イヤホンおすすめ

足音が聞き取りやすかったゲーミングイヤホンおすすめランキング【FPSにも最適】

投稿日:2020年9月26日 更新日:

おすすめのゲーミングイヤホン【FPS向け】

当記事ではApex LegendsやVALORANTやフォートナイトなどのFPS向けゲーミングイヤホンおすすめランキングを紹介します。

当記事で紹介するゲーミングイヤホンは全てレビュー済みであり、実際に足音が聞き取りやすかったもので厳選しています。




ゲーミングヘッドセットとゲーミングイヤホンの違い

ゲーミングヘッドセットとの違い

ゲーミングヘッドセットとの違いは以下があります。

  • ヘッドセットと比べると音漏れが少ない
  • 音の感じ方はヘッドセットのほうが音の振動を感じやすく、臨場感等は負ける
  • 音の拾いやすさはヘッドセットと比べても変わらないくらい拾えるため、FPSでもヘッドセットと変わらないくらい足音が聴き取れる
  • 頭に掛けなくていいため頭への負担や髪形を気にしなくていい
  • 耳を覆わないため通気性に優れ、蒸れにくい
  • ヘッドセットと比べると重量が圧倒的に軽く、首の負担が少ない

 

FPSならヘッドホンとイヤホンどっちが良いか

FPSならヘッドホンとイヤホンどっちが良いか

どちらが良いかはどちらのほうが集中できるかによると思います。

イヤホンは耳だけで支えるので、耳以外は楽です。ただ耳の圧迫感が強いです。ヘッドセットは頭と耳で支えるので、負担は分散されます。

恐らく長時間装着すると思うので、気にならないほうを選ぶべきかと思います。個人的にはヘッドセットのほうが気にならずゲームに集中できます。

音質面ではさすがにヘッドセットのほうが迫力や臨場感を味わいやすいですが、足音の拾いやすさとかは大差ありません。

またボイスチャットしながらゲームをしたい場合でマイクを買うので面倒という方は、イヤホンよりもヘッドセットのほうが良いかなとは思います。

 

FPS向けゲーミングイヤホンの選び方

FPSにおいてゲーミングイヤホン選びはとても重要なことです。

ゲーミングイヤホンによって足音の聴こえ方はかなり違いがあり、聞き取りやすさに影響します。

また耳に直接装着する物なのでゲームに集中できるようにするためにも、しっかり自分に合ったイヤホンを選択するようにしましょう。

FPS向けゲーミングイヤホンの選び方のポイントは以下があります。

ゲーミングイヤホンの選び方のポイント

  1. 音の傾向で選ぶ
  2. カナル型(密閉型)かインナーイヤー型(開放型)か
  3. 有線タイプかワイヤレス(Bluetooth)タイプか
  4. 接続方法(3極/4極プラグ)
  5. マイク機能の有無

これらポイントについて解説していきます。

音の傾向で選ぶ

音の傾向のイメージ

イヤホンには低音が強く高音が弱いとか低音と高音が強く中音が弱いなどと言ったような音の傾向があります。

この音の傾向はイヤホンによって大きく違い、聞く音が同じでもイヤホンによって聞こえ方に違いが出てきます。

この音の傾向に合わせてイヤホンを選ぶことによって、より用途に合った選び方をすることが出来ます。

※低音、中音、高音の周波数は具体的に定義されているわけではないので、私が勝手に低音は31~125Hz、中音は250~1kHz、高音は2k~16kと決めて話しています。

FPSメインなら高音が強いイヤホンを選ぶ

FPSメインなら高音が強いヘッドセットを選ぶ

足音の聞こえやすさや定位感(方向や距離感)を捉えやすくするには、高音が強いイヤホンを使うことでより捉えやすくなる傾向にあります。

厳密に言えばゲームタイトルによって足音が違うためゲームタイトルに合わせてイヤホンも選択するのが確実ですが、そうなると複数のゲームをする場合に複数イヤホンを用意しなくてはいけなくなるため現実的ではありません。

