ヘッドセットおすすめ

【軽量】おすすめの軽いゲーミングヘッドセット【165~287g】

【軽量】おすすめの軽いゲーミングヘッドセット

投稿日:2020年11月22日 更新日:

当記事ではおすすめの軽いゲーミングヘッドセットを紹介します。

どれくらいから軽いゲーミングヘッドセットか

軽いヘッドセット 重いヘッドセット

今後ゲーミングヘッドセットもどんどん軽量化されていくと思うので目安は下がっていくかと思いますが、今のところゲーミングヘッドセットの重さの目安として300g以下は軽めと言えます。

重いもので400g近いものから軽いもので250g以下と物によりかなり違いがあり、体感も結構変わってくるので重さはしっかり確認しておきたいですね。

軽量ゲーミングヘッドセットの特徴や傾向

軽量ゲーミングヘッドセットの特徴や傾向は以下があります。

  1. 耐久性がやや劣る
  2. 比較的安め
  3. 見た目が安っぽい

耐久性がやや劣る

軽量ゲーミングヘッドセットは軽くするためにプラスチックがベースになっていたり、アームが細くなっていたりとやや耐久性に劣る部分があります。

もちろんちょっと無理したくらいで壊れるほどではないので普通に使えるのでその点は深く気にする必要はありません。

比較的安め

軽量ゲーミングヘッドセットは軽くするためにLEDやボタンが少なかったり、プラスチック素材が多く使われていたりします。

部品が減ったり安い素材が使われれていれば当然その分安くなるので、軽量ゲーミングヘッドセットは案外安かったりします。むしろ高いゲーミングヘッドセットほど大きなドライバーを積んでいたり機能が多かったり頑丈な素材が使われている分重くなっていたりします。

見た目が安っぽい

軽量ゲーミングヘッドセットは軽くするためにプラスチック素材が使われていたりする分、見た目が安っぽくなったりします。

当然ちゃんとした見た目のものもあるので、見た目が気になるという方はデザインもしっかり確認しておくと良いと思います。

軽量ゲーミングヘッドセットのメリット、デメリット

軽量ゲーミングヘッドセットのメリット

  1. 頭や耳や首への負担が軽減される
  2. 頭を動かしてもズレにくい

頭や耳や首への負担が軽減される

ゲーミングヘッドセットは頭に当たるヘッドバンドと耳に当たるイヤーパッドでヘッドセットの重さを支えます。軽ければ軽いほどそれらの部分の負担が軽くなります。

また軽ければ軽いほど首への負担も減らすことができます。長時間着けていることが多いという方は軽いほうが負担を減らすことが出来るかと思います。

頭を動かしてもズレにくい

ヘッドセットが重いと下を向いたときに落ちやすかったり、頭を振ったときに勢いでズレてしまったりしやすいです。

ゲーム中はあまり動かすことはないかと思いますが、ヘッドセットを付けたまま動きたいという方は軽めのほうが良いかと思います。

軽量ゲーミングヘッドセットのデメリット

軽量ゲーミングヘッドセットのデメリットは無いと思います。

ゲーミングヘッドセットは軽ければ軽いほど使いやすいはずです。軽くするために犠牲にしなければいけない部分はあるかと思いますが軽いこと自体にデメリットは無いと思います。

ゲーミングヘッドセットの選び方

ゲーミングヘッドセットをしっかり活用するには、自分に合ったヘッドセットを選ぶことが重要です。

ゲーミングヘッドセットの選び方を下の記事にまとめています。

ゲーミングヘッドセットの選び方

おすすめの軽いゲーミングヘッドセット

Logicool G331:それなりの音質でとにかく安いヘッドセットが欲しい人におすすめ

接続方法 有線(3極、4極)
サラウンド ステレオ
音の傾向
  • 低音:高め
  • 中音:やや低め
  • 高音:普通
ヘッドホン タイプ 密閉型
ドライバ 50mmドライバー
周波数 20Hz~20000Hz
インピーダンス 39Ω(パッシブ)、5kΩ(アクティブ)
マイク タイプ 跳ね上げ式
極性パターン 単一指向性(カーディオイド)
周波数 100Hz~20000Hz
ケーブル 3.5mm4極ケーブル 2m
3極変換ケーブル 0.12m
ヘッドバンド 合成皮革
イヤーパッド 合成皮革
クッション性 標準的
サイズ感 標準的
側圧の強さ やや弱め
重量 259g(ケーブル除く)
イコライザー機能 ×

