マウスおすすめ

【価格ガン無視】最強のゲーミングマウス【FPSガチ勢向け】

FPS向け最強ゲーミングマウス

投稿日:2019年11月15日 更新日:

当記事ではFPSガチ勢向けの最強ゲーミングマウスを紹介します。

最強のゲーミングマウスとは

どういった観点で最強と言っているのか

最強と一言で言っても、人によってどのような観点から最強と言うか変わってくると思います。

なので当記事では以下の観点から最強のゲーミングマウスを厳選していきます。

  1. かぶせ持ち最強ゲーミングマウス
  2. つかみ持ち最強ゲーミングマウス
  3. つまみ持ち最強ゲーミングマウス
  4. 軽さ(軽量)最強ゲーミングマウス
  5. 多ボタン最強ゲーミングマウス
  6. コスパ最強ゲーミングマウス

おすすめの最強ゲーミングマウス

かぶせ持ち最強ゲーミングマウス

SteelSeries Prime Wireless

本体 ボタン 6箇所(左右クリックボタン、左サイド×2、ホイールボタン、底面×1)+電源スイッチ
長さ 125.3mm
前部:59mm、後部:67.9mm
高さ 前部:23mm、後部:42.4mm
重量 80g
ケーブル ケーブル名 USB-C to USB-Aケーブル
ケーブルタイプ 布巻き
ケーブル長 2m
センサー センサー名 TrueMove Air
DPI 18000(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度(IPS) 400
最大加速度(G) 40
スイッチ スイッチ名 Prestige OMスイッチ
耐クリック回数 1億クリック
ソフトウェア SteelSeries GG

【特徴】

  1. プロと共同開発されたPrimeシリーズ
  2. かぶせ持ち、つかみ持ち向け
  3. ワイヤレスながら80gと軽量
  4. 磁力を利用して抵抗を作り出し一貫したクリック感を実現した「Prestige OMスイッチ」搭載
  5. マウスを持ち上げた時、傾けた時も一貫したトラッキング精度を持つ「TrueMove Airセンサー」
  6. ケーブルと変わらないパフォーマンスを実現した「Quantum 2.0 Wireless」
  7. 粗い質感を出したマット仕上げによりグリップを強めた表面
  8. 100%PTFE製マウスソール
  9. 一回の充電で100時間以上のバッテリー寿命

プロと共同開発されたSteelSeriesのPrimeシリーズワイヤレスマウスです。

現状SteelSeries最高峰ゲーミングマウスで、性能はもちろん形状/表面質感/重さ/マウスソールのどれをとってもFPSに最適なものになっています。

今までワイヤレスマウスでかぶせ持ちにがっちりフィットするものがありませんでしたが、やっと出てきてくれたといった感じ。

「Razer DeathAdder V2 Pro」や「Logicool G703h」もかなりかぶせ持ちとの相性が良かったのですが、「SteelSeries Prime Wireless」と比べると薬指と小指側の引っかかりが弱くマウスを保持しにくい感じがありました。

その点「SteelSeries Prime Wireless」はしっかり引っかかるのでとても保持しやすいようになっています。

高価なマウスですが、かぶせ持ちで本気でFPSに取り組みたいという方には最高のマウスかと思います。

【⇓詳細はこちら⇓】

「SteelSeries Prime Wireless」レビュー

つかみ持ち最強ゲーミングマウス

ENDGAME GEAR XM1r

本体 ボタン 6箇所(左右クリックボタン、左サイド×2、ホイールボタン、底面×1)
長さ 122.14mm
65.81mm
高さ 38.26mm
重量 約70g(ケーブル除く)
ケーブル ケーブル名 Flex Cord 2.0
ケーブルタイプ 布巻きタイプ
ケーブル長 1.85m
センサー センサー名 PixArt PAW3370
DPI 50~19000(50~10000(50刻み)、10000~19000(100刻み))、プリセット:400/800(デフォルト)/1600/3200
ポーリングレート 125/500/1000
最大認識速度(IPS) 400
最大加速度(G) 50
スイッチ スイッチ名 Kailh GM 8.0スイッチ
耐クリック回数 8000万クリック
ソフトウェア XM1r

【特徴】

  1. XM1のフォルムと握り心地はそのままに、基幹部分を改善したリニューアルモデル
  2. 左右対称形状でつかみ持ちに理想的な形状
  3. 約70gの軽量かつ剛性の高いシェル構造
  4. XM1を上回る性能の「PixArt PAW3370センサー」搭載
  5. 快適かつ高速なクリックを実現した「Kailh GM 8.0スイッチ」
  6. XM1と同等の柔軟性で耐久性を向上させた「Flex Cord 2.0」
  7. PTFE製マウスソール大・小付属