またイヤホンの選択だけで足音の聞き取りやすさを最大限高めることは困難なので、高音が強いイヤホンを選んでおけばある程度聞き取りやすくなる程度に認識しておいていただければいいかと思います。

音の傾向は製品説明欄に記載しています。

音楽/映画鑑賞メインなら低音と高音が強く中音が弱いイヤホンを選ぶ

音楽/映画鑑賞メインなら低音と高音が強く中音が弱いヘッドセットを選ぶ

音楽/映画鑑賞メインであれば、低音と高音が強く中音が弱いイヤホンを選ぶことをおすすめします。

低音が強いことで、音に迫力が増し臨場感や心地よさを強く体感できます。

高音が強いことで、音楽のメインのメロディー部分やボイス部分が明瞭になりメリハリのある音になります。

中音が弱いことで、籠ったような音が無くなり自然な音になります。

低音と高音が強く中音が弱いことで、メリハリのある高音質感がある音になるので音質を重視したい場合はおすすめです。

音の傾向は製品説明欄に記載しています。

 

カナル型(密閉型)かインナーイヤー型(開放型)か

カナル型(密閉型) インナーイヤー型(開放型)

イヤホンにはカナル型(密閉型)インナーイヤー型(開放型)があります。

カナル型(密閉型)の特徴

カナル型は一般的によく見られるタイプのイヤホンで耳栓のように耳に差し込んで使用するタイプです。

カナル型は耳の穴に差し込むので全ての音を逃さず拾うことができます。遮音性に優れているため音抜けし辛く、通勤時などにも使いやすいです。

しかしその分耳への圧迫感が強く長時間の使用に向いていません。

インナーイヤー型(開放型)

インナーイヤー型は耳の穴に差し込むのではなく穴をかぶせる様に固定するタイプです。

耳への圧迫感が少なく長時間の使用に向いています。耳が密閉されていないので外の音(インターホンなど)を聞き逃しにくいです。

しかしその分カナル型と比べると音の拾いやすさは劣ります。音が抜けやすいため、通勤時などには不向き。

 

有線タイプかワイヤレス(Bluetooth)タイプか

有線タイプ ワイヤレス(Bluetooth)タイプ

ゲーミングイヤホンには有線タイプワイヤレス(Bluetooth)タイプがあります。

しかしFPSをするのに購入を検討しているのであれば有線タイプを選ぶことをおすすめします。

ワイヤレス(Bluetooth)タイプは実感できるほどの遅延があり、銃声や足音が遅れて聴こえてきます。それはFPSにとってはかなりのハンデになるのでおすすめできません。

しかし中には低遅延モード機能が搭載されているワイヤレスイヤホンがあり、そのようなイヤホンは遅延が完全に無いとまではいかないですが違和感は少ないのでFPSでも使えると思います。

 

接続方法(3極/4極プラグ)

3.5mm3極プラグ 3.5mm4極プラグ

ゲーミングイヤホンの接続端子はマイク機能が無いものは3.5mm3極プラグマイク機能が備わっている物はと3.5mm4極プラグとなっています。

PCやPS4/PS5、SWITCHなどのプラットフォーム側の接続端子が3.5mm4極プラグ対応であれば、大抵3.5mm3極プラグも接続可能です。

最近ではほとんどのプラットフォームは3.5mm4極プラグに対応していると思うので問題ないかと思いますが、場合によっては3極プラグしか対応していないという場合もあるかと思うのでしっかり確認しておきましょう。

ワイヤレス(Bluetooth)イヤホンは、Bluetoothに対応している機器でしか接続できません。対応していない機器に接続したい場合はBluetoothアダプタなどを別途用意する必要があります。

 

マイク機能の有無

マイク機能

イヤホンにはマイク機能が搭載されたタイプがあります。ボイスチャットなど話ながらゲームをしたい場合にはマイク機能があるものを選択しましょう。

しかしイヤホンのマイクはゲーミングヘッドセットのマイクと比べるとかなり音質が悪いです。

友達とゲーム中にボイスチャットをする程度の利用であれば問題ないかと思いますが、配信などをするのであれば別途マイクを購入することをおすすめします。

 