【特徴】

  1. 安くて音質も良い
  2. 重量が軽く、頭部への負担が少ない
  3. マイクは上げるだけでミュートにできるので便利

Logicool(ロジクール)のコスパ重視的な位置づけのゲーミングヘッドセット。

プラスチック部分つくりなどが少しチープな印象を受ける部分もありますが、肝心のヘッドバンドやイヤーパッドの質感は悪くなく装着感はそこそこ良いです。

音質は高音と低音がバランス良く出ており、価格の割にかなり綺麗な音質をしています。

FPSでも問題なく利用でき、出来るだけ安くゲーミングヘッドセットを使いたいという人におすすめです。

⇓詳細はこちらで解説しています。⇓

「Logicool G331」レビュー

Logicool G335:軽くて安いゲーミングヘッドセットが欲しい人におすすめ

接続方法 有線接続(3極、4極)
サラウンド ステレオ
音の傾向
  • 低音:やや高め
  • 中音:やや低め
  • 高音:やや高め
ヘッドホン タイプ 密閉型
ドライバ 40mmネオディミウムドライバー
周波数 20Hz~20000Hz
インピーダンス 36Ω
マイク タイプ 跳ね上げ式
極性パターン 単一指向性(カーディオイド)
周波数 100Hz~10000Hz
ケーブル 3.5mm4極ケーブル 1.8m
3極変換ケーブル 0.12m
ヘッドバンド サスペンションヘッドバンド
イヤーパッド スポーツメッシュ
クッション性 柔らかめ
サイズ感 標準的
側圧の強さ やや強め
重量 240g(ケーブル含む)
イコライザー機能 ×

【特徴】

  1. 240gと超軽量
  2. ブラック、ホワイト、ミントと色のバリエーションが豊富
  3. ゴム製のサスペンションヘッドバンドで快適な着け心地
  4. 低反発で通気性に優れるスポーツメッシュ素材のイヤーパッド
  5. 跳ね上げ式マイクで簡単にミュート可能

Logicool Gの超軽量有線ゲーミングヘッドセット。

重量が240g(ケーブル含む)ととても軽く、ゴム製のサスペンションヘッドバンド低反発で通気性に優れるスポーツメッシュ素材のイヤーパッドで快適な着け心地になっています。

価格も比較的安めで手を出しやすく、その割に低音と高音のバランスが良く良い音をしています。

FPS使用としても十分足音を捉えることが出来、値段の割にクオリティーが高いヘッドセットです。

⇓詳細はこちらで解説しています。⇓

「Logicool G335」レビュー

Logicool G733 LIGHTSPEED:とにかく軽く音質と性能が良いヘッドセットが欲しい人におすすめ

接続方法 ワイヤレス接続(USB)
サラウンド 7.1chバーチャルサラウンド(ソフトウェア依存)
音の傾向
  • 低音:やや高め
  • 中音:やや低め
  • 高音:やや高め
ヘッドホン タイプ 密閉型
ドライバ PRO-G 40mm
周波数 20Hz~20000Hz
インピーダンス 39Ω(パッシブ)、5kΩ(アクティブ)
マイク タイプ 着脱式
極性パターン 単一指向性(カーディオイド)
周波数 100Hz~10000Hz
ケーブル USB-C – USB-A充電ケーブル 約1.8m
ヘッドバンド リバーシブルソフトヘッドバンド
イヤーパッド スポーツメッシュ素材の2層のメモリフォームイヤーパッド
クッション性 柔らかめ
サイズ感 標準的
側圧の強さ やや弱め
重量 278g
バッテリー駆動時間 ライトなし 29時間
デフォルトライト 20時間
イコライザー機能

【特徴】

  1. 278gと超軽量なワイヤレスヘッドセット
  2. 4色展開(ブラック、ホワイト、ライラック、ブルー)
  3. 2つのゾーンのフロントフェースライトを約1680万色からカスタマイズ可能
  4. カスタマイズ可能なリバーシブルサスペンションストラップとマイクカバー

