日:2020年5月18日 更新日:

FPS向けおすすめのゲーミングキーボード

当サイトは主にFPSを観点にゲーミングデバイスのレビューを行っています。

当記事ではFPS向けおすすめのゲーミングキーボードを紹介します。




ゲーミングキーボードの種類

ゲーミングキーボードの種類は主にメンブレンキーボード/メカニカルキーボード/静電容量無接点式キーボードの3つがあります。

それぞれの特徴は以下になります。

メンブレンキーボード

メンブレン方式

キーの下に回路の張り巡らされたシートがあり、そのシートで押下されたキーを読み取る方式。

他の方式と比べると安めですが、同時押しに対応していなかったり打ち心地がグニグニしていたりとデメリットが少し目立ちます。

メカニカルキーボード

メカニカル方式

1つのキーに1つのスイッチが設けられている方式。

スイッチには青軸/赤軸/茶軸/銀軸などいくつか種類があり、打鍵感や打鍵音などに違いがあり選ぶことができます。

メンブレンと比べると少し高価ですが、ゲームをするのに必要な要素をしっかり満たしています。

静電容量無接点式キーボード

物理的な接点が無く電極が一定の距離に近づくことでキーの押下を認識する方式。

物理的な接触がないため、耐久性がとても高いです。押し心地も良く拘りを持つ方にははまり易いです。

しかしメンブレン、メカニカルと比べると高価で種類も少ないです。

FPSならメカニカルキーボードがおすすめ

現状の主流はメカニカルキーボードであり、おすすめもメカニカルキーボードです。

メンブレンキーボードは構造上の問題なのか10ロールオーバーとか書かれている製品でも、キーの組み合わせによって3キー以上の同時押しできないことがあります。故にFPSなどのゲームには向いていません。

静電容量無接点方式はゲームでも全く問題なく使用できるかと思いますが、いかんせん高価で種類も少なめです。拘りがある方は良いかと思いますが、ゲーム用途で検討しているのであればメカニカルキーボードで十分です。

メカニカルキーボードは青軸/赤軸/茶軸/銀軸などキースイッチの種類が豊富なため、好みの打鍵感や打鍵音で選んだり、反応速度重視で選んだりと選択の幅が広いです。

同時押し/同時入力にも対応しているので、FPSではメカニカルキーボード一択です。

 

ゲーミングキーボードの選び方

キースイッチ(軸)の種類

メカニカルキーボードには様々な個性を持ったキースイッチ(軸)が搭載されています。

自分が重視したいポイントをしっかり押さえて、どの軸を選択するか考える必要があります。

主なキースイッチの種類は以下になります。

青軸系(ブルー、クリッキー、グリーンなど)

青軸

青軸とはキースイッチが見た目が青色(青色以外もある)になっていることが特徴です。

タイピング感(打鍵感)はカチッと打鍵のタイミングを体感できるほどしっかりとしたフィードバックのある押し心地で、押下圧が少し重めなのでしっかりとしたクリック感を得ることが出来ます。

タイピング音(打鍵音)はカチカチと心地よい音がするので、気持ちよく打鍵することが出来ます。

赤軸系(レッド、リニアなど)

赤軸

赤軸とはキースイッチが見た目が赤色になっていることが特徴です。

タイピング感(打鍵感)はスコスコとしていてタクタイル感は一切なく、軽めな押下圧でスムーズな打鍵をすることができます。

タイピング音(打鍵音)はカチカチ音が無いので静かな打鍵が可能です。

茶軸系(ブラウン、タクタイル、オレンジなど)

茶軸

茶軸とはキースイッチが見た目が茶色(茶色以外もある)になっていることが特徴です。

タイピング感(打鍵感)は青軸と赤軸の中間のようなクリック感で、ほどよいカチカチ感があります。

タイピング音(打鍵音)も青軸と赤軸の中間といった感じで、ほどよいクリック音。

銀軸系(シルバー、スピード、リニア、イエロー、OmniPointなど)