注意点

イヤホンのケーブルは短め

イヤホンのケーブルは短め

イヤホンのケーブルはヘッドセットのケーブルと比べてかなり短めです。

PCと直接接続して使用しようと考えている方は、ケーブルが短すぎて使い物にならない場合があります。

外付けサウンドカードと接続して使う場合は問題ないかと思いますが、PCに直接つなぐ場合は延長ケーブルが必要になる可能性があります。

高いイヤホンのほうが音質が良いのか

高いイヤホンは安いイヤホンと比べ音の解像度は違うのかもしれませんが、いろいろ試してみた感じではゲーミングイヤホンで価格による音質の違いはほとんど感じられませんでした。

価格や解像度よりも音の傾向の違いのほうが音質に違いを感じやすい印象でした。

もちろんFPSでの足音の捉えやすさも同じで、高いイヤホンのほうが聴き取りやすいということはありませんでした。(※激安イヤホン除く)

音の聴こえ方は人によって違うため耳の良い人は高いイヤホンのほうが音質が良く感じられるということはあるかもしれませんが、個人的には価格にこだわる必要はないかと思います。

 

FPS向けゲーミングイヤホンおすすめランキング

有線タイプ

1位:SHURE SE215 Special Edition

接続方法 有線接続(3.5mm3極)
音の傾向
  • 低音:弱め
  • 中音:普通
  • 高音:強め
ヘッドホン タイプ カナル型(密閉型)
ドライバ シングルダイナミック型MicroDriver
周波数 22Hz~17500Hz
インピーダンス 17Ω
マイク ×
ケーブル ラバータイプケーブル 1.16m
重量 30g
付属イヤーピース フォームイヤパッド(S、M、L)、ソフトフレックスイヤパッド(S、M、L)

特徴

  1. カナル型(密閉型)
  2. やや高音寄りで明瞭感のある音質
  3. フォームイヤパッド(S、M、L)、ソフトフレックスイヤパッド(S、M、L)付属
  4. 低域を強化したダイナミック型ドライバー
  5. 周囲の騒音をブロックする高遮音性デザイン
  6. 着脱式ケーブルと曲がり具合を保持するワイヤー

「SHURE SE215 Special Edition」はカナル型(密閉型)で音を拾いやすく、音漏れが少ないので普段使いとしても使いやすいです。

音の傾向は高音寄りで明瞭感のある音楽を楽しむことが出来ます。FPSでも高音が強いので足音が捉えやすく最適です。

イヤーピースはシリコン製イヤーピースとスポンジのようなフォームイヤーイヤーピースが3サイズずつあり、選択の幅が豊富です。

フックのように耳に引っ掛けることができるようになっており、安定した装着感になっています。

【詳細はこちら】

 

2位:Razer Hammerhead Pro V2

接続方法 有線接続(3.5mm4極)
音の傾向
  • 低音:強め
  • 中音:やや弱め
  • 高音:やや弱め
ヘッドホン タイプ カナル型(密閉型)
ドライバ ネオジム磁石、10mmダイナミックドライバー
周波数 20Hz~20000Hz
インピーダンス 32Ω ± 15%
マイク 極性パターン 無指向性(オムニディレクショナル)
周波数 50Hz~10000Hz
ケーブル ラバータイプフラットスタイルケーブル 1.3m
重量 19.6g
付属イヤーピース シリコン製イヤーピース(S、M、L)、二重フランジアタッチメント

特徴

  1. カナル型(密閉型)
  2. 低音寄りで迫力のある音質
  3. シリコン製イヤーピース(S、M、L)、二重フランジアタッチメント付属
  4. Razer Hammerhead Proより20%大きい特大10 mm ダイナミックドライバー
  5. 耐久性の高いフラットスタイルケーブル
  6. クイックアクションコントロールボタン付きインラインマイク

「Razer Hammerhead Pro V2」はカナル型(密閉型)で音を拾いやすく、音漏れが少ないので普段使いとしても使いやすいです。

音の傾向は低音寄りで迫力のある音楽を楽しむことが出来ます。その分FPSでの足音の聞き取りやすさは少し弱めです。

イヤーピースも3サイズのシリコン製イヤーピースと二重フランジアタッチメントがあり、耳の形状に合わせて選択しやすいです。

ケーブルにはクイックアクションコントロールボタン付きインラインマイクが備わっており、音量調整が容易で通話も可能。

【詳細はこちら】

 

