ゲーミングデバイスおすすめ マウスおすすめ

Xtrfy(エクストリファイ)のおすすめゲーミングマウス

投稿日:2021年5月30日 更新日:

Xtrfy(エクストリファイ)のおすすめゲーミングマウス

当サイトはFPS向けにゲーミングデバイスのレビューを行っています。

当記事ではXtrfy(エクストリファイ)のおすすめゲーミングマウスを紹介します。




Xtrfyゲーミングマウスの種類と特徴

Xtrfyゲーミングマウスの種類は以下があります。

M1シリーズ

※Xtrfy製品ページより引用

手のひらにフィットしやすい左右非対称形状ゲーミングマウス。

M2シリーズ

※Xtrfy製品ページより引用

指で保持しやすい左右対称形状ゲーミングマウス。

現在は販売終了しています。

M3シリーズ

※Xtrfy製品ページより引用

手のひらにフィットしやすい左右非対称形状ゲーミングマウス。

M1よりも少し大きめなサイズ感になっています。

現在は販売終了しています。

M4シリーズ

※Xtrfy製品ページより引用

手のひらにフィットしやすい左右非対称形状ゲーミングマウス。

ハニカム構造により軽量化されており、従来のマウスよりも軽く操作性が高いです。

M42シリーズ

※Xtrfy製品ページより引用

指で保持しやすい左右対称形状ゲーミングマウス。

ハニカム構造により軽量化されており、従来のマウスよりも軽く操作性が高いです。

マウス後部上面を2つの形状で交換できるモジュラーシェル構造で、手のひら後部がフィットするタイプと干渉しないタイプで好みに合わせて選択できるようになっています。

MZ1シリーズ

※Xtrfy製品ページより引用

世界トップクラスのマウスレビュアーのRocket Jump Ninja氏がデザインしたゲーミングマウスで、独自のオリジナル左右対称形状となっています。

最高なマウス形状を作るため、近年の過去のマウスの形状を模したようなマウスではなく、新しく斬新なデザインを考案。

細いグリップ幅、低いボタンの高さ、高さのあるマウス後部、サイドの僅かな湾曲、使い心地の良いボタンの溝(レール)などの最適な理論を盛り込んだ過去にない形状となっています。

ハニカム構造により軽量化されており、従来のマウスよりも軽く操作性が高いです。

 

ゲーミングマウスの選び方

ゲーミングマウスをしっかり活用するには、自分に合ったマウスを選ぶことが重要です。

ゲーミングマウスの選び方詳細はこちら

 

Xtrfyのおすすめゲーミングマウス

Xtrfy M4

相性の良い持ち方 かぶせ持ち
ボタン 7箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI切替ボタン、ライティングエフェクト変更ボタン)+ポーリングレート切替スイッチ
ケーブルタイプ Xtrfy EZコード(布巻き)
ケーブル長 1.8m
長さ 120mm
上部:56mm、中間:60mm、下部:68
高さ 39mm
重量 71g(ケーブル除く)
DPI 400、800、1200、1600、3200、4000、7200、16000dpi
ポーリングレート 125/500/1000hz
最大認識速度 400IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 2000万回
センサー Optical Pixart 3389

【特徴】

  1. 左右非対称形状の標準的サイズで、かぶせ持ちとの相性が良い
  2. 数少ない左右非対称のハニカムデザインの軽量マウス
  3. 全体が穴あきになっているハニカム構造マウス、重さが71g(ケーブル除く)と超軽量
  4. 穴が開いていることによりマウスを握ったときのグリップが強い
  5. 柔軟で低摩擦な「Xtrfy EZコード」
  6. 予備のPTFEソール付属

【⇓詳細はこちら⇓】

 

Xtrfy M42

相性の良い持ち方 つかみ持ち
ボタン 5箇所(左右クリックボタン、左サイド×2、ホイールボタン、ホイール下×1、底面×1)+ポーリングレート切替スイッチ
ケーブルタイプ Xtrfy EZコード(布巻き)
ケーブル長 1.8m
長さ 118mm
前部:57mm、中部:56mm、後部:63mm
高さ 前部:22mm、中部:38mm、後部:モジュラーシェル1(33.8/28.5/19) | モジュラーシェル2(35.8/32/23)
重量 59g(ケーブル除く)
DPI 400、800、1200、1600、3200、4000、7200、16000dpi
ポーリングレート 125/500/1000hz
最大認識速度 400IPS
最大加速度 50G
耐クリック回数 2000万回
センサー Optical Pixart 3389

【特徴】

  1. マウス上部が2つのサイズで交換可能(モジュラーシェル)で、手のひらのフィット感を調整可能
  2. 左右対称形状のやや小さめなサイズで、つかみ持ちとの相性が良い
  3. マウスに穴が空いているハニカム構造で59g(ケーブル除く)と超軽量
  4. 柔軟で低摩擦な「Xtrfy EZコード」
  5. 予備のPTFEソール付属

【⇓詳細はこちら⇓】

 

補足

Amazonプライムを利用するといろいろお得

Amazonでよく買い物をする方はAmazonプライムを利用するとお得です。

プライム会員だと「注文金額が2000円未満」「お急ぎ便」「日時指定」でも配送料が無料だったり、TwitchPrime限定のゲームアイテムを貰えたりといろいろな特典があります。

下の記事でAmazonプライムのゲーマー向けの特典情報をまとめているので、よければ参考にしてみてください。

マウスの滑りやすさはマウスパッドで調節したほうが良い

マウスによって滑りやすさがかなり違います。

ですがマウスの持ちやすさを犠牲にしてまで、滑りやすさを重視して選ぶのはもったいないです。

マウスパッドにも滑りやすいタイプ~滑りづらいタイプまでたくさんあるので、滑りやすさはマウスパッドで調節するようにすると良いです。

邪魔なケーブルはマウスバンジーで解消

FPSのようなマウスを激しく動かすゲームではケーブルが邪魔になり、マウス操作の妨げになることが良くあります。

マウスバンジーというケーブルを固定するアイテムを使うことでケーブルの煩わしさはかなり解消されるので、有線マウスを使用する場合は検討してみてはどうでしょうか。

-ゲーミングデバイスおすすめ, マウスおすすめ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ

Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ(300.150)

FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド

FPS向けおすすめのゲーミングヘッドセット

【FPS向け】おすすめのゲーミングキーボード

【FPS向け】おすすめのゲーミングモニター

FPS向けおすすめマウスバンジー

FPS向けおすすめのサウンドカード(USBDAC)

おすすめのゲーミングイヤホン【FPS向け】

【FPS向け】おすすめのゲーミングチェア

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。