Logicool(ロジクール)の軽量ワイヤレスヘッドセットです。

ワイヤレスながら278gと軽量で、頭や首への負担が少なく装着しながら移動しやすいです。

ゴム製ヘッドバンドと肉厚な低反発イヤークッションで、しっかりとしたフィット感と窮屈感の無い装着感になっています。

何より音が綺麗でFPSでの足音はもちろん、音楽/映画鑑賞でも音が綺麗で気持ちよく聴くことができます。

イコライザー機能やBlueVo!ceも備わっており、機能面も充実しています。

⇓詳細はこちらで解説しています。⇓

「Logicool G733 LIGHTSPEED」レビュー

Logicool G435:とにかく軽いワイヤレスヘッドセットが欲しい人におすすめ

接続方法 ワイヤレス接続(USB、Bluetooth)
サラウンド ステレオ(2ch)
音の傾向
  • 低音:高め
  • 中音:やや低め
  • 高音:低め
ヘッドホン タイプ 密閉型
ドライバ 40mmドライバー
周波数 20Hz~20000Hz
インピーダンス 45Ω(パッシブ)
マイク タイプ 内臓マイク
極性パターン
周波数 100Hz~8000Hz
ケーブル USB-C – USB-A充電ケーブル 1.8m
ヘッドバンド 布製カバー(クッション無し)
イヤーパッド ファブリック製メモリーフォームイヤーパッド
クッション性 標準的
サイズ感 小さめ
側圧の強さ 強め
重量 165g
バッテリー駆動時間 18時間
イコライザー機能 ×

【特徴】

  1. 様々な方にフィットするデザインだが、特に頭部の小さい方、若い方にフィットするようにデザイン
  2. LIGHTSPEED&Bluetoothの2つのワイヤレス接続が可能
  3. わずか165gの超軽量と通気性の高いファブリック製メモリーフォームイヤーパッドで快適な着け心地
  4. 物理的なマイクアームが無くスッキリとした見た目の内臓デュアルビームフォーミングマイク
  5. ブラック&ネオンイエロー/ブルー&ラズベリー/オフホワイト&ライラックの3色展開
  6. フル充電後18時間ワイヤレス稼働

Logicool Gの超軽量ワイヤレスゲーミングヘッドセット。

重さがなんと165gととてつもない軽さで、今までレビューしてきたヘッドセットの中で最も軽量のヘッドセットでした。ヘッドセットに関しては軽ければ軽いほど良いので、ここはかなりのメリットです。

このヘッドセットにはヘッドバンドにクッションがありませんが、軽いおかげでクッションが無くても不快感が少ないです。

またこのヘッドセットは2つのワイヤレス接続が可能で、ゲームでは高速なLIGHTSPEED接続、普段使いでは様々なデバイスに接続できるBluetoothなどに使い分けがしやすくとても便利です。

音質もそこまで悪くなく、低音が強く迫力のある音声で心地よく音楽を聴くことが出来ます。

ここまでの機能が備わっていながら価格も安く、なかなかコスパに優れるヘッドセットです。

注意点としては特に頭部の小さい方、若い方にフィットするようにデザインされているためややサイズが小さく、頭が大きい方にはきつく感じられるかもしれません。

⇓詳細はこちらで解説しています。⇓

「Logicool G435」レビュー

Razer BlackShark V2 X:軽くて安めのヘッドセットが欲しい人におすすめ

接続方法 有線接続(3極、4極)
サラウンド 7.1chバーチャルサラウンド(ソフトウェア依存)
音の傾向
  • 低音:高め
  • 中音:やや低め
  • 高音:普通
ヘッドホン タイプ 密閉型
ドライバ Razer TriForce 50mm
周波数 12Hz~28000Hz
インピーダンス 32Ω @ 1kHz
マイク タイプ 折り曲げ式
極性パターン 単一指向性(カーディオイド)
周波数 100Hz~10000Hz
ケーブル 3.5mm4極ケーブル 1.3m
3.5mm3極延長ケーブル 1.5m
ヘッドバンド 合成皮革製
イヤーパッド 側面と内側はレザータイプ、耳や頭に触れる表面はベロア(布)タイプ
クッション性 柔らかめ
サイズ感 標準的
側圧の強さ 標準的
重量 240g
イコライザー機能 ×

【特徴】

  1. RAZER TRIFORCE 50MM ドライバー
  2. RAZER HYPERCLEAR カーディオイドマイク
  3. 高度パッシブノイズキャンセリング
  4. 240gと軽量

Razer(レーザー)の軽量ヘッドセットBlackSharkシリーズの、コスパ重視モデル。

低価格ながらヘッドバンドとイヤーパッドの質感が良く、不快感の少ない装着感になっています。

重量も240gと軽量なので、頭や首への負担も少なく長時間装着にも最適です。

また音質もそこそこ優れており、迫力があり違和感の少ない音質になっています。

⇓詳細はこちらで解説しています。⇓

「Razer BlackShark V2 X」レビュー

EPOS|Sennheiser GSP300:EPOSの安いヘッドセットが欲しい人におすすめ

接続方法 有線接続(3極、4極)
サラウンド ステレオ
音の傾向
  • 低音:高め
  • 中音:低め
  • 高音:普通
ヘッドホン タイプ 密閉型
ドライバ ダイナミック
周波数 15Hz~26000Hz
インピーダンス 19Ω
マイク タイプ 跳ね上げ式
極性パターン
周波数 10Hz~24000Hz
ケーブル 3.5mm3極ケーブル 2m
4極変換ケーブル 0.1m
ヘッドバンド 布製
イヤーパッド 合成皮革製
クッション性 硬め
サイズ感 標準的
側圧の強さ 標準的
重量 287g
イコライザー機能 ×