左右対称でかつ後部が大きく膨らむ形状をしているので、指で後方に引き付けやすくマウス上部の高さが高いため手のひら後部にしっかりフィットします。

サイドの窪みの位置もちょうど良く自然と指がマウスを引き付けやすい位置にくるので、自然でかつ安定したグリップをすることができます。

まさにつかみ持ちが求める理想の形状をしています。

左右対称なので上下のエイムを指だけで操作する場合も問題なくできるので、つかみ持ち向けとしては完成形と言えそうです。

【⇓詳細はこちら⇓】

「ENDGAME GEAR XM1r」レビュー

つまみ持ち最強ゲーミングマウス

Razer Viper V2 Pro

本体 ボタン 6箇所(左右クリックボタン、左サイド×2、ホイールボタン、ホイール下×1、底面×1)
長さ 126.7mm
66.2mm
高さ 37.8mm
重量 Black:58g、White:59g
ケーブル ケーブル名 Razer Speedflex Type-C 充電ケーブル
ケーブル長 1.8m
センサー センサー名 Razer Focus Pro 30K オプティカルセンサー
DPI 30000
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度(IPS) 750
最大加速度(G) 70
スイッチ スイッチ名 第3世代Razer オプティカルマウススイッチ
耐クリック回数 9000万クリック
バッテリー バッテリー寿命 約80時間
充電時間
ソフトウェア Razer Synapse

【特徴】

  1. 「Razer Viper Ultimate」から全体的にアップグレードされた後継モデル
  2. 20%以上軽量化され、58~59gと超軽量になった
  3. 最大36000DPI + 最大認識速度750IPS + 最大加速度70Gに強化された「Razer Focus Pro 30K オプティカルセンサー」を搭載
  4. 耐クリック回数が9000万回の耐久性とタクタイル感が強化された「第3世代 Razer オプティカルマウススイッチ」を搭載
  5. 電力効率が改善され、最大バッテリー持続時間が70時間から80時間に強化

指がしっかり噛みやすい左右対称の形状なのでかつ高さが低いので、指での操作がとてもしやすく細かい操作が可能です。

重量も軽いため力が入りにくいつまみ持ちでも容易に操作ができます。

【⇓詳しくはこちら⇓】

「Razer Viper V2 Pro」レビュー

軽さ(軽量)最強ゲーミングマウス

Finalmouse Ultralight 2 – Cape Town

本体 ボタン 6箇所(左右クリックボタン、左サイド×2、ホイールボタン、ホイール下×1)
長さ 116mm
54mm
高さ 36mm
重量 47g(ケーブル除く)
ケーブル ケーブル名 ファントムコード
ケーブルタイプ 布巻き
ケーブル長 1.9m
センサー センサー名
DPI 400/800/1600/3200
ポーリングレート 500
最大認識速度(IPS)
最大加速度(G)
スイッチ スイッチ名
耐クリック回数
ソフトウェア

【特徴】

  1. 形状は長方形型の左右対称マウスで非常に小さめなマウス、つまみ持ちとの相性良い
  2. ハニカムデザインで超軽量な47g
  3. 抵抗が少なく柔らかい「ファントムコード」
  4. 大きさが調整可能な「INFINITYSKIN」付属

軽さを追求するのであればこのゲーミングマウス。重量は驚異の47g(ケーブル除く)で現状ゲーミングマウスで最も軽いゲーミングマウス。

プロゲーマーの使用率も高く、信頼度も高い。

【⇓詳細はこちら⇓】

「Finalmouse Ultralight 2 – Cape Town」レビュー

created by Rinker
FinalMouse
¥29,000 (2023/02/07 15:47:18時点 Amazon調べ-詳細)

多ボタン最強ゲーミングマウス

Logicool G502WL

本体 ボタン 11箇所(左右クリックボタン、左サイド×3、左クリックサイド×2、ホイールボタン、左右チルト、ホイール下×1)+ホイールスピン切替ボタン
長さ 132mm
75mm
高さ 40mm
重量 114g
ケーブル ケーブル名 充電ケーブル
ケーブルタイプ 布巻き
ケーブル長 1.8m
センサー センサー名 HERO 25K
DPI 100~25600(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度(IPS) 400
最大加速度(G) 40
スイッチ スイッチ名
耐クリック回数
バッテリー バッテリー寿命 ライティングなし:最長60時間、デフォルトのライティング:最長48時間
充電時間
ソフトウェア G Hub

【特徴】

  1. G502 HEROのワイヤレスマウス
  2. G502 HEROから7g軽量化
  3. 左右非対称マウスでかぶせ持ちとの相性が良い
  4. ロジクール史上最高精度のゲーミングセンサー「HERO 25K」を搭載
  5. 11個のプログラム可能な多ボタンマウス
  6. ホイールをノッチあり(コリコリ感)とスピンで切替可能