銀軸

銀軸とはキースイッチが見た目が銀色(銀色以外もある)になっていることが特徴です。

タイピング感(打鍵感)は赤軸とよく似た打鍵感で、スムーズな打鍵感になっています。

他のキースイッチと比べてアクチュエーションポイントが短く、キー応答速度が高速でゲームに最適なスイッチです。

タイピング音(打鍵音)も赤軸と同様で、静音です。

FPSなら銀軸がおすすめ

アクチュエーションポイント

銀軸は他のキースイッチと比べてアクチュエーションポイントが短いため、反応速度が高速です。

アクチュエーションポイントとはキーの押下時にスイッチがOFFからONに切り替わる距離のことです。

その距離が短い分、キーを押し始めてからスイッチがOFFからONに切り替わるまでの時間が短く、速く反応するという仕組みです。

また銀軸は押下圧が他のキースイッチと比べて押下圧が軽めになっています。押下圧が軽い分、軽い力でキーを押下することが出来るので直感的な操作ができ、同時押しもしやすくゲームに向いた打鍵感になっています。

打鍵音も静かでボイスチャットに打鍵音が入ってしまうこともなく、まさにゲーム向けのキースイッチと言えます。

FPSをするなら大きさ(サイズ)はテンキーレス以下がおすすめ

60% テンキーレス フルサイズ

キーボードの大きさには以下のものがあります。

  • フルサイズ:基本的になキーは全て搭載されており、やや大きめ
  • テンキーレス:テンキーが無く、フルサイズよりも幅が短い
  • 60%:テンキーとファンクションキーが無く、省スペース(中にはDEL/INSキーなどが右端縦一列に配置されているものもあり、ものにより違いがある)

FPS目的でキーボードを買う場合はテンキーレス以下のサイズがおすすめです。

フルサイズは横幅が長いので、マウスを激しく動かしたときにキーボードにぶつかってしまうことがあります。テンキーレス以下のサイズであれば横幅もかなり短くなるのでマウスの可動域をしっかり確保でき、テーブルの上もスッキリします。

またキーボードのサイズが大きければ大きいほど、右手と左手の距離が広がるので姿勢やエイムのしやすさにも影響してきます。小さいサイズであれば右手と左手の距離は調整しやすいです。

またゲームをするときのキーボードの置き方は真っすぐ(ニュートラル)/ㇵの字/逆ㇵの字のいずれかをすると思いますが、テンキーレス以下のサイズであればどの置き方でもテーブルのスペースを気にせず置きやすいです。

キー配列(日本語配列、英語配列)

日本語配列 英字配列

キー配列は日本語配列のものと英語配列のものがあります。

英語配列の違いは一部のキーの形状やサイズの違い、「全角/半角」「変換」「無変換」がない、キーの配置が違うなどがあります。

普段から英語配列を使っていて慣れているという人以外は日本語配列のキーボードを選んだほうが無難かと思いますが、中には英語配列しかないものもあります。

そのキーボードが日本語配列なのか英語配列なのかしっかり確認しておかないと後で後悔することになるので注意です。

ライティング(バックライト)

ライティング(バックライト)

ライティングはキーボードによってカスタマイズできる幅がかなり違います。

安いキーボードになるとカスタマイズの幅もクオリティも悪くなります。

ライティングにこだわりたいのであれば高めのキーボードを買う必要があります。

※ライティングの参考動画はレビュー記事に張っているので是非参考にしてください。

 

同時押し/同時入力について

同時押し/同時入力について

同時押し/同時入力についてはメカニカルキーボードであれば全キー同時押し可能です。

当記事で紹介しているゲーミングキーボードは全て同時押しができることを確認しています。

 

FPS向けおすすめのゲーミングキーボード

Logicool G Pro Xキーボード

キースイッチ メカニカル式|GX BLUEクリッキー(青軸)、GX REDリニア(赤軸)、GX BROWNタクタイル(茶軸)
奥行 153mm
361mm
高さ 34mm
接続方法 着脱式ケーブル 1,8 m
フォームファクター テンキーレス
アクチュエーションポイント 下記詳細
キーストローク 下記詳細
押下圧 下記詳細
レポートレート 1000Hz
同時押し 全キー可
配列 日本語配列

【特徴】

  1. 軸(スイッチ)をGX BLUEクリッキー(青軸)、GX REDリニア(赤軸)、GX BROWNタクタイル(茶軸)で交換可能※別途購入、GX BLUEクリッキー(青軸)が標準搭載
  2. コンパクトなテンキーレスデザイン
  3. 日本語配列
  4. RGBライティングの表現が豊か – 重要なキーをハイライトすることも可能
  5. 着脱式ケーブル
  6. 角度は3ステップの調整が可能
  7. プロゲーマー利用者が多い