【特徴】

  1. 3色展開(Blue:300、White:301、Black:302)
  2. 重低音の高品質オーディオ
  3. 本体にボリューム調節のダイヤル付き
  4. 跳ね上げるだけでミュートにできる跳ね上げ式マイク

EPOS|Sennheiser(イーポス/ゼンハイザー)のコスパ重視的な位置づけのヘッドセット。

重低音が強化されており、臨場感と迫力がある音になっています。価格の割に音がとてもよく、低音を重視したいという人に特に刺さりそうな音をしています。

その分FPSでの足音の聞き取りやすさはやや劣る印象を受けます。

重量は287gと比較的軽く、マイクは跳ね上げるだけでマイクミュートにすることが出来たりなど価格の割に機能性も優れています。

⇓詳細はこちらで解説しています。⇓

「EPOS|Sennheiser GSP300(301/302)」レビュー

EPOS H3:EPOSの高音質なヘッドセットが欲しいという人におすすめ

接続方法 有線接続(3極、4極)
サラウンド ステレオ
音の傾向
  • 低音:やや高め
  • 中音:やや低め
  • 高音:やや高め
ヘッドホン タイプ 密閉型
ドライバ ダイナミック
周波数 20Hz~20000Hz
インピーダンス 25Ω
マイク タイプ 跳ね上げ式
極性パターン 双指向性(Bidirectional)
周波数 10Hz~18000Hz
ケーブル PCケーブル(3.5mm3極) 2m
コンソールケーブル(3.5mm4極) 1.5m
ヘッドバンド レザーレット
イヤーパッド 表面:スエード生地、外側:レザーレット、内側:メッシュ生地
クッション性 標準的
サイズ感 小~標準的
側圧の強さ 標準的~やや強め
重量 270g
イコライザー機能 ×

【特徴】

  1. マルチプラットフォームのプラグアンドプレイ方式
  2. EPOSのオーディオ技術による重低音の効いたサウンド
  3. ノイズキャンセリング機能を備えた跳ね上げ式マイクミュート機能付きのフレキシブルブームアーム
  4. 頭の形に合わせてフィット感を調整しやすいステンレス製スライダー
  5. 右耳側イヤーカップには直感的な音量調節が可能なホイール搭載

EPOS|Sennheiserのヘッドセットで有名な「GSP600」の音質に似ており、装着感もかなり改善されており全体的に長時間のFPSゲームに向いているヘッドセットになっています。

価格も「GSP600」よりも安く、FPS用としては「EPOS H3」で十分です。

跳ね上げるだけでミュートが可能なマイクや回すだけで音量調節が可能なホイールも搭載されており、機能面も豊富です。

⇓詳細はこちらで解説しています。⇓

「EPOS H3」レビュー

補足

Amazonでお得な買い方

Amazonギフト券チャージしてから買うだけで最大2.5%ポイントが還元されるので、普通に買うよりもお得です。

コレをしないと常に数%分のポイントを損することになるので、絶対に知っておいた方が良いです。

詳細やその他お得な買い方を下の記事で解説しています。

Amazonでお得な買い方【ポイント還元・貯め方】

Amazonプライムを利用するといろいろお得

Amazonでよく買い物をする方はAmazonプライムを利用するとお得です。

プライム会員だと「注文金額が2000円未満」「お急ぎ便」「日時指定」でも配送料が無料だったり、Prime Gaming限定のゲームアイテムを貰えたりといろいろな特典があります。

下の記事でAmazonプライムのゲーマー向けの特典情報をまとめているので、よければ参考にしてみてください。

Amazonプライムお得情報【ゲーマー向け】

FPSにおすすめのイヤホン

FPSにおすすめのイヤホンは下の記事で解説しています。

おすすめのゲーミングイヤホン【FPS向け】

FPSにおすすめのサウンドカード

FPSにおすすめのサウンドカードは下の記事で解説しています。

【FPS向け】おすすめの外付けサウンドカード(USBDAC・アンプ)

-ヘッドセットおすすめ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です