FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

FPS共通

【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう

投稿日:2019年2月3日 更新日:

【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう

FPS/TPSプレイヤーがゲームに集中するため、パフォーマンスを最大限発揮できるようにするためのゲーミングチェアの選び方をまとめました。

 




ゲーミングチェアの特徴

正しい姿勢を長時間保持しやすい形状になっています。

ゲーマーは長時間椅子に座っていることが多いため、できるだけ身体の負担を減らし、ゲームに集中できるよう開発された椅子です。

なのでゲームは勿論、長時間作業にも向いていると言うことですね。

 

 

ゲーミングチェアを選ぶポイント

ゲーミングチェアを選ぶポイントは3つ。「姿勢を保持しやすいか」「素材」「デザイン」です。

特に「姿勢を保持しやすいか」が大事でゲームに集中するためにとても重要なポイントです。

 

姿勢を保持しやすいか

自分が最もゲームに集中できる姿勢を保ちやすいかが重要です。

まずは自分が普段どのような姿勢でゲームをしているか思い出して見ましょう。

 

前傾姿勢

上体を前側に倒し顔をモニタ-に近づけてやるスタイル。

キーボードとマウスを常に触れているPCゲーマーに多いスタイルではないでしょうか。

 

上体が腰より前にあるので重心が前側に行きます。そのため脚に少し力をいれて姿勢を保持します。

基本的にこの前傾姿勢は背もたれを使いません。なので姿勢は座面と脚で保つことになります。(人によっては肘もプラスされるかな?)

そこで重要になってくるのが座面です。この座面が低反発でフワフワのものだとお尻が沈み込んで後ろ側に滑り落ちていってしまいます。

お尻が沈み込むと脚の位置が高くなるので窮屈になってしまいます。

なので座面は、高反発のものを選ぶといいと思います。(ゲーミングチェアは基本的に高反発かも)

 

ゲーミングチェアは座っているときに腰が前にでないようにするために、座面が太腿側が高く、お尻側が低くなっています。

前傾姿勢だとコレが結構気になってしまいます。

なぜなら前傾姿勢は脚に力が入っているので、押されてお尻が後ろに滑り落ちていってしまいます。

そうするとさらに前傾になっていって窮屈になります。

このようなことを防ぐのに便利なのがランバーサポートです。背もたれの腰あたりにあてるクッションのことで、コレを置くことでお尻が後ろに下がるのを防いでくれます。

 

という訳で前傾姿勢の方は、座面が高反発のものもしくはランバーサポードがあるものを選ぶといいと思います。

 

後傾姿勢・垂直

上体を後ろ側、垂直にしてリラックスしながらやるスタイル。

CSの方に多いスタイルではないでしょうか。(勝手な思い込み)

 

重心が中心から後ろ側にいきます。そのため、背もたれに身を任せた感じに姿勢を保ちます。

なので姿勢は座面と背もたれで保つことになります。

そこで重要なのが椅子の素材と背もたれの高さです。

後傾姿勢・垂直姿勢の場合、背もたれに体重がかかるのでお尻が前側に押されて滑ってしまいます。

お尻が前に出ると腰が曲がって猫背のような形になりがちです。

このようなことは、椅子の素材がファブリック(布)だとお尻が前にでやすいです。PUレザー製のものだとファブリック(布)製に比べて滑りづらいので前に出にくくなるはずです。

なので、こだわりがなければPUレザー製のものを選ぶといいかもしれません。

 

背もたれの高さは自分にあったものを選ぶようにしましょう。

背もたれの高さがあっていないと背中のフィット感が減ってしまいます。

また、後継姿勢だとモニターを見るために首に力が入りやすく疲れやすいです。

それを補助するためにヘッドレストという首にあてるマットがあるのですが、背もたれの高さがあっていないとヘッドレストも微妙にあわないことがあるので注意が必要です。

 

という訳で後傾姿勢・垂直姿勢の方は、PUレザー製のもので背もたれの高さが適切なものをおすすめします。

 

素材で選ぶ

ファブリック製(布)

メリット

通気性がよく、湿気がこもり辛い。

暑くなる夏でも快適に過ごせます。

 

