FPS酒場

FPS(ファーストパーソン・シューター)を主とした情報をまとめるブログです

デバイス-周辺機器

Logicool G203 LIGHTSYNCをレビュー

投稿日:

当サイトはゲーミングデバイスをFPSに観点を置いてレビューしています。

今回はLogicool(ロジクール)のゲーミングマウス「Logicool G203 LIGHTSYNC(G203-WH)」をレビューしていきます。




もくじ

Logicool G203 LIGHTSYNCの特徴

Logicool G203 LIGHTSYNCの特徴

Amazon価格3000円台と低コストで、FPSゲームにも十分な性能を持つ

G203 LIGHTSYNCはAmazon価格3000円台ととても安いにもかかわらず、センサーは8000DPI、最大認識速度200IPSとFPSゲームのような激しいマウス操作をするゲームにも十分な性能を持っている。

つまみやすい小型で卵型形状

G203 LIGHTSYNCは非常に小さく卵のような形をしたマウス。つまみ持ちの人や手の小さな人に最適な形状になっている。

1680万色RGB

LIGHTSYNCテクノロジーとG HUBにより、RGBライトを約1,680万色から選んでカスタマイズ。

 

Logicool G203 LIGHTSYNCの性能(スペック)

ボタン 6箇所(左右メイン、左サイド×2、ホイールボタン、DPI変更ボタン)
ケーブルタイプ ビニールケーブル
ケーブル長 2.1m
長さ 116.6mm
62.15mm
高さ 38.2mm
重量 85g(ケーブルを除く)
DPI 200~8000dpi(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000hz
最大認識速度 200IPS
最大加速度 25G
耐クリック回数
センサー

ゲーミングマウスに良く使われる用語集

 

Logicool G203 LIGHTSYNCのパッケージ内容

表面 前 左
裏面 後ろ 右

大きさ

大きさ

形状は左右対称マウスで、卵のような形をしています。

大きさはかなり小さめで、ゲーミングマウスの中でも最小クラスです。

左サイドの形状

左サイドの形状2 左サイドの形状

サイドは前部と後部の幅が狭く、中心部が広くなっているため指がはまる窪みがなく膨らむような形状をしています。上部に行くほどこの膨らみは大きくなり下部にいくと真っすぐになっています。

右サイドの形状

右サイドの形状2 右サイドの形状

左サイドと形状は一緒です。

サイドの滑り止め

サイドの滑り止めは張られていませんが、表面がザラザラとしているため比較的指に引っかかりやすい質感をしています。

重量も軽めなので滑り止めが無くてもしっかりとマウスを保持できます。

表面の形状と質感

表面の形状と質感 表面の形状と質感2

表面の形状はふくらみのトップの位置は、左右は中心、前後はやや後ろ側にあります。

後部の高さが高めになっているので、手のひら後部とのフィット感が強くなります。

ソールと滑りやすさ

裏面

ソールは4隅に小さなソールが張られています。

滑りはとてもよく小さな力でも動かすことができます。ただ少し横方向に動かしたとき引っかかりを感じます。

重さ

重さ

重量は公称値が85g(ケーブルを除く)です。実測重量はケーブル分が含まれ81gでした。

同系統のG304が95.5g、G PRO HEROが83gなのでなかなか悪くない重さです。

ケーブル

ケーブル ケーブル2

ケーブルはビニールケーブルでビニールケーブルの中では細めで比較的柔らかいほうかと思います。

マウスを大きく振り回しても引っ張られるような感覚はなく、そこまで邪魔になる感じではないです。

ただ細いのでマウスバンジー上手く引っかからないことがあるかもしれません。

また、ケーブルとマウスの接合部は少し高い位置にあります。

 

Logicool G203 LIGHTSYNCのボタンとクリックについて

左右メインボタン

左右メインボタン

クリックの重さが軽く、ストロークは浅めです。

音は少し高めで標準的な音量かなと思います。

サイドボタン

サイドボタン

サイドボタンは左側のみあります。

位置的には中央から少し前側にあります。

しっかりと飛び出しているので、親指を移動させるだけで押すことができます。

重さは標準的。

スクロールホイール

スクロールホイール

ホイールはゴム製で溝が細かく彫られています。

ホイールの重さは結構軽めです。ロックも僅かながら1スクロールずつかかります。

ホイールボタンの重さは少し軽めです。

DPI変更ボタン

DPI変更ボタン

スクロールホイールの下にDPI変更ボタンが備わっています。

 

Logicool G203 LIGHTSYNCのソフトウェア(G Hub)