このキーボードはキースイッチを交換できることが特徴です。

キースイッチはGX BLUEクリッキー(青軸)、GX REDリニア(赤軸)、GX BROWNタクタイル(茶軸)」の3種類があり特徴は以下になります。

GX BLUEクリッキー(青軸) GX BROWNタクタイル(茶軸) GX REDリニア(赤軸)
フィードバックタイプ 耳に心地よいクリック音 確かなフィードバック なめらかでスムーズ
アクチュエーション ポイント 2.0mm 2.0mm 1.9 mm
キーストローク 3.7mm 3.7mm 4.0mm
平均押下圧 50g 50g 50g
タクタイル圧 60g 60g なし

【⇓レビュー記事⇓】

 

Logicool G913 TKL

キースイッチ メカニカル式|薄型GLメカニカルスイッチ(クリッキー、タクタイル、リニア)
奥行 150mm
368mm
高さ 22mm
接続方法 ワイヤレス(LIGHTSPEED/Bluetooth) or Micro USB Type-Bケーブル(充電ケーブル)
フォームファクター テンキーレス
アクチュエーションポイント クリッキー:1.5mm、リニア:1.5mm、タクタイル:1.5mm
キーストローク クリッキー:2.7mm、リニア:2.7mm、タクタイル:2.7mm
押下圧 クリッキー:50g、リニア:50g、タクタイル:50g
レポートレート
同時押し 全キー可
配列 日本語配列
バッテリー寿命 30時間(輝度100%)、フル充電:3時間

【特徴】

  1. 薄型GLメカニカルスイッチ(クリッキー、タクタイル、リニア)搭載(※ホワイトはタクタイルのみ)
  2. 超薄型で高級感のあるデザイン
  3. 高速で安定したLIGHTSPEEDワイヤレス接続
  4. 1680万色からカスタマイズできるLIGHTSYNC RGB
  5. ケーブルは着脱可能で持ち運びにも便利

【⇓レビュー記事⇓】

 

Razer BlackWidow Lite

キースイッチ メカニカル式|RAZER オレンジスイッチ
奥行 133mm
361mm
高さ 36mm
接続方法 マイクロUSB(ストラップ付き、取り外し可能な編組ファイバー被膜ケーブル)
フォームファクター テンキーレス
アクチュエーションポイント 1.9mm
キーストローク 4.0mm
押下圧 45g
レポートレート 1000hz
同時押し 全キー可
配列 日本語配列、英語配列

【特徴】

  1. クリック感がありクリック音が静かな「RAZER オレンジスイッチ」を採用
  2. テンキーレス+専用キーがないので省スペース
  3. ライティングが白1色だが、それがむしろ黒い盤面を際立たせてくれる
  4. 取り外し可能な編組ファイバー被膜ケーブル

【⇓レビュー記事⇓】

 

Razer Huntsman TE

キースイッチ メカニカル式|RAZERリニアオプティカルスイッチ
奥行 140mm
362mm
高さ 37mm
接続方法 取り外し可能な USB-C 編みファイバーケーブル
フォームファクター テンキーレス
アクチュエーションポイント 1.0mm
キーストローク 3.5mm
押下圧 40g
レポートレート 1000hz
同時押し 全キー可
配列 日本語配列、英語配列

【特徴】

  1. 高速な応答速度と最高1億キーストロークの耐久性をもつRAZERリニアオプティカルスイッチ
  2. 高耐久で印字が消えないダブルショット PBT キーキャップ
  3. どこでも設定を利用できるオンボードメモリ
  4. テンキーレスデザインなので省スペース

【⇓レビュー記事⇓】

 

Razer Huntsman Mini

キースイッチ メカニカル式|RAZERオプティカルスイッチ(クリッキー、リニア)
奥行 103mm
293mm
高さ 37mm
接続方法 着脱式USB-Cケーブル
フォームファクター 60%
アクチュエーションポイント クリッキー:1.5mm、リニア:1.0mm
キーストローク クリッキー:3.5mm、リニア:3.5mm
押下圧 クリッキー:45g、リニア:40g
レポートレート 1000hz
同時押し 全キー可
配列 日本語配列、英語配列

【特徴】

  1. コンパクトな60%キーボード
  2. RAZERオプティカルスイッチ(クリッキー、リニア)
  3. 酷使してもラベルが消えないダブルショットPBTキーキャップ
  4. 着脱式USB-Cケーブル

【⇓レビュー記事⇓】

 

Razer BlackWidow V3 TKL

 

キースイッチ メカニカル式|RAZER メカニカルスイッチ(グリーン、イエロー)
奥行 155mm
365mm
高さ 41mm
接続方法 ゴム製USB
フォームファクター テンキーレス
アクチュエーションポイント 1.9mm
キーストローク 4.0mm
押下圧 50g
レポートレート 1000hz
同時押し 全キー可
配列 日本語配列、英語配列