3位:Sennheiser IE40 PRO

接続方法 有線接続(3.5mm3極)
音の傾向
  • 低音:やや強め
  • 中音:やや弱め
  • 高音:やや強め
ヘッドホン タイプ カナル型(密閉型)
ドライバ ダイナミック
周波数 20Hz~18000Hz
インピーダンス 20Ω
マイク ×
ケーブル ラバータイプケーブル 1.3m
重量 18g
付属イヤーピース シリコンイヤーアダプター(S、M、L)、フォームイヤーアダプター(M)

特徴

  1. カナル型(密閉型)
  2. やや低音寄りで迫力のある音質
  3. シリコンイヤーアダプター(S、M、L)、フォームイヤーアダプター(M)付属
  4. 高低両方の音圧でサウンドを正確に伝えるダイナミックなインイヤーモニタリングヘッドホン
  5. 歪みのない均一なサウンド再生が可能なダイナミックドライバー

「Sennheiser IE40 PRO」はカナル型(密閉型)で音を拾いやすく、音漏れが少ないので普段使いとしても使いやすいです。

音の傾向は低音と高音が強く中音が弱いので、迫力と明瞭感がありかなり高音質な聞こえ方になっています。FPSはもちろん音楽/映画鑑賞にも最適です。

イヤーピースは3サイズのシリコン製イヤーピースとスポンジのようなフォームイヤーイヤーピースがあり、好みに合わせて選択しやすいです。

フックのように耳に引っ掛けることができるようになっており、安定した装着感になっています。

【Black】

【Clear】

【詳細はこちら】

 

4位:Razer Hammerhead Duo

接続方法 有線接続(3.5mm4極)
音の傾向
  • 低音:やや弱め
  • 中音:やや弱め
  • 高音:強め
ヘッドホン タイプ カナル型(密閉型)
ドライバ ダイナミック型およびバランスドアーマチュア(BA)型のハイブリッド
周波数 20Hz~20000Hz
インピーダンス 32Ω ± 15%
マイク 極性パターン 無指向性(オムニディレクショナル)
周波数 100Hz~10000Hz
ケーブル 編組被覆ケーブル 1.2m
重量 17g
付属イヤーピース シリコン製イヤーピース(S、M、L)

特徴

  1. カナル型(密閉型)
  2. やや高音寄りでクリアな音質
  3. シリコン製イヤーピース(S、M、L)付属
  4. 重低音を中音・高音と分離することができるデュアル(ハイブリッド)ドライバー技術採用

「Razer Hammerhead Duo」はカナル型(密閉型)で音を拾いやすく、音漏れが少ないので普段使いとしても使いやすいです。

音の傾向は高音寄りでとてもクリアな音質になっており、足音を捉えやすい音になっています。

イヤーピースも3サイズから選択することができ、耳の形状に合わせやすいです。

ケーブルにはメディアコントローラーが備わっており、音量調節や再生/一時停止がしやすく通話も可能。

【詳細はこちら】

 

5位:JBL Quantum 50

接続方法 有線接続(3.5mm4極)
音の傾向
  • 低音:やや強め
  • 中音:やや弱め
  • 高音:やや弱め
ヘッドホン タイプ カナル型(密閉型)
ドライバ 8.6 mmダイナミックドライバー
周波数 20Hz~20000Hz
インピーダンス 16Ω
マイク 極性パターン
周波数 100Hz~10000Hz
ケーブル ラバー+布巻きタイプケーブル 1.3m
重量 21.5g
付属イヤーピース シリコン製イヤーピース(S、M、L)

特徴

  1. カナル型(密閉型)
  2. やや低音寄りで迫力のある音質
  3. シリコン製イヤーピース(S、M、L)付属
  4. 音量スライダーとマイクミュートコントローラー付き
  5. インラインボイスフォーカスマイク