Endgame Gear XM1はボタン割り当てやライティングがないため非常にシンプルなものになっています。

LIGHTSYNC

LIGHTSYNC

約1,680万の色、効果、速度、輝度を設定することができます。

プリセット

  • オフ
  • 固定
  • サイクル
  • ブリージング
  • 色の波
  • 色の混合
  • 画面サンプラー
  • オーディオビジュアライザー

フリースタイル

3か所の色を自分でカスタマイズできます。

アニメーション

  • OCEAN WAVE
  • RED WHITE AND BLUE
  • VERTICOOL

割り当て

割り当て

ボタンごとの割り当てを行うことができます。

GシフトはどこかのボタンにGシフトを割り当てて、そのボタンを押している間デフォルトの割り当てとは別の割り当てを使用できるというもの。1つのボタンで2つの割り当てを使用することができます。

感度(DPI)

感度(DPI)

DPI速度

DPIとはマウス感度のことで高い数値ほどマウスカーソルの移動が速くなります。

DPIは5つまでステージを設定でき、DPI変更ボタンを押すことで変更できます。

DPIは200~8000の50刻みで設定することができます。

デフォルトでは400,800,1600,3200となっています。

レポートレート(毎秒)

レポートレートとはいわゆるポーリングレートのことで、1秒間にマウスの操作情報を送信する回数です。ポーリングレートの数値が高いとカーソルが滑らかに動きます。

ポーリングレートは125/250/500/1000の中から選択できます。

特にこだわりがないのであれば、1000にしておけば良いです。

 

Logicool G203 LIGHTSYNCの使用感

実際にゲームをプレイしてみたところ、センサーの挙動に違和感などは一切ありませんでした。変な飛びもないし横に真っすぐ動かせば横に真っすぐ動くし縦も同様です。

次はマウスの持ち方ごとの使用感です。ちなみに僕の手のサイズは中指の先端から手首までで約18.5cmです。

かぶせ持ちでの使用感

かぶせ持ちでの使用感

保持はできます。指と手のひら後部のフィット感は悪くないのでしっかり支えることができます。

しかし手のひらはほぼ当たらないのでつかみ持ちしてるのとほとんど変わりません。

手のひら全体でしっかり保持したいという方には向いていません。かぶせ持ちの形をしていれば問題ないという方ならOK。

サイズはかなり小さいので手が大きい人には向かないと思います。

つかみ持ちでの使用感

つかみ持ちでの使用感

少し保持しづらいです。

かなり小さいマウスなのでどうしても長さが足りず、手のひら後部の当たりが弱いです。

指を寝かせて前側を持つようにすれば手のひら後部の当たりも強くなるのでそれなりに安定しますが、指をしっかり立てて保持したいという人には小さすぎるかなと感じました。

手が小さい方なら扱えると思います。

つまみ持ちでの使用感

つまみ持ちでの使用感

とても保持しやすいです。

小さいマウスのためマウスが手のひらに触れることがなく、指での操作の妨げになりません。指を大きく動かしてもマウスが手のひらに触ないため、指での垂直方向のAIMがとてもしやすいです。

滑りも良いので力が弱いつまみ持ちでもカクつくことがなくスムーズなAIMができました。

 

センサーテスト

『MouseTester』というソフトを使ってテストを行いました。

  1. 波線が綺麗に続いているほど、カーソルが飛んでしまうなどのおかしな挙動がない。
  2. ラインの動きドットの動きが一致しているほど、マウスの移動距離に対してのカーソルの移動距離が正確。

悪い例

FPSをプレイ中よくAIMが飛んでしまうマウスでのテストです。

○テスト環境

  • DPI:400
  • ポーリングレート:1000
  • マウスパッド:SteelSeries QcK+

よく飛ぶマウス

波線が途中で乱れているのは実際にカーソルが飛んでしまっている部分です。こういった波の乱れがあるものは良好なセンサーとは言えないです。

Logicool G203 LIGHTSYNCのセンサーテスト

○テスト環境

Logicool G203 LIGHTSYNC-400dpi Logicool G203 LIGHTSYNC-800dpi
Logicool G203 LIGHTSYNC-1600dpi Logicool G203 LIGHTSYNC-3200dpi

めちゃくちゃ綺麗な波線をしています。Razerの上位マウスの搭載されている「Razer Focus+ オプティカルセンサー」なみの結果になりました。

いくつかはみ出ているドットもありますが少しのはみ出しなので、かなり正確にトラッキングなされているのではないかと思います。

G PRO HEROよりいい結果じゃんって感じですね。

 

リフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)

リフトオフレンジとは?