【特徴】

  1. メカニカルキーボード – RAZER メカニカルスイッチ(グリーン、イエロー)
  2. コンパクトなテンキーレスデザイン
  3. ケーブルを3か所の出口で選べるケーブル配線オプション

【⇓レビュー記事⇓】

 

SteelSeries Apex Pro

キースイッチ メカニカル式|OmniPointスイッチ
奥行 139.26mm
355.44mm
高さ 40.44mm
接続方法 USBキーボードプラグ、USBパススループラグ
フォームファクター フルサイズ、テンキーレス
アクチュエーションポイント 0.4~3.6mm
キーストローク 3.6mm
押下圧 45g
レポートレート 1000hz
同時押し 全キー可
配列 日本語配列、英語配列

【特徴】

  1. 現状最強とも言えるゲーミングキーボード
  2. アクチュエーションポイントを0.4~3.6mmの範囲で調節できる
  3. ライティングのエフェクト、速度、色などをキー1つ1つに設定することができるため自由度と表現力が高い
  4. キーボード本体にディスプレイが備わっており、設定を行ったりDiscordの通知を受けたりすることができる
  5. 赤軸のような控えめな打鍵感と静かな打鍵音

【⇓レビュー記事⇓】

 

HyperX Alloy FPS Pro

キースイッチ メカニカル式|Cherry MX メカニカルキー(リニア、クリッキー)
奥行 130mm
360mm
高さ 36mm
接続方法 着脱式布巻きケーブル、Mini USB Type-B、2m
フォームファクター テンキーレス
アクチュエーションポイント 2mm
キーストローク 4mm
押下圧 45g
レポートレート 1000hz
同時押し 全キー可
配列 英語配列

【特徴】

  1. Cherry MX メカニカルキー(リニア、クリッキー)
  2. コンパクトなテンキーレスデザイン
  3. 丈夫なスチールフレーム
  4. 取り外し可能な布巻きケーブル
  5. 掃除がしやすくライティングが映えるフローティングデザイン

【⇓レビュー記事⇓】

 

HyperX Alloy Origins Core

キースイッチ メカニカル式|HyperXメカニカルキースイッチ(赤軸)
奥行 132.5mm
360mm
高さ 34.5mm
接続方法 着脱式布巻きケーブル、USB Type-C – USB Type-A、1.8m
フォームファクター テンキーレス
アクチュエーションポイント 1.8mm
キーストローク 3.8mm
押下圧 45g
レポートレート 1000hz
同時押し 全キー可
配列 日本語配列

【特徴】

  1. 軽くて静かな赤軸キースイッチ
  2. コンパクトなテンキーレスデザイン
  3. 航空機グレードのフルアルミボディー
  4. 取り外し可能なUSB Type-Cケーブル
  5. 掃除がしやすくライティングが映えるフローティングデザイン

【⇓レビュー記事⇓】

 

Corsair K63

キースイッチ メカニカル式|CHERRY MX REDスイッチ
奥行 171mm
356mm
高さ 41mm
接続方法 ゴム製USBケーブル
フォームファクター テンキーレス
アクチュエーションポイント 2.0mm
キーストローク 4.0mm
押下圧 45g
レポートレート 1000hz
同時押し 全キー可
配列 日本語配列

【特徴】

  1. CHERRY MX REDスイッチ搭載
  2. コンパクトなテンキーレスデザイン
  3. 赤色LEDバックライト
  4. 日本語配列
  5. 専用メディアキー搭載

【⇓レビュー記事⇓】

 

Corsair K65 RAPIDFIRE

キースイッチ メカニカル式|CHERRY MX SPEEDスイッチ(銀軸)
奥行 166mm
356mm
高さ 37mm
接続方法 USBキーボードプラグ、USBパススループラグ
フォームファクター テンキーレス
アクチュエーションポイント 1.2mm
キーストローク 3.4mm
押下圧 45g
レポートレート 1000hz
同時押し 全キー可
配列 日本語配列、英語配列

【特徴】

  1. アクチュエーションポイントが1.2mmと短くキー反応が高速
  2. 打鍵時のカチカチ音がなく静音で押下圧が軽く滑らかなクリック感
  3. 取り外し可能なパームレスト付き

【⇓レビュー記事⇓】

 