「JBL Quantum 50」はカナル型(密閉型)で音を拾いやすく、音漏れが少ないので普段使いとしても使いやすいです。

音の傾向は低音寄りで迫力のある音楽を楽しむことが出来ます。高音も程よく出ておりFPSでも問題なく使用できます。

イヤーピースは3サイズのシリコン製イヤーピースがあり、耳の形状に合わせて選択しやすいです。

ケーブルにはコントローラーが備わっておりメディアコントロール、通話コントロールが可能。

インラインボイスフォーカスマイクが備わっており、通話も可能となっています。

とても安価でかつ機能も豊富で、コスパに優れるイヤホンとなっています。

【詳細はこちら】

 

6位:HyperX Cloud Earbuds

接続方法 有線接続(3.5mm4極)
音の傾向
  • 低音:やや強め
  • 中音:やや弱め
  • 高音:やや弱め
ヘッドホン タイプ インナーイヤー型(開放型)
ドライバ ネオジム磁石、ダイナミック14mm径
周波数 20Hz~20000Hz
インピーダンス 65Ω
マイク 極性パターン 無指向性(オムニディレクショナル)
周波数 100Hz~6300Hz
ケーブル ラバータイプフラットスタイルケーブル 1.2m
重量 19g
付属イヤーピース シリコン製イヤーピース(S、M、L)

特徴

  1. インナーイヤー型(開放型)
  2. やや低音寄りで迫力のある音質
  3. シリコン製イヤーピース(S、M、L)付属
  4. インラインマイク搭載イヤホン

「HyperX Cloud Earbuds」はインナーイヤー型(開放型)でゆったりとした装着感で圧迫感が少なく、長時間の装着に向いています。

音の傾向は低音寄りで迫力のある音楽を楽しむことが出来ます。高音も程よく出ておりFPSでも問題なく使用できます。

イヤーピースも3サイズから選択することができ、耳の形状に合わせやすいです。

ケーブルにはメディアコントローラーが備わっており、再生/一時停止がボタン1つで操作でき通話も可能。

created by Rinker
ハイパーエックス(HyperX)
¥3,980 (2022/01/24 00:06:28時点 Amazon調べ-詳細)

【詳細はこちら】

 

低遅延無線(ワイヤレス)タイプ

1位:XROUND AERO Wireless

接続方法 ワイヤレス接続(Bluetooth)
音の傾向
  • 低音:やや強め
  • 中音:やや弱め
  • 高音:普通
ヘッドホン タイプ カナル型(密閉型)
ドライバ 6mmチタンコートドライバー
周波数 20Hz~20000Hz
インピーダンス 16Ω
マイク 極性パターン
周波数
ケーブル
重量 21.5g
付属イヤーピース Spinfitイヤーピース(S、M、L)、遮音イヤーピース(S、M、L)
ワイヤレス接続 Bluetoothバージョン Bluetooth5.0
対応コーデック SBC、AAC
対応プロファイル AVRCP1.6 / HSP1.2 / HFP1.7 / A2DP1.3.1
通信距離 10m
バッテリー バッテリー寿命 イヤホン本体:6時間 / 充電ケース含む:24時間※AAC規格、同時にゲーミングモード+サラウンドオン音量50%でテスト
充電時間 1時間内にフル充電

特徴

  1. ゲームに特化した完全ワイヤレスイヤホン
  2. 50msの低遅延(ゲーミングモード)
  3. 音の位置や距離感をはっきり感じ取ることができるサラウンドシステム「XROUND Lite」
  4. 専用アプリによりイコライザー設定が可能
  5. マイクアレイによる通話時のノイズ除去
  6. カナル型イヤホン