ボタンの多さで言えばもっと多いマウスもありますが、そういったものは1か所に集中していることが多く操作性を落としてしまう原因になりがちでFPSには向いていません。

Logicool G502WLは1か所にボタンが集中していないため操作性も悪くなく、割り当て可能なボタン数も多く万能なゲーミングマウスです。

【⇓詳細はこちら⇓】

「Logicool G502WL」レビュー

コスパ最強ゲーミングマウス

Pulsar Gaming Gears X2

本体 ボタン 6ボタン(左右クリックボタン、左サイド×2、ホイールボタン、DPIボタン[底面])+電源スイッチ
長さ 120mm
63mm
高さ 38mm
重量 56g
ケーブル ケーブル名 着脱式Type-Cパラコードケーブル
ケーブルタイプ パラコード
ケーブル長 1.9m
センサー センサー名 PixArt PAW3395
DPI 50~26000(50刻み)
ポーリングレート 125/250/500/1000
最大認識速度(IPS) 650
最大加速度(G) 50
スイッチ スイッチ名 Kailh GM 8.0
耐クリック回数 8000万
バッテリー バッテリー寿命 最大70時間
充電時間
ソフトウェア Pulsar Fusion Wireless Mice

【特徴】

  1. つかみ持ちとつまみ持ち向けにデザインされた左右対称のX2シリーズの標準サイズゲーミングマウス
  2. ワイヤレスマウスながら59g超軽量
  3. PixArt社のフラッグシップモデル「PAW3395センサー」を搭載し、DPIは26000DPI、最大認識速度は650IPS、最大加速度は50Gと必要以上のパフォーマンス
  4. クリックボタンには高いクリック感と高耐久な「Kailh GM 8.0」を搭載
  5. スクロールホイールには「TTC Goldエンコーダー」を使用し心地の良いスクロール感を実現

Pulsar Gaming Gearsの左右対称超軽量ゲーミングマウス。

大きすぎず小さすぎず万人受けするサイズ感で、つかみ持ちやつまみ持ちで窮屈感の少ないグリップが出来ます。

59gを最近のゲーミングマウスの中でもかなり軽量で、素早いマウス操作を行うことが出来ます。

ソフトウェアではDPIやポーリングレートなどの一般的な設定はもちろんLoDやデバウンスタイム、リップル制御などコアな部分まで設定できたりとFPSゲーム向けの項目が豊富です。

センサーやクリックスイッチも高性能なものを搭載しており全体的にかなり充実したパフォーマンスを持っていながら、ワイヤレスマウスの中では比較的安価とかなりコスパに優れるマウスになっています。

【⇓詳しくはこちら⇓】

Pulsar Gaming Gears「Xlite V2/Xlite V2 Mini/X2/X2 Mini」を一斉比較レビュー

補足

ゲーミングマウスをもっと使いやすくする方法

マウスの滑りやすさはマウスパッドで調節したほうが良い

マウスによって滑りやすさに多少の違いがあります。

ですがマウスの持ちやすさを犠牲にしてまで、滑りやすさを重視して選ぶのはもったいないです。

マウスパッドにも滑りやすいタイプ~滑りづらいタイプまでたくさんあるので、滑りやすさはマウスパッドで調節するようにすると良いです。

FPS向けおすすめのゲーミングマウスパッド【滑りやすさ別】

邪魔なケーブルはマウスバンジーで解消

FPSのようなマウスを激しく動かすゲームではケーブルが邪魔になり、マウス操作の妨げになることが良くあります。

マウスバンジーというケーブルを固定するアイテムを使うことでケーブルの煩わしさはかなり解消されるので、有線マウスを使用する場合は検討してみてはどうでしょうか。

【FPS向け】おすすめのマウスバンジー【邪魔なケーブルを解消】

マウスソールを張り替える

ゲーミングマウスの底面にはマウスの滑りを良くすためのマウスソールが張られています。

マウスソールは使っていくうち摩耗し、滑りが悪くなっていきます。

マウスソールは単品で売られており張り替えも簡単なので、滑りが悪くなったなと感じたら張り替えると良いです。

おすすめのマウスソール

マウスのグリップ性を上げたい場合はグリップテープを張る

ゲーミングマウスはグリップ性を高めるためにマウスサイドに滑り止めラバーが張られていたり、グリップしやすい表面加工がされているものがあります。しかし中には滑りやすくしっかりグリップできないようなマウスもあります。

そんな時はグリップテープをマウスに張ることで簡単にグリップ性を高めることが出来、しっかりとマウスをグリップ出来るようになります。

おすすめのマウス・キーボード用グリップテープ

Amazonでお得な買い方

Amazonギフト券チャージしてから買うだけで最大2.5%ポイントが還元されるので、普通に買うよりもお得です。

コレをしないと常に数%分のポイントを損することになるので、絶対に知っておいた方が良いです。

詳細やその他お得な買い方を下の記事で解説しています。

Amazonでお得な買い方【ポイント還元・貯め方】

Amazonプライムを利用するといろいろお得

Amazonでよく買い物をする方はAmazonプライムを利用するとお得です。

プライム会員だと「注文金額が2000円未満」「お急ぎ便」「日時指定」でも配送料が無料だったり、Prime Gaming限定のゲームアイテムを貰えたりといろいろな特典があります。

下の記事でAmazonプライムのゲーマー向けの特典情報をまとめているので、よければ参考にしてみてください。

Amazonプライムお得情報【ゲーマー向け】

-マウスおすすめ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です