ROCCAT Vulcan TKL

キースイッチ メカニカル式|リニア(赤軸)
奥行 133.3mm
360mm
高さ 34mm
接続方法 着脱可能なビニールケーブル、USB Type-C
フォームファクター テンキーレス
アクチュエーションポイント 1.4mm
キーストローク 3.6mm
押下圧 45g
レポートレート 1000hz
同時押し 全キー可
配列 日本語配列、英語配列

【特徴】

  1. 薄型デザイン
  2. 省スペースなテンキーレスデザイン
  3. フローティングデザインでライティングがとても綺麗
  4. 押下圧が軽い分、力を入れなくても押すことができるのでゲームの操作がしやすい
  5. 反応速度が速く、ミスタイプが無いバランスの取れたアクチュエーションポイント
  6. 着脱可能なType-Cケーブル

【⇓レビュー記事⇓】

 

ASUS ROG STRIX SCOPE TKL

キースイッチ メカニカル式|Cherry MXスイッチ(銀軸/赤軸)
奥行 136.2mm
356mm
高さ 39.7mm
接続方法 取り外し可能な布巻きUSB Type-Cケーブル(1.8m)
フォームファクター テンキーレス
アクチュエーションポイント 銀軸:1.2mm、赤軸:2.0mm
キーストローク 銀軸:3.4mm、赤軸:4.0mm
押下圧 銀軸:45g、赤軸:45g
レポートレート 1000hz
同時押し 全キー可
配列 日本語配列

【特徴】

  1. Cherry MXスイッチ(銀軸/赤軸)搭載
  2. コンパクトなテンキーレスデザイン
  3. 日本語配列
  4. 大型のL-Ctrlキーで小指で押しやすい
  5. 取り外し可能なUSB Type-Cケーブル
  6. すべてのアプリが非表示になり、音声をミュートにする「ステルスモード」
  7. 高耐久のスタイリッシュなスラッシュマークデザインのアルミ製トッププレート

【⇓レビュー記事⇓】

 

ELECOM ゲーミングキーボード「TK-G01UKBK」

キースイッチ メカニカル式|茶軸
奥行 142.6mm
366.3mm
高さ 37mm
接続方法 ゴム製USB
フォームファクター テンキーレス
アクチュエーションポイント 1.9mm
キーストローク 4.0mm
押下圧
レポートレート 1000hz
同時押し 全キー可
配列 日本語配列

【特徴】

  1. 低価格で買える高コスパなメカニカルキーボード
  2. ほどよいクリック感と重さがあり、うるさくならない茶軸キースイッチ
  3. コンパクトなテンキーレスデザイン
  4. 5000万回の高耐久スイッチ
  5. 全キーロールオーバー対応

【⇓レビュー記事⇓】

 

Logicool K835 TKL

キースイッチ メカニカル式|クリッキー(青軸)、リニア(赤軸)
奥行 127mm
355mm
高さ 36.3mm
接続方法 ラバー製ケーブル(1.5m)
フォームファクター テンキーレス
アクチュエーションポイント
キーストローク 4.0mm
押下圧 45g
レポートレート
同時押し 全キー可
配列 日本語配列

【特徴】

  1. 低価格で買える高コスパなメカニカルキーボード
  2. 滑らかで静音なリニアスイッチ(赤軸)
  3. コンパクトなテンキーレスデザイン
  4. 丈夫なアルミニウムフレーム
  5. カラー展開(グラファイト スレートグレー、オフホワイト シルバー)
  6. キースイッチ(クリッキー(青軸)、リニア(赤軸))

【⇓レビュー記事⇓】

 

補足

Amazonプライムを利用するといろいろお得

Amazonでよく買い物をする方はAmazonプライムを利用するとお得です。

プライム会員だと「注文金額が2000円未満」「お急ぎ便」「日時指定」でも配送料が無料だったり、TwitchPrime限定のゲームアイテムを貰えたりといろいろな特典があります。

下の記事でAmazonプライムのゲーマー向けの特典情報をまとめているので、よければ参考にしてみてください。

-キーボードおすすめ, ゲーミングデバイスおすすめ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ

Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ(300.150)

FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド

FPS向けおすすめのゲーミングヘッドセット

【FPS向け】おすすめのゲーミングキーボード

【FPS向け】おすすめのゲーミングモニター

FPS向けおすすめマウスバンジー

FPS向けおすすめのサウンドカード(USBDAC)

おすすめのゲーミングイヤホン【FPS向け】

【FPS向け】おすすめのゲーミングチェア

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。