Bluetooth接続完全ワイヤレスイヤホンでケーブルの煩わしさが無く、動きやすく快適な使用感。

カナル型(密閉型)で音を拾いやすく、音漏れが少ないので普段使いとしても使いやすいです。

低音と高音が強く中音が弱いため音の聴こえ方が良く、FPSはもちろん音楽/映画鑑賞にも最適です。

耐水性がありイヤホンサイドをタッチすることで操作できるので、ランニングなど普段使いにとても便利です。

イヤーピースはSpinfitイヤーピース(S、M、L)、遮音イヤーピース(S、M、L)と種類が豊富で、好みで選びやすくなっています。

50msの低遅延モード(ゲーミングモード)により、ほとんど気にならないほど遅延は感じなくなります。

【XROUND Bluetooth 5.0 トランスミッター XRD-XT-01】

※PC/PS4/SwitchなどのBluetooth非対応機器と接続するのに使用

created by Rinker
エックスラウンド(Xround)
¥4,980 (2022/01/24 08:36:35時点 Amazon調べ-詳細)

【詳細はこちら】

 

2位:Razer Hammerhead True Wireless

接続方法 ワイヤレス接続(Bluetooth)
音の傾向
  • 低音:やや強め
  • 中音:やや弱め
  • 高音:普通
ヘッドホン タイプ インナーイヤー型(開放型)
ドライバ 13mmダイナミックドライバー
周波数 20Hz~20000Hz
インピーダンス 32Ω ± 15%
マイク 極性パターン 無指向性(オムニディレクショナル)
周波数 300Hz~5000Hz
ケーブル
重量 45g
付属イヤーピース シリコン製イヤフォンパッド
ワイヤレス接続 Bluetoothバージョン Bluetooth5.0
対応コーデック SBC、AAC
対応プロファイル
通信距離 10m
バッテリー バッテリー寿命 最大16時間(イヤホン4時間+充電ケース12時間)
充電時間 最大1.5時間

特徴

  1. Bluetooth接続完全ワイヤレスイヤホン
  2. インナーイヤー型イヤホン
  3. 60msの低レイテンシー(ゲーミングモード)
  4. バッテリー持続時間最大16時間(イヤホン4時間+充電ケース12時間)
  5. 耐水性に優れたIPX4設計(水の飛沫程度)

Bluetooth接続完全ワイヤレスイヤホンでケーブルの煩わしさが無く、動きやすく快適な使用感。

インナーイヤー型(開放型)でゆったりとした装着感で圧迫感が少なく、長時間の装着に向いています。

低音と高音が強く中音が弱いため音の聴こえ方が良く、FPSはもちろん音楽/映画鑑賞にも最適です。

耐水性がありイヤホンサイドをタッチすることで操作できるので、ランニングなど普段使いにとても便利です。

Bluetooth接続ですが、60msの低遅延モード(ゲーミングモード)によりほとんど気にならないほど遅延は感じなくなります。

【詳細はこちら】

 

補足

Amazonでお得な買い方

Amazonギフト券チャージしてから買うだけで最大2.5%ポイントが還元されるので、普通に買うよりもお得です。

コレをしないと常に数%分のポイントを損することになるので、絶対に知っておいた方が良いです。

詳細やその他お得な買い方を下の記事で解説しています。

Amazonプライムを利用するといろいろお得

Amazonでよく買い物をする方はAmazonプライムを利用するとお得です。

プライム会員だと「注文金額が2000円未満」「お急ぎ便」「日時指定」でも配送料が無料だったり、TwitchPrime限定のゲームアイテムを貰えたりといろいろな特典があります。

下の記事でAmazonプライムのゲーマー向けの特典情報をまとめているので、よければ参考にしてみてください。

音質に不満があるのであればサウンドカードを通せば良くなるかも

音質に不満があるのであればサウンドカードを通せば良くなるかも

オンボードサウンド+イヤホンで音楽を聴いているとどうしても音質が悪く感じる場合があります。

オンボードサウンドの性能が良ければサウンドカードとほとんど変わらない音質で聞くことができますが、性能が悪いとどうしても音質が悪くなってしまいます。

音質に不満があるのであれば外付けのサウンドカードを使うことで手っ取り早く音質を改善することができます。

またサウンドカードがあればイヤホンでもイコライザー設定が使える様になるのもメリットです。

FPSにおすすめのゲーミングヘッドセット

FPSにおすすめのゲーミングヘッドセットは下の記事で解説しています。

-イヤホンおすすめ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。