デメリット

掃除が面倒。何かこぼしたりして汚してしまっても掃除が気軽に出来ないです。分解して取り外せるものは、分解してシャワーをぶっ掛けながら揉み洗いとかも出来ると思いますが・・・出来ればやりたくないですね。

レザー製のゲーミングチェアと比べて若干滑りやすいかなと思います。

 

PUレザー

メリット

掃除がしやすい。汚してしまってもサッと拭けるので手間が少ないです。

ファブリック製(布)のゲーミングチェアと比べて若干滑りづらいかなと思います。

 

デメリット

通気性が悪く、湿気がこもりやすいです。

 

デザインで選ぶ

派手なものから地味なものまで色々あるので好みのもので選ぶといいと思います。

 

 

メーカーによってどんな違いが有るか

人気なところだと「DXRACER」と「AKRACING」ですね。でもこの2つは少し高額なので手を出しづらいですよね。

もっと安くていいものがあるんじゃないかと思ってショップに行って座り心地を確かめに行ってみました。

 

そこで一番感じたのは硬さです。

「DXRACER」と「AKRACING」以外のゲーミングチェアはやけに硬かったです。

前傾姿勢の方は硬めのほうが姿勢を保持しやすいですが、必要以上に硬いイメージでした。

硬すぎるとフィット感が減り、長時間座っていると痛くなるのでやはりほどほどがいいですね。

 

「DXRACER」と「AKRACING」は硬すぎず柔らかすぎないので、高くても人気な理由が少し分かった気がします。

 

 

ゲーミングチェアが本当に必要か考える

ここまで読んで今の自分にゲーミングチェアが必要かどうか考えて見ましょう。

姿勢が保持できるのであればゲーミングチェアである必要はないし、姿勢とかどうでもよくて座り心地や寝心地が良ければいいと言う方はリクライニングチェアを買ったほうがいいと僕は思います。

 

ただ、ゲームにもっと本腰を入れたいという意味で椅子を買うのであればリクライニングチェアは向いていないと思います。

ふわふわ過ぎてお尻が沈んでしまい、姿勢を保ちづらいのでそういった意味でもゲーミングチェアはゲーマー向けに最適化されていると思います。

 

 

姿勢別おすすめゲーミングチェア

前傾姿勢でゲームをやる人におすすめ

DXRACERゲーミングチェア DXR

高反発で背もたれなしでも姿勢を保ちやすいです。

ランバーサポートも付いているので腰の位置を保持しやすいです。

僕もゲームをやるときは前傾姿勢でプレイするのでこの椅子を愛用しています。

 

後傾姿勢・垂直でゲームをやる人におすすめ

DXRACER ゲーミングチェア DXZ

PUレザー製で背もたれにもたれ掛かってもお尻が滑りにくいです。

ヘッドレスト付きなので、背もたれにもたれかかった状態でモニターを見る際の首の疲労を軽減してくれます。

 

できるだけ安いものがいい人におすすめ

GTRACING ゲーミングチェア GT002

「DXRACER」や「AKRACING」の製品の半額以下で買うことが出来ます。

実際に座ったことは無いのでわからないですが、座り心地は「DXRACER」や「AKRACING」劣らないものみたいですね。

ヘッドレストやランバーサポートも着いているのでコスパはいいようにも感じます。

 

フローリングが傷つくのが気になる方はチェアマットを敷こう

Bauhutte (バウヒュッテ) チェアマット BCM-160BK

エントリでポイント10倍2/9 20:00-2/16 1:59 バウヒュッテ デスクごとチェアマット マットブラック Bauhutte BE-BCM-160BK

created by Rinker

 

 

まとめ

ゲーミングチェアはゲーム中の姿勢を保持するのに一番重要なものです。

姿勢変わればモニタと顔の距離、肘の角度などいろいろ影響が出てきます。

自分がもっともやりやすい姿勢を保持するためにもゲーミングチェアは自分にあったものを選ぶことが大切です。

 

以上です

-FPS共通

執筆者:

スポンサードリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ
CoD:BO4攻略情報まとめ
Apex Legends攻略情報まとめ

【FPS/TPS向け】マウスの選び方徹底解説!おすすめゲーミングマウス
【FPS/TPS向け】マウスパッドの特徴と違い
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS/TPS向けゲーミングヘッドセットおすすめ
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。