マウスを持ち上げたときにセンサーが感知する距離のことです。

このリフトオフレンジが長すぎると、マウスの持ち上げ動作時にセンサーが反応しなくていいタイミングで反応してしまいAIMがぶれてしまいます。

逆に短すぎるとマウスの持ち上げ動作からマウスパッドに置くと同時に視点移動をしようとするとセンサーの反応が遅れてしまい、マウスを動かしているのに視点が動かないタイミングがでてきます。

なのでリフトオフレンジは長すぎても短すぎてもダメということです。

リフトオフレンジの許容範囲

Logicool G203 LIGHTSYNCのリフトオフレンジ(リフトオフディスタンス)

画像の緑色の部分が違和感なくゲームプレイできた長さ、黄色い部分がセンサーの挙動に違和感を感じた長さです。

今のところ分かっていることはリフトオフレンジが0.3mm以下または1.6mm以上のマウスはちょっと違和感を感じるかもということです。

また、許容範囲内でもできるだけ短めのほうが違和感は少ないと言えると思います。これは個人的な意見ですが。

ちなみに比較時に使ったマウスパッドはSteelSeries QcK+です。

Logicool G203 LIGHTSYNCのリフトオフレンジ

Logicool G203 LIGHTSYNCのリフトオフレンジは0.6mmでした。

違和感なく扱える長さです。

 

Logicool G203 LIGHTSYNCの滑りやすさ

滑りやすさ比較のやり方は、マウスパッドに角度をつけてその上の滑り方を比較するやり方を行いました。

比較用マウスパッド:Logicool G640

比較対象:Logicool G203 LIGHTSYNCLogicool G Pro Wireless

GPROと滑りやすさを比較してみたところG203 LIGHTSYNCのほうが滑りやすかったです。

ただ同系統のG PRO HEROよりは滑りづらいといった感じです。

 

応答速度(反応速度)

応答速度 応答速度2

次はマウスのクリックしたときの応答速度を計っていきます

応答速度の計測は「反応速度測定-改」を使わせていただきました。

やり方は反応速度測定を使って100回分のタイムの平均を出し、比較します。

この反応速度測定とは、画面上の黄色い〇が出てきたらクリックするという反応速度の時間を計るものなので正確性には欠けますが、100回もやればマウスの応答速度に差があったりクリックボタンの押しやすさに差があった場合タイムにも差が出ると思うので比較にはなると思います。

FPSなどでは応答速度が速ければ速いほど有利だし遅ければ遅いほど不利になりますね。

Logicool G203 LIGHTSYNCの応答速度(反応速度)

100回やった結果はこのようになりました。

  • 最速:0.14秒
  • 最遅:0.222秒
  • 平均:0.18401秒

平均タイム0.18401秒となりました。

全ゲーミングマウス平均タイムが0.19323秒なので平均的タイムよりかなり速い反応速度を出すことができました。

同系統のG PRO HEROも速い反応速度を出すことができましたが、やはりこれらのマウスはクリックの重さが軽く、ストロークも浅いのでとても速く反応することができます。

〇ゲーミングマウスの応答速度(反応速度)データまとめ

Logicool G203 LIGHTSYNCの応答速度(反応速度)

 

Logicool G203 LIGHTSYNCのベストな使い方

Logicool G203 LIGHTSYNCのベストな使い方

マウスの持ち方

Logicool G203 LIGHTSYNCのおすすめの持ち方はつまみ持ちです。

かぶせ持ち、つかみ持ちユーザーは別のマウスを選んだほうが無難です。

DPI、ポーリングレート

たまにある質問で、「ゲームをやる上で、このマウスの最適なDPIとポーリングレートを教えてください。」というものがありますが、DPIに関してはマウス感度なので人それぞれ違いこれというものはありません。

8000DPIまでセンサーテストを行い、読み取りに問題はないことを確認しているので好きに設定して問題ないかと思います。

ポーリングレートは特にこだわりがないのであれば、1000Hzにしておくことをおすすめします。

 

まとめ

良かった点

  • 安い
  • つまみ持ちとの相性が良い
  • センサーテストによる結果がとてもよかった(Razer最上位マウス並み)

悪かった点

  • ケーブルは細いため、マウスバンジーにうまく引っかからないかも
  • かぶせ持ち、つかみ持ちユーザーにはあまり向かない

-デバイス-周辺機器

執筆者:

スポンサードリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。




FPS/TPS完全攻略ガイドマップ
PUBG攻略・知識情報まとめ
CoD:BO4攻略情報まとめ
Apex Legends攻略情報まとめ

FPS向けゲーミングマウスおすすめ
【2020年】FPS向けおすすめゲーミングマウスパッド(300.150)
安さと性能で厳選!FPSTPS向けおすすめゲーミングモニター
FPS/TPS向けゲーミングヘッドセットおすすめ
【FPS/TPS向け】ゲーミングチェアは自分の姿勢のタイプで選ぼう
FPSゲーマーによるおすすめのゲーミングキーボード紹介【2020年】

FPSゲームのプレイ動画や攻略動画をアップしています。10年以上FPSを続けているのでそれなりに見ごたえのあるプレイができると思っています。興味がありましたら是非ともチャンネル登録お願いします。