キーボードおすすめ ゲーミングデバイスおすすめ

【コスパ重視】安いおすすめのゲーミングキーボード【同時押し確認済み】

投稿日:2020年10月10日 更新日:

当サイトは主にFPSを観点にゲーミングデバイスのレビューを行っています。

当記事では安さ、コスパ重視のおすすめゲーミングキーボードを紹介します。




安い(激安、格安)ゲーミングキーボードの特徴・違い

安いキーボードはメンブレンキーボードが多い

安いキーボードはメンブレンキーボードが多い

メンブレンキーボードは安めのものが多いです。ゲーミングキーボードは1万を超えるものが多いですが、メンブレンキーボードは5000円以下で買えるものも多いです。

キーの下に回路の張り巡らされたシートがあり、そのシートで押下されたキーを読み取る方式になっています。1シートで全てのキーの読み取りを行っており、ほかのメカニカル方式などと比べると安価です。

メンブレンキーボードは安いことが最大のメリットですがその分、押し心地があまりよくなかったり同時入力ができなかったりとデメリットもあります。

ゲームにとっては同時押しができないことはかなりの欠点と言えます。なのでメンブレンキーボードはあまりゲーム向きではないです。どうしても安いものが良くてある程度操作できればいいという場合はメンブレンもありです。

メカニカルキーボードでも安いものはある

メカニカルキーボードでも安いものはある

メカニカルキーボードでも安いものはあります。メカニカルキーボードは1万円を超えるものがほとんどです。しかし中には半分くらいの価格で買えるものもあります。

では安いものと高いものでどのような違いがあるかと言えば、フレームの耐久性や質感、スイッチの耐久性、ライティング、ソフトウェア機能がないなど様々な面でコストが省かれている傾向があります。

しかしスイッチの押し心地や質感、操作性などは意外と差がなく安いものでもゲームに使うことも普通にできます。

なので特にこだわりがなく普通にゲームで操作できればいいという方は安いものでも問題ありません。メカニカルキーボードであれば同時入力の心配はありません。

高いものと比べて応答速度が遅め

ゲーミングキーボードの応答速度(反応速度)

同じメカニカルキーボードでも安いものと高いものでは結構キー応答速度に差が出ることがあります。

というのもメカニカルキーボードの搭載されているキースイッチは物によって違い、キースイッチに寄ってアクチュエーションポイント(キーの押下時にスイッチがOFFからONに切り替わる距離)、押下圧、純粋なキー応答速度などに違いがあります。

安いキーボードはそれらが要因で応答速度が若干遅くなってしまう傾向にあるように感じます。体感で感じられるほどの差ではないのでそこまで気にすることはありませんが、出来れば速いほうが良いですよねという話です。

高いものと比べてライティング性能が低め

高いものと比べてライティング性能が低め

高いキーボードはLEDの明るさが明るく、色の種類が多く、ソフトウェアでのカスタイマイズがかなり細かくできます。

しかし安いキーボードは明るさがそこまでだったり色が単色だったりカスタマイズに乏しかったりします。

ライティングもこだわりたいという方はある程度高めのものを買う必要があると思います。

 

安いおすすめのゲーミングキーボード

Corsair K63

キースイッチ 方式 メカニカル式
スイッチ Cherry MX メカニカルキースイッチ
赤軸
アクチュエーションポイント 2.0mm
キーストローク 4.0mm
押下圧 45g
耐久性 1億クリック
サイズ フォームファクター テンキーレス
365mm
奥行 171mm
高さ 41mm
重量 1120g
ケーブル ケーブル名
タイプ ラバー
長さ 1.8m
レポートレート(Hz) 1000
配列 日本語配列
ソフトウェア iCUE

【特徴】

  1. CHERRY MX REDスイッチ搭載
  2. コンパクトなテンキーレスデザイン
  3. 赤色LEDバックライト
  4. 日本語配列
  5. 専用メディアキー搭載

【⇓レビュー記事⇓】

 

ELECOM ゲーミングキーボード「TK-G01UKBK」

キースイッチ 方式 メカニカル式
スイッチ メカニカルスイッチ
茶軸
アクチュエーションポイント 1.9mm
キーストローク 4.0mm
押下圧
耐久性 5000万クリック
サイズ フォームファクター テンキーレス
366.3mm
奥行 142.6mm
高さ 37mm
重量 976.8g
ケーブル ケーブル名
タイプ ラバー
長さ 2m
レポートレート(Hz) 1000
配列 日本語配列
ソフトウェア

【特徴】

  1. 低価格で買える高コスパなメカニカルキーボード
  2. ほどよいクリック感と重さがあり、うるさくならない茶軸キースイッチ
  3. コンパクトなテンキーレスデザイン
  4. 5000万回の高耐久スイッチ
  5. 全キーロールオーバー対応

【⇓レビュー記事⇓】

 

Logicool K835 TKL

キースイッチ 方式 メカニカル式
スイッチ メカニカルスイッチ
クリッキー(青軸)、リニア(赤軸)
アクチュエーションポイント
キーストローク 4.0mm
押下圧 45g
耐久性 5000万クリック
サイズ フォームファクター テンキーレス
355mm
奥行 127mm
高さ 36.3mm
重量 650g
ケーブル ケーブル名
タイプ ラバー
長さ 1.5m
レポートレート(Hz)
配列 日本語配列
ソフトウェア

【特徴】

  1. 低価格で買える高コスパなメカニカルキーボード
  2. 滑らかで静音なリニアスイッチ(赤軸)
  3. コンパクトなテンキーレスデザイン
  4. 丈夫なアルミニウムフレーム
  5. カラー展開(グラファイト スレートグレー、オフホワイト シルバー)
  6. キースイッチ(クリッキー(青軸)、リニア(赤軸))

【⇓レビュー記事⇓】

 

補足

Amazonプライムを利用するといろいろお得

Amazonでよく買い物をする方はAmazonプライムを利用するとお得です。

プライム会員だと「注文金額が2000円未満」「お急ぎ便」「日時指定」でも配送料が無料だったり、TwitchPrime限定のゲームアイテムを貰えたりといろいろな特典があります。

下の記事でAmazonプライムのゲーマー向けの特典情報をまとめているので、よければ参考にしてみてください。

ゲーミングキーボードの選び方

ゲーミングキーボードの選び方は下の記事で解説しています。

-キーボードおすすめ, ゲーミングデバイスおすすめ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ

Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ(300.150)

FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド

FPS向けおすすめのゲーミングヘッドセット

【FPS向け】おすすめのゲーミングキーボード

【FPS向け】おすすめのゲーミングモニター

FPS向けおすすめマウスバンジー

FPS向けおすすめのサウンドカード(USBDAC)

おすすめのゲーミングイヤホン【FPS向け】

【FPS向け】おすすめのゲーミングチェア

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。