デバイス比較・知識

ゲーミングキーボードの配列の違い

投稿日:

ゲーミングキーボードの配列の違い

当サイトはFPS向けにゲーミングデバイスのレビューを行っています。

当記事では「ゲーミングキーボードの配列の違い」について解説します。




配列の違い

日本語配列(JIS) 英語配列(US)

ゲーミングキーボードの配列には日本語配列(JIS)と英語配列(US)があります。

日本語配列(JIS)と英語配列(US)ではキーの配置、キーの有無、キーのサイズに違いがあります。

キーの配置

キーの配置の違いは以下。

日本語配列 日本語配列(+Shift) 英語配列 英語配列(+Shift)
全角/半角 ` ~
2 2 @
6 & 6 ^
7 7 &
8 ( 8 *
9 ) 9 (
0 0 )
= _
^ ~ = +
\ | BackSpace
@ ` [ {
[ { ] }
; + ; :
: *
] } Enter
\ _ RShift
Enter \ |

キーの有無

日本語配列には「全角/半角」「無変換」「変換」「カタカナひらがな」キーがありますが、英語配列にはそれらのキーがありません。

キーのサイズ

日本語配列は「エンターキー」が大きく、「BackSpace」「Space」「RShift」が小さめです。

英語配列は「BackSpace」「Space」「RShift」が大きく、「エンターキー」が小さめです。

日本語配列であればエンターキーを見なくても小指で押すことができても、英語配列だと別のキーを押してしまうということが多々あります。

英語配列でも日本語入力は可能

英語配列でも日本語入力は可能です。

しかしキーの印字と実際に入力される文字が違うため、慣れるまでは困惑するかもしれません。

特別な理由が無い限りは日本語配列のキーボードを使うのが無難です。

 

サイズの違い

ゲーミングキーボードのサイズには大きく「フルサイズ」「テンキーレス」「60%」があります。

フルサイズ

フルサイズ

フルサイズは基本的なキー+ファンクションキー+テンキーが備わっており、文字入力等の作業に向いています。

キーの数が多い分キーボードのサイズも大きめです。

テンキーレス

テンキーレス テンキーレス2

テンキーレスはその名の通り、フルサイズからテンキーが省略されています。

その分テンキー分のスペースが縮まるため、省スペースなサイズとなっています。

必要最低限のキーが備わっているので、ゲームや作業などにも最適。

またテンキーレスの中でも、「Print Screen」「Scroll Lock」「Pause」が搭載されているものや省略されているものもあります。

60%

表 65%

60%はテンキー、ファンクションキー、DELETEキー周辺や矢印キーが省略されています。

そのため縦横ともに幅が短く、コンパクトなキーボードとなっています。

サイズが小さくマウスの可動域を取りやすくゲームに向いています。

持ち運びもしやすいサイズ感なので、外に持っていきたい場合にも便利です。

キーが少ない分、作業には不向き。

また60%系には右端に1列追加し、DELETEキーや矢印キーなどが追加されたものもあります。

 

おすすめのゲーミングキーボード

-デバイス比較・知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ

Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ(300.150)

FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド

FPS向けおすすめのゲーミングヘッドセット

【FPS向け】おすすめのゲーミングキーボード

【FPS向け】おすすめのゲーミングモニター

FPS向けおすすめマウスバンジー

FPS向けおすすめのサウンドカード(USBDAC)

おすすめのゲーミングイヤホン【FPS向け】

【FPS向け】おすすめのゲーミングチェア

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。